« 2006年4月 | トップページ | 2006年6月 »

2006年5月の19件の記事

2006年5月29日 (月)

公園の樹木

近くの公園にもいろいろな樹木が生えています。
よく見ると、小さな花を咲かせています。
葉や花を見ても名前のわからない木もまだ多いです。

ソヨゴ
雄花 花びら5片
Pict2301w800雄花 こちらは4片だ
Pict2302w800雌花
6片花と5片花がある!
Pict2325w800

ネジキ
白い花の列
Pict2305w800葉にカタツムリ
Pict2306w800幹に特徴
Pict2308w800

シャリンバイ(車輪梅)
Pict2329w800ヤマグリ
Pict2321w800これはヤマウルシかな
Pict2319w800

この木は何?
Pict2310w800この木は何?
かわいい6片花
Pict2315w800


| | コメント (0)

2006年5月25日 (木)

飛鳥里山クラブ 万葉の花たち

飛鳥里山クラブ講座4回目「万葉の花たち」です。
講師は、奈良在住の万葉の花研究家・小原流一級家元教授の片岡寧豊女史。

1時間ほど机上講義と古代米の試食。
万葉集4,516首、うち花を中心とした歌は1,500余首、百数十余りの種類の植物が登場している。
その殆どは、衣食住と深く結びついたもの。
ベニバナ(ドライフラワー)、ベニバナ染め、茜染め、赤米、黒米、緑米、ウバイを提示しての説明。
その間に、赤米、黒米が炊かれ、おにぎりで試食。

黒米、赤米、緑米
Pict2218w800赤米と黒米のおにぎり
Pict2216w800


飛鳥歴史公園館の裏の庭園で昼食後、甘樫丘の芝生公園の池まで、万葉の花たちの紹介説明を受けながら歩きました。

Pict2220w800
歴史公園館前でヤマボウシ(万葉名 柘:つみ)の説明をする片岡寧豊講師


歴史公園館裏の庭園
キショウブ、ウツギが咲いています。
白花のアヤメが咲いていました。
→別掲 ウツギアヤメ
池の周りに、フトイ、ミズアオイ、サンカクイ、マコモ、アサザなどの説明版。
ショウブの説明版はアシに囲まれており、アシの合間にショウブらしき葉がありました。


フトイの説明版
Pict2238w800サンカクイの説明版
Pict2227w800池の中の叢生はフトイ
サンカクイはどこ?
Pict2228w800

マコモの説明版
Pict2242w800中央がたぶんマコモ
Pict2241w800ハス
Pict2240w800

ミズアオイの説明版
ミズアオイは見当たらない
Pict2239w800ミズアオイ
この写真は、昨年秋、稲渕で撮影したものです
Pict0077w800Pict0078w800

歴史公園館~甘樫丘
途中、鬼の雪隠を過ぎ、天武・持統天皇陵分岐点あたりにカラタチ、ノイバラがあり、カキノキが咲いていました。

カラタチの実
Pict2259w800ノイバラの花
Pict2262w800カキノキの花
Pict2265w800

甘樫丘の芝生公園の池
カキツバタの陰にアサザが咲いていました。黄色の小さな花です。
対岸の水辺でコオホネが蕾を膨らませていました。

アサザの花
Pict2277w800コウホネの蕾
Pict2280w800


帰り道
現地で解散。
甘樫丘を越え、橿原神宮前駅に向かいました。
豊浦休憩所近くの池にスイレンが数輪咲いていました。

スイレンの池
手前の葉はガマかな
Pict2286w800スイレン
Pict2283w800赤花もありました
Pict2284w800

この日、説明を受けたその他の野草と樹木
ノアザミ、カラスノエンドウ、スズメノエンドウ、カスマグサ、アカメガシワ、サラサウツギ、セリ、ドクゼリ、アゼナルコ、スイカズラ、ユウゲショウ、ニワゼキショウ、ヒメコバンソウ、ヒルガオ、ノビル、エゴノキ

| | コメント (0)

いずれがアヤメかカキツバタ 2

飛鳥歴史公園館の裏の公園の池の水際にアヤメ科の白花が咲いていました。
片岡講師の説明では、あやめ模様があるので、白花のアヤメとのことです。
色素が脱落しているので、あやめ模様がよくわからない。
甘樫丘の池にカキツバタに混じって白花のカキツバタが咲いていました。
確かに両者は違いがあるようだが、・・・

白花アヤメ
飛鳥歴史公園館裏の池の水辺
Pict2224w800Pict2226w800白花カキツバタ
甘樫丘の池
Pict2279w800

アヤメ
向原寺境内(豊浦宮跡)
(撮影 5月20日)
060520ayameカキツバタ
甘樫丘の池
Pict2276w800

いずれがアヤメかカキツバタ

| | コメント (0)

