« 奈良文化論 城下と鉄道 | トップページ | 花空間けいはんな カブトムシ幼虫 »

2006年12月20日 (水)

奈良市内 散策

奈良市街地にはよく出かけますが、周辺の遺跡や寺社は、春日大社や東大寺以外は、ほとんど素通りでした。
これまで近くを通りながら、見過ごしていた遺跡や寺社を回ってみることにしました。

昼から出かけ、近鉄奈良駅から北に向かう。
奈良奉行所跡地は、奈良女子大学構内、正門あたりか。
奈良女子大の前を通って、佐保川まで行くと、橋を渡ったところが聖武天皇陵の入口。

佐保川 法蓮橋
Pict5114w800聖武天皇・光明皇后陵
Pict5117w800

正面が聖武天皇陵。
参道の途中で右に曲がると、光明皇后陵。
光明皇后陵は、横からしか見ることができない。

聖武天皇佐保山南陵
Pict5118w800光明皇后陵への分岐
Pict5119w800聖武天皇皇后佐保山東陵
Pict5120w800

天皇陵を出て、佐保川を少し溯ると、多聞城跡。
若草中学校になっており、入口を入ったところに碑がある。

若草橋より聖武天皇・光明皇后陵方向を望む
Pict5127w800若草橋より多聞城跡方向を望む
Pict5126w800多聞城跡の碑
Pict5123w800

北山一八間戸はまたの機会とし、佐保川を下り、称名寺に向かう。

途中の寺社
玉鐵稲荷神社
Pict5125w800佐保川天満宮 鉄柵の合間から撮影
Pict5129w800Pict5130w800

普光寺
Pict5131w800Pict5132w800


称名寺    →称名寺住職のページ
Pict5135w800Pict5133w800


高天交差点に戻り、漢国(かんごう)神社、開化天皇陵を探す。
高天交差点のすぐ南、「やすらぎの道」沿いのビルの合間に漢国神社の鳥居があった。

漢国神社 鳥居
Pict5136w800漢国神社 本殿
Pict5137w800


漢国神社内の林(りん)神社  饅頭の神様 
Pict5139w800鶴が2羽
Pict5140w800饅頭塚
Pict5138w800

開化天皇陵の入口は、三条通り。
これまで存在を気にせず前を通っていた。

開化天皇春日率川坂上陵
Pict5143w8009代開化天皇は記紀の創作
とすれば、誰の墓だろう
Pict5144w800


率川(いさがわ)神社は「やすらぎの道」沿いにすぐに見つかった。
工事中。

率川神社
Pict5147w800仮本殿
Pict5149w800率川神社由来
Pict5150w800
率川神社は、大神神社の境外摂社。
神武天皇の皇后 媛蹈鞴五十鈴媛命 とその両親の3座を祭る。
6月17日三枝祭(ユリ祭)で有名。
傍らを率川が流れていた。今は暗渠。

率川神社のすこし南に伝香寺。
境内は幼稚園となっており、中に入れない。
4時を過ぎていたためか。

伝香寺
Pict5151w800門は閉鎖
Pict5152w800「散り椿」で有名。
花びらを1枚ずつ散らす。
サザンカの一種か?

元興寺方向に向かったが、薄暗くなってきたので、奈良町めぐりは次の機会とし、帰ることにした。

|

« 奈良文化論 城下と鉄道 | トップページ | 花空間けいはんな カブトムシ幼虫 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 奈良文化論 城下と鉄道 | トップページ | 花空間けいはんな カブトムシ幼虫 »