« 飛鳥里山クラブ 竹林の管理 | トップページ | 奈良文化論 筒井城 »

2006年11月17日 (金)

芋峠越え 散策

飛鳥里山クラブ歴史サークルの例会「持統天皇ゆかりの里を訪ねて」に参加しました。
栢森から芋峠越えで千股まで古道を歩きました。
昨年5月に石舞台から上市まで歩きましたが、古道は、行者像~芋峠間だけでした。
2005年5月芋峠散策記録

飛鳥公園館前に集合。
歴史サークル外の参加者も多く、総数約30名。
健康福祉センターまで歩き、同センター9:50発の金かめバスに乗車。メンバーでバスはほぼ満員。
バスは、談山神社への登り道、気都倭既神社のある上を経由して、栢森に行く。

金かめバス 栢森 
Pict4814w800
明日香村ホームページ : 金かめバス


栢森バス停から、左側の旧道を歩く。
道沿いの民家にマメガキがたわわに実っている。

旧道を進む
Pict4817w800マメガキ
Pict4818w800


栢森村落の中ほどに龍福寺、その隣に加夜奈留美命神社。
神社境内で、歴史サークルのNさんから、神社の由来などの説明を受ける。

龍福寺
Pict4820w800加夜奈留美命神社
Pict4821w800神社境内
Pict4823w800

神社
Pict4824w800狛犬
Pict4827w800Pict4828w800

神社前の道を進み、川沿いに旧道を進む。

栢森
Pict4829w800道を覆うカエデ
Pict4831w800まだ紅葉には少し早かった


旧道をしばらく進むと、小峠・芋峠道への分岐。
右側の山道を登る。

道標
Pict4832w800案内板
Pict4833w800山道を登る
Pict4841w800

登りきったところが小峠。
南西に見える山が高取山と説明書きにあるが、樹木に覆われ、展望がほとんどきかない。

小峠
Pict4846w800峠の道標
Pict4843w800高取山は樹林の陰
Pict4844w800

小峠を下っていくと、車道に合流。
役行者像がある。

車道に合流
Pict4848w800案内板
Pict4851w800役行者像
Pict4854w800

車道脇の山道を登る。
役行者像~芋峠の山道は、昨年の散策で歩いた道。
山道には、倒木あり、途中の隘路もそのままでした。

茶屋跡
Pict4862w800道脇に
キンポウゲ科 ヤマトリカブト かな
下見の時には紫花が咲いていたそうです
Pict4861w800隘路
Pict4865w800

芋峠山頂から吉野方面への下り道はなくなっているので、芋峠で車道に下りる。
Nさんの持統天皇の吉野行幸及び芋峠の説明を受けた後、休憩、昼食。

道標  「峠頂上」とは?
Pict4866w800ここまで明日香村
Pict4870w800芋地蔵たち
Pict4872w800

車道をすこし下ったところの樹林の間に、急勾配の杣道がある。
道標など目印はなく、わかりづらいが、階段がある。
用意してきたロープをつたい、急勾配の杣道を降りる。

杣道への分岐
Pict4874w800階段がある
Pict4877w800杣道を降りる
Pict4881w800

谷まで下ると、枯れ木が散らばり苔むしてはいるが、舗装路もある。

山道の道脇に地蔵1
Pict4880w800山道を下りきると、なだらかな舗装路
Pict4883w800道脇に地蔵2
Pict4884w800

谷川沿いの道を進むと、千股川のせせらぎ公園に出る。
芋峠からは、途中、杣道の合流はあるが、分岐はなく、ほぼ一本道。
道沿いに数個の地蔵があるので、この山道が、古道ではないかと判断しているとのこと。

車道に合流
Pict4885w800合流点の地蔵
Pict4886w800

千股川のせせらぎ公園で、地元のメンバーから、千股地区の紹介。

千股川のせせらぎ公園からは、脇道に入ったが、すぐに車道に合流し、昨年歩いた道を通って、近鉄上市駅に到着、解散。

千股風景 紅葉はこれから
Pict4891w800道脇にリンドウの花
Pict4895w800近鉄上市駅から吉野を望む
Pict4896w800

|

« 飛鳥里山クラブ 竹林の管理 | トップページ | 奈良文化論 筒井城 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 飛鳥里山クラブ 竹林の管理 | トップページ | 奈良文化論 筒井城 »