うつぎの仲間たち

空木(うつぎ)の花が咲いています。

ウツギ 
ユキノシタ科ウツギ属  別名 卯の花
(撮影 5月25日 飛鳥歴史公園館裏)
Pict2233w800
Pict2231w800
Pict2229w800

サラサウツギ
Pict2234v800ウツギ(ウノハナ)の八重咲き種で、花弁の外側が紅紫色になる変異種

花弁の外側がピンクになっていないようだが・・・
Pict2236w800Pict2235w800


ハコネウツギ
Pict2210w800スイカズラ科タニウツギ属
(撮影 5月24日 飛鳥資料館)


タニウツギ
Pict2288w800スイカズラ科タニウツギ属
別名 ベニウツギ
(撮影 5月25日 甘樫丘豊浦休憩所そば)


スイカズラ
Pict2251w800スイカズラ科スイカズラ属
別名 キンギンカ、忍冬(ニンドウ)
(撮影 5月25日 飛鳥歴史公園館そば)

| | コメント (0)

道端の草花 飛鳥

ツルニチニチソウ
Pict2202w800
キョウチクトウ科 ツルニチニチソウ属


ユウゲショウ
Pict2254w800アカバナ科 マツヨイグサ属
花弁4枚。
1日花。
夕化粧との名だが、昼間咲いて夕方には閉じてしまう。


ニワゼキショウ
Pict2255w800
アヤメ科 ニワゼキショウ属
花弁6枚。
1日花。

| | コメント (0)

公園美化

自治会の有志で近くの近隣公園の美化をしようとする動きが具体化してきました。
草刈機が借りれたので公園の草刈をしようとの呼びかけがありました。
5月23日に5名集まったのですが、草刈機が動かない。
水辺の周りを鍬や鎌で整備。
草刈機をバイク店に持ち込み、補修し、翌日、再度、試みることにしました。
翌日は、私は、飛鳥散策で参加できず。

水辺の周りがずいぶんすっきりしました。

公園
5月22日
Pict2181w8005月25日
Pict2293w800


5月22日
Pict2182w8005月25日
Pict2294w800

| | コメント (0)

2006年5月24日 (水)

橿原考古学研究所~飛鳥資料館

なら歩楽歩楽会で、橿原考古学研究所附属博物館及び奈良文化財研究所飛鳥資料館を見学し、甘樫丘周辺を散策しました。

橿原考古学研究所附属博物館では、特別展「葛城氏の実像」を開催中です。
昨年3月の葛城散策で現地近くまで行きながら現地に行けなかった極楽寺ヒビキ遺跡の復元模型などを見学しました。
橿原神宮前駅に戻り、バスで飛鳥資料館へ。
到着は11時半ごろでしたが、すでに90分待ちの混雑。帰りを急ぐ1人はそのまま行列に並んだが、他は整理券を入手。3時の整理券がちょうど人数分10枚ありました。
土曜日は1時過ぎに来て、3時間後の整理券を配っていましたから、土曜日よりも混雑しているようです。
資料館芝生で昼食、その後、飛鳥坐神社~甘樫丘周辺を見て回りました。

飛鳥坐神社
Pict2192w800むすびの神石
Pict2184w800奇石の列
Pict2190w800

鉄釜鋳造遺構
Pict2204w800
Pict2206w800


弥勒石
Pict2208w800
Pict2209w800


2時過ぎに資料館に戻り、指定時刻まで休憩。
整理券で、指定時刻に行列に割り込み、キトラ壁画展示を再度見ました。
土曜日に来たときは、逆に、何回か整理券組みに割り込まれ90分以上待たされていた。

飛鳥資料館
Pict2212w800
Pict2213w800


キトラ古墳現地見学を省略し、橿原神宮前駅に戻り、いつもの八木「天まであがれ」で反省会。

| | コメント (0)

2006年5月22日 (月)

公園のエノキ

音浄ヶ谷公園のエノキです。
いつのまにか花が咲いて、実ができていました。

撮影 H6/2/28
Enki060228撮影 H6/4/27
Enoki060427撮影 H6/5/8
Enoki060508

撮影 H6/5/22
Enoki060522新葉と実
Enoki060522a新葉と実(裏側)
Enoki060522b

| | コメント (0)

ラクウショウとメタセコイヤ

サンフォレスターの森の水辺でラクウショウが芽吹いています。
近くの公園ではメタセコイヤが芽吹いています。
ラクウショウとメタセコイヤはよく似ていますが、メタセコイヤは対生、ラクウショウは互生で、ラクウショウには気根があります。

