« 近江八幡バスツアー | トップページ | 平城宮跡探鳥会 »

2005年10月18日 (火)

初瀬路ハイキング

シニア散策グループで、桜井から長谷寺まで初瀬路を散策しました。
近鉄桜井駅から桜井高校横を北上し、大和川(初瀬川)河畔に到達。このあたりが海石榴市(つばいち)のあったところとのことで、橋を渡ったところに仏教伝来之地碑があります。
山の辺の道ハイキングコースと別れ、大和川沿いに初瀬に向かう。川面にカモが数羽泳いでました。
玉列(たまつら)神社。樹齢8~900年のケヤキの老木があります。
境内にはたくさんのツバキが植えられています。
このあたりは、ツバキが多かったことから、海石榴市は椿市ともいうとか。
(椿市のほうがわかり易い。海石榴がどうして”つば”なのかな)
春日神社を経て、東海自然歩道に沿って進むと、朝倉小学校に突き当たります。校庭に入るか、迂回して国道を通るべきか思案していると、近くの人が、道は学校の中を通って向こうにつながっているよ、と教えてくれたので、小学校の運動場を突っ切ることにしました。
しばらく進むと白山神社。神社参道を国道が横切っています。
このあたり雄略天皇の泊瀬朝倉宮のあったところらしく、白山神社に万葉集発燿讃仰碑と万葉集の巻頭を飾る雄略天皇の歌碑があります。碑の横の大木はたぶんケヤキ。
ここで昼食。
裏手にカラスウリが赤く実っていました。

玉列神社051018tamatura
ケヤキ(玉列神社)051018keyaki
白山神社051018hakusan 
 
十二柱神社。このあたり武烈天皇の泊瀬列城宮があったと伝えられるところ。力士の始祖とされる野見宿禰の墓といわれる5輪石塔があり、この神社はかつては力士の参拝が多かったとか。
国道を横切ったり、国道沿いを歩いたりで、長谷寺参道に着く。
国道や小学校に寸断された初瀬路でした。
参道沿いの旧家の喫茶店でしばし休憩。抹茶500円。アプローチは狭いながら池を配した古風な日本庭園。今年は豊作だからと、もぎたての柿のお土産付き。
長谷寺。山門のマツは、山の中だからアカマツだと思っていたのですが、クロマツのようです。
仁王門から399段の登廊を登り本堂へ。登廊の両側はボタンです。
途中、右方向へ100mほどに源氏物語玉鬘に登場したとかいう「二もとの杉」があります。
初瀬川の対岸には玉鬘の大銀杏。
平日で、モミジには少し早いため、境内は空いていましたが、修学旅行と思われる女子高生が大勢いました。
近鉄長谷寺駅から帰路。八木で途中下車し、反省会。
ドアtoドアで18千歩。

たぶんクロマツ(長谷寺)051018hase
二もとの杉(中央の2本)051018hutasugi
大銀杏(長谷寺から写す)051018ichou 
 
引用ページのサイト
初瀬路:史跡を訪ねて楽しく歩こう
海石榴市:万葉の想い

|

« 近江八幡バスツアー | トップページ | 平城宮跡探鳥会 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/74566/6486005

この記事へのトラックバック一覧です: 初瀬路ハイキング:

« 近江八幡バスツアー | トップページ | 平城宮跡探鳥会 »