« アグリロード作業 | トップページ | ナント萬葉チャリティウォーク »

2005年11月23日 (水)

談山神社~明日香散策

シニア散策グループで談山神社から明日香を散策しました。
先月は大和三山踏破でしたが、今回は、”談山(かたらいやま)”と御破裂山の”2山”を踏破しました。

近鉄桜井駅から奈良交通バスで談山神社へ向かう。
多武峰を越えたあたりから渋滞。多武峰で降りて歩いた方が早かったかもしれない。
談山神社参道は観光客で大混雑。
モミジは、全山紅葉とまではいえないが、まずまずの見ごろ。

051123tanzan1
051123tanzan2
051123tanzan3

御破裂山に登る。
途中、談山頂上に立ち寄る。
中大兄皇子と中臣鎌足が乙巳の変の陰謀を練った場所とのこと。山頂に相談所の石標が立てられている。
その横にアカガシの大木。
尾根沿いにしばらく進むと御破裂山。山頂に鎌足の墓がある。
051123goharetuyama裏側の展望台から、耳成山が正面に見下ろせる。
香具山、畝傍山も移動すれば見ることができるが、樹木や手前の山に遮られて、三山一望にとはいかない。
山頂には登れず、展望台も狭いので、少し戻ったわき道沿いで、昼食。

西大門跡方向に林道を歩む。イノシシが掘ったと見られる跡が道路わき各所に見られた。
車道に出たところに右桜井方面、左談山神社駐車場との道標。どちらに向かうか迷ったが、談山神社方向に向かうことにした。ほどなく、分かれ道があり、石舞台方面への道標。道標に従って、石舞台方向に下る。(御破裂山からの林道が、石舞台方向と栢森方向の分岐の手前に降りると思っていたのだが、分岐を越えた所に降りたようだ。)
建設途上の道路の脇から急な山道を下る。
降り立ったところが、気都倭既神社。
古めかしい神社。乙巳の変で、鎌足が入鹿の首に追われて逃げてきたところとか。
たくさんのドングリが落ちている。談山、御破裂山山頂はアカガシが多かったが、ここのドングリはシラカシのようです。
冬野川に沿ってなだらかな道を下る。

051123boke道路沿いの民家の庭に、時節にやや早いと思われるが、ボケ(写真)やサザンカが咲いていました。

051123ichou
石舞台でしばし休憩。
橘寺に立寄る。イチョウの黄葉が見ごろでした。
亀石、天武・持統陵、鬼の俎・雪隠、吉備姫王墓、欽明天皇陵を見て、飛鳥駅に帰りました。


帰路、八木駅前の行きつけの店で反省会。
万歩計を忘れたが、本日の歩行距離は12~13キロか。

|

« アグリロード作業 | トップページ | ナント萬葉チャリティウォーク »

コメント

こんばんは。
書き込みいただき、ありがとうございました。
また、世界遺産スクエアを載せていただき、重ねて御礼申し上げます。
今日、再び、談山神社に行ってきました。
紅葉は今が盛りで、10日前とは全く違う色づきに驚きました。
御破裂山から冬野の方へ抜けられたのですね。
まさに、大化改新をたどるルート!
いつか歩いてみたいと思っていますが、未だ実現していません。
風景の描写から一緒に歩いている気分になりました。

投稿: micho7 | 2005年11月27日 (日) 18:56

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« アグリロード作業 | トップページ | ナント萬葉チャリティウォーク »