« 奈良検定2 歴史 | トップページ | 飛鳥里山クラブ 風土地理講座 »

2007年1月17日 (水)

奈良検定1 地理、動植物

15日付朝日新聞奈良版によると、奈良検定受験者は約3,500名。
奈良在住3年の記者の試験挑戦記が載っているが、自己採点で57点とはだらしない。
できなかった受験者の読者を慰めるための記事かな。

奈良に住みながら奈良について殆んど知らず、定年退職後、大和路を散策しているが、まだまだ行ったことのないところも多い。
これを機に奈良をもっとよく知ろうと受験したのだから、回答に迷った問題を中心に、レビューしておく。
以下、問題は必ずしも出題どおりの文言ではない。
( )内は正答。
間違っていれば、指摘ください。

・奈良県の地理、動植物
問1 奈良県最高峰(八経ヶ岳 1915m)
他の選択肢の標高:山上ヶ岳1719mには、大峯山寺がある。日出ヶ岳1695mは大台ケ原。高見山は1249m。
問2 いわゆる「中央構造線」に沿って流れる川(吉野川)
問3 奈良盆地の北端、京都府との境に横たわる丘陵(奈良山丘陵)
最寄のJR駅が平城山なので、平城山丘陵だと思っていたが、選択肢は奈良山丘陵となっている。
奈良県のホームページでは、平城山丘陵。
奈良県ホームページ 奈良県の自然http://www.pref.nara.jp/pro/shizen.htm
問4 露出した黒褐色の角閃ハンレイ岩が谷筋を埋める、鍋倉渓があるのはどこか(神野山)。
鍋倉渓にはまだ行ったことがない。
神野山(こうのさん)も、つい最近まで正しい読みを知らなかった。
問5 大和三山で一番西に位置する山(畝傍山)
問6 春先にスズランに似た花を咲かせ、奈良公園でよく見かける鹿の嫌うという樹木(アセビ)
アセビは有毒のため鹿は食べない。
ナギ、ナンキンハゼも、鹿は食べないので、これら植物が奈良公園で増えすぎている。
問7 月ヶ瀬、巨勢、賀名生、広橋で、奈良県の3大梅林でないところ(巨勢)
3大梅林は、月ヶ瀬、賀名生、広橋。
巨勢は、椿で有名。
巨勢の道 散策 2006/3
→KOTOコレ2006 > 賀名生(あのう)梅林、梅の里! http://micho.exblog.jp/4320560/
問8 山頂付近の見事なツツジ群落で知られる山(葛城山)
問9 曽爾高原の山肌一面を覆うことで知られる植物(ススキ)
葛城のツツジ、曽爾高原のススキは写真で見るだけ。
シーズンは混雑するし、他にも行きたいところがあるので、まだ観にいけないでいる。
→KOTOコレ2005 > 曽爾高原、ススキの海 http://micho.exblog.jp/3702182/
→KOTOコレ2005 > 葛城高原、一目百万本のツツジ http://micho.exblog.jp/2748000/
問10 室生寺境内にある国の天然記念物(暖地性シダ群落)
室生寺はシャクナゲで有名だが、シャクナゲは天然記念物ではない。
奈良検定公式テキストブックで、奈良県下の国の天然記念物を読むまで、室生寺に行っても、暖地性シダ植物に関心は無かった。
問11 花の名所として知られている所で、組み合わせが誤っているのはどれか。
ア サクラ=郡山城跡、イ ボタン=長谷寺
ウ モモ=般若寺、エ アジサイ=矢田寺
郡山城跡には、一昨年4月に花見に、金剛山寺(矢田寺)には昨年アジサイの時季に観にいってきた。
長谷寺には、10年ほど前に、ボタンの季節に車で行き、大渋滞にあった記憶がある。一昨年10月には初瀬路散策で寄った。
般若寺は、数年前に、コスモスの時季に観にいったが、期待が大きすぎたためか、期待はずれだった。
モモの木があったかどうかは覚えていないが、般若寺は、年間通じての花の寺を目指しているから、モモの木もあるのかもしれず、何年か先には、この設問には正答なしとなるかもしれない。
→KOTOコレ2005 > 郡山城と満開の桜 http://micho.exblog.jp/2466612/
→KOTOコレ2006 > 長谷寺、ボタンの海 http://micho.exblog.jp/4634071/
→KOTOコレ2006 > 矢田寺、雨で熟した紫陽花 http://micho.exblog.jp/5117341/
公式テキストブックでは、奈良県下の桃の名所として、山の辺の道と香具山東山麓の万葉の森を掲げている。
山の辺の道は何度も歩いているが、桃畑はどの辺りにあるのだろう、桃の花咲く山の辺の道はまだ歩いていない。

|

« 奈良検定2 歴史 | トップページ | 飛鳥里山クラブ 風土地理講座 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 奈良検定2 歴史 | トップページ | 飛鳥里山クラブ 風土地理講座 »