« 岩屋山古墳 | トップページ | 大和水郷 川西の里 散策 »

2007年2月 1日 (木)

飛鳥里山クラブ インタープリテーション

飛鳥里山クラブ第17回目、環境教育講座「インタープリテーショントレーニング」です。
講師は、総合教育研究所の理事長岡本胤継さんです。
岡本さんは、環境保全活動や子供たち向けの環境教育活動などに取り組んでおられ、奈良県民環境ネットワークの事務局長もされています。

→奈良県 > ボランティアネット > 特定非営利活動法人 総合教育研究所 http://www.nvn.pref.nara.jp/dantai/detail/index.php?id=96
NPO法人 奈良県民環境ネットワーク http://nara-kankyo.net/

インタープリテーション、インタープリター・・・・
コンピュータを使い始めたころ聞いた用語
インタープリタ:人間の指示を逐次的にコンピュータに翻訳するプログラム。
今日の講座では、何らかの事象を基に何らかを他者に伝える、主に、自然環境教育に使われている手法のようです。

「インタープリテーション」の説明の後、実践。
よくはわからなかったが、季節の変化を示すものなど示されたテーマに合うと感じるものを各自が見つけ出し、各自がグループ内でそれを説明しあい、リーダーが総括する、という流れのようです。

プロジェクト・ワイルド、インタープリテーション、プロジェクト・ラーニング・ツリーなど、カタカナプログラムが多い。
人と自然を峻別する文化のアメリカ生まれの手法が、人も自然の一部とする文化の日本において効果的かどうかという疑問、というか、ことさらカタカナ名を持ち出してまで説明する手法でもないな、との印象を受けました。

Webで検索してみると、利用している団体はけっこう多いようです。

インタープリテーション協会 http://interpreter.ne.jp/
インタープリテーションネットワーク・ジャパン  http://www.geocities.jp/ipnetj/
→自然教育研究センター > インタープリテーションてなに? http://www.ces-net.jp/PAGES/ip.html

|

« 岩屋山古墳 | トップページ | 大和水郷 川西の里 散策 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 岩屋山古墳 | トップページ | 大和水郷 川西の里 散策 »