« 抵当権抹消登記申請 | トップページ | 職業訓練校入学手続き »

2005年3月16日 (水)

探鳥会参加

庭には小鳥がよく訪れます。近くの田圃にも多くの小鳥がいます。山茶花の蜜を吸いに来るメジロ、ヒヨドリはわかりますが、ほかの小さい鳥はみんなすずめに見えます。すずめ以外の小鳥もいるのだろうが、区別がつかない。
探鳥会に参加してみることにしました。
ネットで調べてみると、日本野鳥の会奈良支部では、毎月第2土曜日に奈良公園で、第3水曜日に平城宮跡で探鳥会を行っています。

平城宮跡の探鳥会に参加しました。
参加者30名強。平日なので、参加者は退職後と思われる老人がほとんどです。
平城宮跡から水上池、磐之媛命平城坂上陵にかけて、小鳥の名前を教えてもらいながら散策しました。
30~40倍率のフィールドスコープを持参しているベテランに説明を聞きながらスコープを覗かしてもらいました。手持ちの8倍率の双眼鏡では区別のつかない部分もくっきりと区別がつきます。
アリスイがいました。この時期に平城宮跡に訪れる稀有な鳥とのことです。
平城宮跡では、ヒバリがすぐそばを歩いていました。こずえにとまっているカシラダカ、カワラヒワ、湿地帯でえさを探しているケリ、タカブシギなどを、説明を聞きながらフィールドスコープで見せてもらいました。
水上池は水鳥の宝庫です。一人で眺めると、カモ、サギなどのグループで済ましてしまうところですが、説明を聞き、また、フィールドスコープを覗かしてもらうと、多種の水鳥が現れます。対面の土手や水際にオシドリが群がっていました。バン、オオバン、カワウ、コサギ、アオサギなどを教えてもらいました。
磐之媛命平城坂上陵にはカワセミがいるのですが、私は見ることができませんでした。
私が区分できた野鳥は20種もありませんでしたが、この日の探鳥会では48種の野鳥が確認できたとのことです。

探鳥会を終えて、家の近くで、一人で電線やこずえの小鳥を見ると、依然、スズメ大の小鳥はみんなすずめに見えてしまう。細かい区別はまだつかない。

|

« 抵当権抹消登記申請 | トップページ | 職業訓練校入学手続き »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/74566/3324944

この記事へのトラックバック一覧です: 探鳥会参加:

« 抵当権抹消登記申請 | トップページ | 職業訓練校入学手続き »