« 花空間けいはんな サラセニア | トップページ | パリ プラタナス »

2007年5月31日 (木)

パリ 印象

空港からバスでパリ市内に入る。

並木が美しい。
フウに似た樹木。丸い実をつけている。
プラタナス、スズカケノキ。
七出複葉の樹木。ところどころの枝先に花序の跡をつけている。
セイヨウトチノキ、いわゆるマロニエ。
大きな掌葉を広げたばかりのところで、新緑が美しい。

右側通行。
4車線が交互対向のところがあり、驚いた。2車線はバス優先車線。
一方通行と思われるところにも、反対方向のバス優先路があり、時間外のためか一般車も通っている。
縦横の交差点より5~6交差が多い。
信号は、車と歩行者が完全分離。
日本ではあまり見かけなくなったロータリー方式も多い。
ポストは黄色。
このようなパリ到着初日の印象は、数日の観光で、すぐに当然のことのように慣れてしまう。

凱旋門上からの展望
12交差ロータリー
Rimg0122w800信号は歩車分離
Rimg0152w800ポストは黄色
Rimg0137w800


そして、帰国すれば、すぐに日本の風景に同化してしまう。


|

« 花空間けいはんな サラセニア | トップページ | パリ プラタナス »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 花空間けいはんな サラセニア | トップページ | パリ プラタナス »