« 自転車でハローワークへ | トップページ | 水菜つぼみ膨らむ »

2005年3月25日 (金)

笑いの大学

けいはんな映画劇場「笑の大学」(原作・脚本:三谷幸喜、監督:星護)を観にいきました。
「喜劇作家・椿一のモデルは、喜劇王・エノケンこと榎本健一の座付作家・菊谷栄。菊谷は検閲に泣かされながらも、エノケンの全盛期を陰で支えていた。 しかし、作家として最も輝いていた時期に召集され、喜劇への想いを抱いたまま戦死。享年35歳。 」とのこと。

|

« 自転車でハローワークへ | トップページ | 水菜つぼみ膨らむ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/74566/3438567

この記事へのトラックバック一覧です: 笑いの大学:

« 自転車でハローワークへ | トップページ | 水菜つぼみ膨らむ »