« 花空間けいはんな トケイソウ | トップページ | アケビ、ムベの花 »

2006年4月22日 (土)

柳生街道滝坂の道 散策

造園技術訓練校の仲間と柳生街道滝坂の道を散策しました。
忍辱山までバスで行き、奈良に戻るコースです。
奈良から忍辱山までのバスの車窓から、ミツバツツジのピンク、ヤマブキの黄色が鮮やかでした。

忍辱山バス停で降り、円成寺庭園を見学。
ヒュウガミズキ、トサミズキ、オオデマリなど多くの樹木が名札をつけて植えられています。樹木名を確認するには都合がいいが、日照不足、または、今春の低温のためか、樹勢は貧弱。
日本庭園は、狭い空間に樹木を配置。意図的に、小さく育てているのかな。
シャクナゲが咲いていました。少し離れたところに白色のシャクヤク。
白い実をつけているセンリョウがありました。
三つ葉のツツジは、おしべが10本なので、コバノミツバツツジのようです。

シャクナゲ
Pict1718w800シャクナゲ 白花
Pict1722w800シロミノセンリョウ
Pict1724w800

コバノミツバツツジ
Pict1723w800ミツバツツジのおしべは5本。
コバノミツバツツジはおしべ10本です。
ミツバツツジには種類が多く、トサノミツバツツジやトウゴクミツバツツジもおしべ10本。葉柄の毛が微妙に異なるとのこと。


バス道を離れ、山道を登る。
少し登ると、後はなだらかな下り道。
タカノツメが道沿いの各所にありました。
新芽が膨らみ始めたところ。
新芽を摘み取られるので、大きくなれないのだろうか、小木ばかりです。
コシアブラは数株しか見当たりませんでした。

タカノツメの幼木
ショウジョウバカマが咲いています
Pict1732w800コシアブラ
Pict1737w800


道端にキイチゴらしき白い花。
ナガバモミジイチゴのようです。

Pict1730w800枝を持ち上げて撮影
Pict1729w800
Pict1731w800


途中から車道。しかし、車は殆ど通りません。
道沿いに、3葉、5葉の小葉の蔓性植物。
花序をつけています。
葉が小さすぎますが、アケビのようです。

Pict1741w800ミツバアケビの蕾かな


峠の茶屋の手前の八柱神社前で昼食。

峠の茶屋はまだサクラが花盛り。

Pict1744w800
Pict1745w800
Pict1746w800


しばらく山道(対向困難な車道)を進むと、春日奥山ドライブウェイの出口。
奈良に住みついたころ、車で来たところです。
春日奥山ドライブウェイで峠の茶屋のすぐ近くまで来られるのだ!
山道を登り、穴仏見物。

Pict1749w800


渓流沿いの石畳の下り坂。
道沿いに、首切り地蔵、朝日観音。
山の急斜面をよじ登って夕日観音も見に行きました。
最近は見に行く人があまりいないのか、登り道がわかりにくくなっていました。
途中の石にも、何体かの仏像が彫られています。

首切り地蔵
Pict1757w800朝日観音
Pict1760w800夕日観音
Pict1766w800

石畳の下り坂。ところどころ濡れていて、滑りそうになりました。
Pict1759w800
Pict1764w800
Pict1775w800


奈良市街地に入り、頭塔、浮見堂、春日大社参道沿いのムクロジの古木を見物し、近鉄奈良駅に戻りました。
(引用ページのサイト 古道を歩く >奈良町 > 頭塔


頭塔
Pict1778w800767年良弁僧正の命により東大寺僧実忠が造営した土塔。方形32mの四角錐台で、7段に築かれた仏塔。各段の四方には現在27基の石仏が残っている、とのこと。

浮見堂
Pict1782w800

ムクロジの古木
Pict1786w800
春日大社参道沿いのムクロジの古木
幹の中から竹が生えている


近鉄奈良駅近くの店で反省会。

|

« 花空間けいはんな トケイソウ | トップページ | アケビ、ムベの花 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 花空間けいはんな トケイソウ | トップページ | アケビ、ムベの花 »