« 公園のエノキ | トップページ | 公園美化 »

2006年5月24日 (水)

橿原考古学研究所~飛鳥資料館

なら歩楽歩楽会で、橿原考古学研究所附属博物館及び奈良文化財研究所飛鳥資料館を見学し、甘樫丘周辺を散策しました。

橿原考古学研究所附属博物館では、特別展「葛城氏の実像」を開催中です。
昨年3月の葛城散策で現地近くまで行きながら現地に行けなかった極楽寺ヒビキ遺跡の復元模型などを見学しました。
橿原神宮前駅に戻り、バスで飛鳥資料館へ。
到着は11時半ごろでしたが、すでに90分待ちの混雑。帰りを急ぐ1人はそのまま行列に並んだが、他は整理券を入手。3時の整理券がちょうど人数分10枚ありました。
土曜日は1時過ぎに来て、3時間後の整理券を配っていましたから、土曜日よりも混雑しているようです。
資料館芝生で昼食、その後、飛鳥坐神社~甘樫丘周辺を見て回りました。

飛鳥坐神社
Pict2192w800むすびの神石
Pict2184w800奇石の列
Pict2190w800

鉄釜鋳造遺構
Pict2204w800
Pict2206w800


弥勒石
Pict2208w800
Pict2209w800


2時過ぎに資料館に戻り、指定時刻まで休憩。
整理券で、指定時刻に行列に割り込み、キトラ壁画展示を再度見ました。
土曜日に来たときは、逆に、何回か整理券組みに割り込まれ90分以上待たされていた。

飛鳥資料館
Pict2212w800
Pict2213w800


キトラ古墳現地見学を省略し、橿原神宮前駅に戻り、いつもの八木「天まであがれ」で反省会。

|

« 公園のエノキ | トップページ | 公園美化 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 公園のエノキ | トップページ | 公園美化 »