« 廣瀬神社~六縣神社~白米密寺 | トップページ | 花空間けいはんな 藤棚の剪定 »

2007年2月 7日 (水)

奈良の隠れ古社寺巡り

シニア7名で、空海寺、五劫院、璉珹寺(紀寺)など奈良の隠れ古社寺巡りです。
コース途中の名だたる寺社も含め、氷室神社、正倉院、空海寺、五劫院、二月堂、手向山八幡宮、春日大社、福智院、十輪院、御霊神社、井上神社、璉珹寺(紀寺)、祟道天皇社、高林寺、誕生寺、徳融寺、伝香寺、率川神社を観て回りました(境内に入れなかった寺院も含む)。

近鉄奈良駅に集合、空海寺を目指す。
途中、氷室神社に立寄る。
祭神は、闘鶏稲置大山主命(つげのいなぎおおやまぬしのみこと)、大鷦鷯命(おおさざきのみこと)(仁徳天皇)、額田大中彦命(ぬかたのおおなかつひこのみこと)。
「日本書紀」によると、仁徳天皇の異母兄弟 額田大中彦皇子が闘鶏に猟に出かけたときに、氷室を知り、御所に氷を持ち帰ったとか。

氷室神社
Pict5664w800シダレザクラはまだ枯枝→昨年3月28日
Pict5665w800仁徳歌碑
Pict5670w800
境内に、仁徳天皇の歌碑がある。
 高き屋に のぼりて見れば 煙たつ 
 民の竈(かまど)は にぎはひにけり


東大寺大仏殿の手前左側に会津八一の歌碑がある。

Pict5678v800 おほらかに
 もろてのゆびを
 ひらかせて
 おほきほとけは
 あまたらしたり


戒壇院の四天王談義が弾んだが、戒壇院拝観は有料なので今回はパス。
正倉院の建物外装を公開していたので、立寄る。

正倉院   予想外に大きい!
Pict5685w800Pict5684w800Pict5683w800

院内の従業員?に、空海寺への道を尋ねるも、要領を得ない。
智足院の傍らを過ぎ、地図を頼りに空海寺を探す。
通りかかった幼稚園児を引き連れた保母さんに尋ねるも、知らないという。
と、すぐ前に、寺があり、それが空海寺だった。

Pict5690w800空海寺 本堂  境内は無人だった
Pict5686w800矢田寺から移された?地蔵
Pict5687w800

五劫院は、空海寺からすこし北に行ったところ。
五劫院はすぐにわかった。

Pict5691w800五劫院 本堂  前庭に見事な松
Pict5693w800観音像 鐘楼
Pict5692w800

公慶上人の五輪塔
Pict5698w800石仏
Pict5700w800万葉歌碑
Pict5695w800
 水沫(みなわ)なす もろき命も 拷縄(たくなわ)の
  千尋にもがと 願ひ暮らしつ
     山上憶良  万葉集 巻5-902

次の目的地は、奈良町の古社寺。
来た道を正倉院まで戻り、東大寺講堂跡、二月堂、手向山八幡宮、ささやきの小路を通り、奈良町に向かう。

二月堂  手前:閼伽井屋(あかいや)(鎌倉時代・重文)
Pict5714w800二月堂から 三月堂
Pict5708w800四月堂
Pict5709w800

破石町近くのメンバー行きつけの食堂で昼食。

福智院に行くも、誰もおらず、かってに本堂に入るわけにも行かず、地蔵仏を拝観することが出来なかった。
次いで、十輪院。
道沿いの寺院に立寄りながら、御霊神社に着く。
井上(いがみ)皇后、他戸(おさべ)親王、事代主命のほか、早良親王、藤原大夫人(伊予親王の母)、藤原広嗣、伊豫親王、橘逸勢(はやなり)、文屋宮田麿を祀る。
ならまちの南端に、井上皇后を祀る井上神社、早良親王を祀る祟道天皇社がある。
井上神社は、祟道天皇社や御霊神社に比べて、貧弱。

御霊神社
Pict5727w800井上神社
Pict5732w800祟道天皇社 本殿
(手前の社は、摂社)
Pict5743w800

祟道天皇社の南側に、璉珹寺(れんじょうじ)がある。
飛鳥の訳田寺(紀寺)が平城遷都で移ってきた由緒ある寺。
天香具山の傍に紀寺跡があり、また、このあたりが紀寺町ということは知っていたが、先日、図書館で借りた「遊歩 奈良公園 奈良町」(1987年発行)を読むまで、紀寺がどこにあるのか知らなかった。
本尊の木造阿弥陀如来立像(鎌倉時代)は女身の裸形像で、かつては、50年に一度、袴の取替え時に開扉されていたが、最近では、50年の5に因んで5月に開扉されている。
開扉時期ではなかったが、遠方からの参加者もいたので、特別に開扉してもらえた。
脇侍の観世音菩薩、勢至菩薩(ともに重要文化財、前者は奈良時代末~平安時代初期)も素敵だった。

Pict5740w800
Pict5739w800
Pict5734w800

璉珹寺で仏像鑑賞後、ならまちに戻り、中将姫関連の高林寺、誕生寺、徳融寺を回る。
高林寺、誕生寺は、門が閉まっており、境内は観れなかった。

徳融寺境内 石塔説明
Pict5747w800右 豊成公、左 中将姫石塔
中央は4方石仏
Pict5748w800Pict5746w800

もちいどの道、率川暗渠の上を通り、伝香寺に着く。
伝香寺も閉鎖されており、中には入れなかった。
率川神社は、本殿改装工事がほぼ終わっており、真新しい本殿3棟を観ることができた。

伝香寺前
率川の伝香寺橋跡
Pict5750w800率川神社 本殿
Pict5751w800神社境内に
かえる石
Pict5753w800

北向商店街の「天まで上がれ」で打ち上げ会。


|

« 廣瀬神社~六縣神社~白米密寺 | トップページ | 花空間けいはんな 藤棚の剪定 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 廣瀬神社~六縣神社~白米密寺 | トップページ | 花空間けいはんな 藤棚の剪定 »