メタセコイヤ
Pict2173w800ラクウショウ       気根
Pict2144w800Pict2148w800

| | コメント (0)

2006年5月21日 (日)

サンフォレスターの森 ササユリ

サンフォレスターの活動日です。
午前だけ参加しました。
ササユリ保護育成エリアの整備です。
森林インストラクターの参加を得て、保存すべき樹木に名札を付けていきました。
並行して、ササユリの周りのササを鎌で刈り払いました。
午後は、松枯れ木のマキづくりなどですが、所用があり、昼前に帰りました。

ササユリ育成エリア
Pict2137w800蕾の膨らんでいるササユリもありました
Pict2136w800

京都新聞記事

| | コメント (0)

2006年5月20日 (土)

甘樫丘散策&キトラ白虎見学

夕方から八木で造園研修の同窓会です。
夕方まで、有志で、橿原神宮駅~甘樫丘~飛鳥資料館~香具山~藤原宮跡~耳成山~八木を散策しました。

甘樫丘に向かう途中で雨になりました。
甘樫坐神社、豊浦宮跡を見物し、甘樫丘の休憩所に駆け込みました。

甘樫坐神社
Pict2109w800豊浦宮跡の掲示板
Pict2110w800アヤメ
向原寺境内
(豊浦宮跡)
060520ayame

小雨になったので、甘樫丘を万葉の木を見ながら周回。
雨は上がり、晴れてきました。

マユミ
060520mayumiニワトコ
060520niwatokoオオバヤシャブシ
「万葉の木」ではなかったが
060520obayasyabusi

甘樫丘川原展望台からの展望
二上山、畝傍山
Pict2124w800耳成山
天香具山は右の木の陰
Pict2125w800


甘樫丘展望台で昼食後、明日香村埋蔵文化財展示室でキトラ古墳の模型などを見物。
見学者は少なく、飛鳥京ボランティアガイドの説明を聞きながらゆっくりと見学することができました。
飛鳥資料館は混雑しているとのことなので、途中の飛鳥坐神社をパスし、飛鳥資料館に直行したのですが、キトラ白虎壁画の行列で90分待ち。
当日は、混雑回避のため3時間後整理券を配布していました。事前にそれを知っていれば、整理券を入手してから甘樫丘周回ができたのですが、知らなかったのが残念。
香具山万葉の森周回、香具山・耳成山登頂の時間が無くなり、香具山で天岩戸神社だけに寄り、香具山のふもと、藤原宮跡、耳成山公園を素通りし、同窓会会場の八木に向かいました。
藤原宮跡資料室は土曜で閉鎖されていました。

天岩戸神社
Pict2132w800竹林のなかの岩群が岩戸?
Pict2133w800
Pict2134w800


飛鳥資料館での長時間の待ちで疲れた

| | コメント (0)

2006年5月19日 (金)

いずれがアヤメかカキツバタ

庭のアヤメが咲きました。
花空間けいはんなでカキツバタが見ごろです。
近くの公園でキショウブが咲き始めました。
庭のアヤメはすでに咲き終わりました。

アヤメ
(5月13日撮影)
Pict2054w800カキツバタ
(撮影5月18日)
Pict2061w800キショウブ
(撮影5月19日)
Pict2104w800


アヤメ、カキツバタ、ハナショウブの区別がつきにくい。
アヤメは畑地、ハナショウブ、キショウブは湿地、カキツバタは水中に生える。
アヤメには、外花被の基部に爪状黄色と紫色の虎斑の文目(あやめ)模様がある。
アヤメ、カキツバタ、ハナショウブ、キショウブはアヤメ科だが、ショウブはサトイモ科。
→参照ページ いずれがアヤメ?カキツバタ? サイト 植物園へようこそ

| | コメント (0)

2006年5月18日 (木)

花空間けいはんな 花木園剪定

久しぶりの花空間けいはんなのボランティアです。
午前中は車が使えないので、昼から出かけました。
雨の予報でしたが、曇り空で日中もちました。

花木園の剪定です。
レンギョウ、ボケ、コデマリを剪定しました。
コデマリの枝に鳥の巣がありました。
その部分はそのままにしておきました。親鳥が戻ってくるかな。

コデマリの枝の中ほどに
Pict2071w800鳥の巣です
Pict2068w800卵が5つ
ホオジロの卵のようです
Pict2067w800

花木園では、5月の花サンザシが咲いていました。
ベニウツギは蕾。
自然路では、モチツツジが咲いていました。

メイフラワー:サンザシ
Pict2083w800ベニウツギ
Pict2075w800モチツツジ
Pict2087w800


花壇では、いろいろな色のクレマチスが咲いていました。

クレマチス
Pict2097w800
Pict2098w800
Pict2099w800

| | コメント (0)

