« 飛鳥里山クラブ 飛鳥の森づくり | トップページ | 鹿川堤防の草花 »

2006年7月22日 (土)

映画 博士の愛した数式

けいはんな映画劇場に「博士の愛した数式」を見に行きました。

交通事故で記憶障害となった博士と家政婦とその息子の交流の話。
事故後、記憶が80分しか持たないとのことだが、博士の事故前の記憶はすばらしい。
事故前に阪神選手の詳細なカード式データベースを作っているほどなのだから、記憶のあるうちにどうしてもっとメモを取らないのだろうか。

歳をとると新たな記憶が困難になってくる。
歳をとると、概して、数年前、数十年前の記憶は鮮明だが、数分前、数時間前、数日前のことが思い出せなくなることがある。
若いときに覚えたことは忘れないが、新たなことがらはなかなか覚えられない。
よく知っていることと関連付けて、あるいは、メモを克明に取ることなどで、記憶の衰えを補っている。

このブログは、備忘録。
分量が増えてきたので、どこに何を書いたのかが分からなくなってくる。
カテゴリー区分はあるが、もっと引きやすい索引が必要になってきたようだ。

博士の愛した数式  eのπi乗+1=0(オイラーの公式)
博士の語った数字  素数、階乗、友愛数、完全数


けいはんな映画劇場の予定
けいはんなプラザメールマガジン抜粋)

■8/18(金)~20(日)
北海道を舞台に、目と耳が不自由なキタキツネを育てる少年と
家族の絆を描く感動の物語。
『子ぎつねヘレン』

■8/24(木)~27(日)
ボストンマラソンに出場した最年少ランナーが贈る感動の物語。
『リトル・ランナー』

■9/2(土)~3(日)
コナンの正体を知る、巨大な黒い影。集められた探偵たち。
彼らの運命は?
『名探偵コナン 探偵たちの鎮魂歌<レクイエム>』

■9/14(木)~17(日)
渡辺謙主演、第18回山本周五郎賞受賞作「明日の記憶」
待望の映画化!
『明日の記憶』

■9/21(木)~24(日)
第78回アカデミー最優秀助演女優賞受賞作品
雄大なアフリカの大地を舞台に、喪失感の只中に満ちてくる愛の奇跡。
『ナイロビの蜂』

|

« 飛鳥里山クラブ 飛鳥の森づくり | トップページ | 鹿川堤防の草花 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 飛鳥里山クラブ 飛鳥の森づくり | トップページ | 鹿川堤防の草花 »