« 大和水郷 川西の里 散策 | トップページ | 廣瀬神社~六縣神社~白米密寺 »

2007年2月 4日 (日)

おんだ祭り

2月第1日曜日は、飛鳥坐神社のおんだ祭りです。
天候もよいので、観に行くことにしました。

橿原神宮前駅から歩く。
甘樫丘の豊浦休憩所で昼食。
休憩所を建替えるらしくて、休憩所の隣の空地を事前の発掘調査していました。
 
炭焼施設は、窯の覆いと資材置き場が建設中
Pict5629w800
Pict5628w800cf 1月20日撮影
Pict5501w800_1 


甘樫丘展望台から、眼下に飛鳥坐神社が見下ろせます。
いつもは人通りの無い道に大勢の人が神社に向かっています。
大和三山も今日はくっきりと見えました。

畝傍山
Pict5630w800飛鳥坐神社
Pict5632w800神社部分拡大
Pict5632s800

飛鳥坐神社には1時ごろに着きましたが、すでに境内の拝殿前には大勢の人が陣取っています。
幼児連れの家族連れが目立ちました。
翁役が青竹を持って、参拝客のお尻を叩いて回っていました。

お尻を叩かれると無病息災とか 撮影13:01
Pict5635w800本殿前 13:08
Pict5639w800舞台 13:18
Pict5640w800

待つこと約1時間。
2時から、田植え神事が始まりました。
田植え神事の後、舞が奉じられ、その間に、天狗がお多福を呼びにいきます。
翁の先導で天狗とお多福が登場し、結婚から子に恵まれる様子が演じられます。
この神社に祈願して授かったという子供たちも舞台に出てきて、「ふくの紙」や餅を参拝客に投げて、儀式の終わりです。
超満員だし、逆光なので、演技中の舞台写真は撮れませんでした。
写真を撮るには、かなり早く来て、よい場所を確保する必要がありそうです。

小さな子供も餅を投げています
Pict5657w800
「ふくの紙」を持ち帰ると子宝に恵まれるとか


帰りは、儀式終了にあわせて、奈良バスが臨時バスを出してくれたので、飛鳥大仏前からバスで橿原神宮前へ戻りました。

|

« 大和水郷 川西の里 散策 | トップページ | 廣瀬神社~六縣神社~白米密寺 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 大和水郷 川西の里 散策 | トップページ | 廣瀬神社~六縣神社~白米密寺 »