2006年5月14日 (日)

落花生種蒔き&竹の子堀り

雨でのびのびとなっていたアグリロードうたひめの作業日です。
畑を草ぼうぼう。
草刈、落花生の種蒔き、ポットで育てていた枝豆(黒ダイズ)の苗植え付けをしました。
作業後、近くの竹林に竹の子堀に行きました。
去年は竹の子が豊富だったので、4月に竹の子掘りパーティをしましたが、今年は竹の子の生育が悪く、竹林主農家の出荷が終わった5月になって、ようやく掘りに行っても良いことになりました。
竹林主が竹の子を出荷しているあいだは、竹の子は商品なので、無断の竹の子掘りは窃盗ですが、商品出荷終了後の竹の子掘りは、竹林維持のボランティア活動のようなものです。
伸びきった竹の子に混じって、食べごろの竹の子もたくさんありました。
まだ竹の子の生える方向がよくわからず、掘り具で一突きで掘り起こすことがなかなかできません。
竹の子の先端を見て、根はこっちだろう、いやもう少し右じゃないかな、と言いながら、掘りました。

| | コメント (0)

2006年5月13日 (土)

さつまいも植え付け

5月8日、サツマイモ10株植え付け、新聞紙で覆いました。
9日雨。
11日以降も雨模様なので、10日に新聞紙の覆いをとりました。
13日、根付いたようです。
昨年は5月1日

| | コメント (0)

2006年5月11日 (木)

飛鳥里山クラブ キトラ古墳

飛鳥里山クラブの歴史講座「飛鳥の史跡を学ぶーⅠ」です。
講師は、とうねんとって70歳の元気な方です。
午前中、小雨のため、歴史公園館会議室で、飛鳥の歴史やキトラ古墳発掘時のエピソードなどを聴講。
雨があがってきたので、早めの昼食後、史跡見学。
キトラ古墳、檜隈寺跡・於美阿志神社、文武天皇陵、高松塚古墳、鬼の俎・雪隠、猿石(吉備姫王墓)を回りました。

キトラ古墳
テントに覆われて何も見えない
Pict2030w800
Pict2031w800裏山から
Pict2026w800

檜隈寺跡・於美阿志神社
Pict2039w800ツツジ満開
Pict2035w800重文の石塔婆
Pict2033w800


高松塚古墳
飛鳥歴史公園
Pict2041w800遠足で小学生も見学
Pict2046w800ときどき人が出入り
点検作業中?
Pict2047w800

花木
ハクウンボク
Pict2042w800道端の草花 何という花かな?
Pict2048w800
Pict2049w800


| | コメント (1)

2006年5月 6日 (土)

サンフォレスターの森

サンフォレスターの活動日です。
連休中なので、森林公園には家族連れが大勢来ていました。
公園の駐車場は満杯でした。

サンフォレスタの森は、森林公園の奥の一角にあります。
午前中は、枯れた松の伐採です。
昼食は、山菜料理。
午後は、伐採した松の撤収、マキ作りと下刈りです。

アカマツの伐採
Pict2003w800後処理が大仕事です
Pict2005w800切り株
Pict2001w800

新緑
コシアブラ、タカノツメの新芽は、すでに大きく開いていました。
Pict1990w800
Pict1991w800
Pict1993w800

コバノミツバツツジの花は終わり、ガマズミ、ウツギ類の花が咲き始めています。
Pict2006w800
Pict2000w800ツクバネウツギ
Pict1998w800


| | コメント (0)

2006年5月 5日 (金)

夏野菜植え付け

夏野菜の苗を購入し、菜園に植えました。
今年は、ナスは、中長ナス1株、加茂ナス1株、カラーピーマン(赤)1株、シシトウ1株、ミニトマト1株にしました。キュウリ、エダマメ(黒ダイズ)は、育苗箱で種から育てています。

サラダミズナ、コマツナが育ってきました。
間引きとして一部採取。
タマネギが大きくなってきました。
ワケギはもうすぐ終わり。

| | コメント (0)

2006年5月 2日 (火)

京都市動物園

孫たちと京都市動物園に行きました。

アジアゾウの美都さん
Pict1975w800やぶいぬのガイ君
Pict1984w800ペンギン
Pict1988w800


Pict1969w800
Pict1971w800
Pict1989w800

| | コメント (0)

« 2006年4月 | トップページ | 2006年6月 »