« 2005年3月 | トップページ | 2005年5月 »

2005年4月の11件の記事

2005年4月28日 (木)

造園技術訓練

4月25日
延段(園路)づくり。型枠を設置しました。水準器で水路側を若干低くなるように糸を引く。
4月26日
園路づくり。型枠にモルタル(水なし)を敷き、鉄平石を配置しました。
鉄平石はすべて形が異なるため、見栄え良く配置していくのが難しい。一部はカッターで石を切断して使用。
配列し終えたところで、散水しモルタルを固める。
4月27日
松の緑摘み。松の新芽を間引きしていく。
脚立使用。3本足なので、家庭用の4本足の脚立に比べ安定性が非常によい。
4月28日
園路しあげ。墨汁ですこし黒くしたモルタルで目地詰めしました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年4月24日 (日)

竹の子堀

アグリロードうたひめで竹の子堀をしました。
畑の畝を耕した後、メンバー所有の近くの竹林で竹の子堀です。
最初は目に付かなかったが、竹林に慣れてくるとたくさんの竹の子が顔を出していました。ほんのちょっと出たものを竹の子堀用の道具で掘り出します。手馴れた人が竹の子の地下茎側の根元を上手に突くと一突きで竹の子が取れます。初めはどのあたりを突けばよいかがわからないので竹の子が途中で切断されてしまうのですが、最後には偶然もあったのかもしれませんが、私も一突きで竹の子を根元から掘り起こせました。
竹の子堀のあとは、竹の子をゆがいて、竹の子料理とバーベキューとビールで宴会です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年4月23日 (土)

ブロッコリーも開花

長期間食用に供していたブロッコリーも蕾が伸びきり花盛りとなりました。
畑は夏野菜にバトンタッチの時期です。
菜園の菜の花たちを採種用の数本を除き引き抜き、夏野菜用に畝を耕しました。

0504hatake0504brocly

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年4月22日 (金)

造園技術職業訓練

4月18日
造園実習で、訓練校内の樹木調べがありました。教官より樹木名及びその特徴等の説明を受けました。午前中で構内1区画で70種以上の説明を受けました。名前と実物が結びつかない。構内の樹木の多くには名札が付いているのですが、樹木名が読めなくなっているものもあります。一度説明を受けた樹木でも名札が読めないとわからなくなってしまう。構内には、造園技術検定対象の樹木を中心に100種以上の樹木が集められているとのことです。我が家の狭い庭でも30種ほどの樹木があるのだから、構内には100種以上の樹木があって当然でしょう。
午後は、除草剤の散布。
4月19日
除草剤の散布と、除草剤の撒けない樹木の傍の草抜き。
4月21日
松の「みどりつみ」の実地説明、根巻きの説明。
4月22日
根巻きの練習。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年4月15日 (金)

職業訓練

午前中は座学、午後は、これまでのところ、晴れた日は構内の草抜き、雨天は紐結びの実習です。
まずは樹木を覚えること。
毎日、教師が枝葉を持ってきてその木の特徴を説明。初日は、ツバキとサザンカ。サザンカの葉柄にはツバキの葉柄にはない産毛が生えているといわれても、わかりにくい。次いで、アオキ。これはわかりやすい。
その後、サツキとツツジ。サンゴジュ。ナンテン。ヤマモモ。それぞれ木の特徴、その木によく付く害虫などの説明。
午前中の講義は、造園用語の説明、挿し木、接木など、植物の繁殖方法、などなど。
午後の実習は結構疲れる。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年4月13日 (水)

白いタンポポ

職業訓練校の構内にシロバナタンポポがたくさん咲いています。
最近では黄色いタンポポがはびこっていますが、ここでは、白いタンポポが黄色いタンポポを圧倒しています。

0504sirotanpopo10504sirotanpopo20504sirotanpopo0

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年4月 8日 (金)

郡山城祭り

職業訓練校からの帰りに、郡山の桜を見に行きました。
郡山城址は城祭りで賑わっていました。

桜満開
050408c050408b050408a

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年4月 7日 (木)

職業訓練スタート

造園技術の職業訓練が始まりました。
受講者22名。早期退職者を含め60歳前後のものが多数ですが、造園業を目指す45歳、50歳の受講生もおり、10数名が再就職を希望しています。訓練校の訓練趣旨からすると、全員が就職希望であるべきなのでしょうが、造園技術科の場合は、実情は、半数以上が定年後の余暇活動の一環のようです。
前期受講者22名、うち就職できた方は4名、現在は、庭を取り壊して駐車場とする注文のほうが多くて、造園の需要は少ないとのこと、造園業の新規開業や造園業への就職はきわめて困難、就職者も、ホームセンターなどへの就職だそうです。
講義のカリキュラムは流動的です。造園概論などの講義と並行して、天候がよければ、当面は、訓練校内の草抜きで身体こなし、その後、構内の植木で剪定の訓練をし、6月ごろから、公園などの剪定の実施訓練となるとのことです。天候次第で、カリキュラムは随時変更されることになります。

4月8日
雇用保険の説明会がありました。
失業手当の受給期間は受講期間満了まで延長され、受講中は、失業給付として基本手当に加えて受講手当(500円/日)及び通所手当(限度額月42,500円)が支給されます。ただし、自己都合による欠席日は手当が出ません。また、無断欠席は手当打ち切りとなります。もっともらしい理由がないと欠席しにくいのですが、失業手当を貰いながら教えてもらえるのだから、これも当然のことなのでしょう。

訓練生218名のうち説明会参加は130名。80名近くが、雇用保険と関係なく職業訓練校に入学したことになる。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年4月 5日 (火)

レンゲ

強風の当たらない日当たりのよい道端でレンゲソウが咲いていました。
昔は、田圃一面にレンゲソウが咲いていましたが、最近では、見かけるのがまれになりました。

0504renge0504renge0

| | コメント (0) | トラックバック (0)

職業訓練校入校式

職業訓練校の入校式です。
造園学科は22名、たぶん大部分は定年退職者。
システム情報科など全体で入校者218名。保護者席に30名ほど来ていたから未成年者も数十名はいるようだ。
入校式の後、ハローワークに雇用保険の手続きに出向く。
「職業訓練受講指示書」なるものを受け取り、昨日までの失業認定を受ける。
失業状態でハローワークの「指示」により職業訓練を受けるのだから、訓練期間中は、雇用保険が支給されることになる。職業訓練受講中の雇用保険手続きは職業訓練校が行うことになるらしい。通学の交通費も支給されるようだ。
造園学科は6ヶ月間の短期なので、学割が使えないのがすこし残念。

ハローワーク近くの佐保川沿いの桜並木は3分咲き程度。桜まつりを先週末に済ませてしまったようだが、見ごろは今週末あたりか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年4月 3日 (日)

菜の花

菜園の菜の花たちがようやく咲き始めました。
アブラナ科の花はみんなよく似ていますね。

ナバナ
nabana0504コマツナkomatuna0504
ハクサイhakusai0504
ミズナmizuna0504

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2005年3月 | トップページ | 2005年5月 »