« 六甲牧場 | トップページ | 花空間けいはんな ハス、スイレン »

2007年7月11日 (水)

太子道 散策

シニア4名で、ファミリー公園駅を起点に田原本まで「太子道」を散策しました。

小雨。
ファミリー公園は、大和川(初瀬川)と佐保川の合流点、奈良県浄化センターの周辺の緑地帯を公園としたもので、ファミリー公園駅前に、プール、フラワーセンター、テニスコートなどがある。
2年前に職業訓練校に通ったときに平日毎日通過したが、平日は乗降客の殆んどいない駅。
無人駅。
今日も駅前に我々グループ以外の人影は見られない。
サクラとメタセコイヤの緑に覆われた歩道を大和川に向かい、大和川の堤防を散策。

奈良県浄化センター配置図
Rimg1399w800大和川
国土交通省と奈良県との管轄境界標示
Rimg1404w800佐保川(左)と合流
Rimg1407w800

大和川と佐保川の合流点を越えたところで、堤防を下り、田圃の間を西、南に進むと、油掛地蔵。
傍らにサラダ油のペットボトルが置いてあった。

油掛地蔵 全景
Rimg1415w800油掛地蔵
Rimg1413w800説明
Rimg1411w800

西の林に吐田(はんだ)の杵築神社。
大和川改修工事で昭和35年に当地に移座。
説明板によると、大和川改修工事で、この辺りから5世紀ごろの土器などが見つかり、南吐田遺跡と呼ばれているとのこと。

杵築神社
Rimg1417w800拝殿
Rimg1419w800本殿 春日造
Rimg1420w800

曹洞宗南陽禅寺の前を通り寺川の堤防をさかのぼると、島の山古墳が見えてくる。

曹洞宗南陽禅寺
Rimg1425w800寺川
Rimg1428w800島の山古墳
後円部分
Rimg1430w800

島の山古墳の傍らに、クワの葉を神体としたという比売久波神社がある。
この辺りには、織物関連の神社が多い。

島の山古墳 全長265mの前方後円墳
Rimg1436w800Rimg1437w800説明
Rimg1438w800

比売久波神社
Rimg1435w800拝殿
Rimg1433w800本殿 春日造
Rimg1432w800

寺川の宮前橋のたもとに食事処があったので、そこで昼食、休憩。
(比売久波神社前から糸井神社までは、今年2月に別グループで散策したコースであるが、昼食後だったので、宮前橋たもとの食事処には気付かなかった →2007/2/3 大和水郷 川西の里 散策
昼食後、糸井神社、面塚に立寄る。
糸井神社では、地元の人から、当地は寺だったが、明治の廃仏毀釈で寺院は取り壊され、神社だけが残った、との話を聴いた。

糸井神社
Rimg1443w800拝殿 元寺本堂
背後の林はシラサギのねぐら
Rimg1452w800本殿 春日造
Rimg1449w800

面塚 能舞台
Rimg1458w800面塚
Rimg1456w800観世発祥の地
Rimg1457w800

三宅町に入ると、太子道や聖徳太子関連の説明板が道沿いに目に付くようになる。
白山神社は小さな神社。
聖徳太子の腰掛石や駒つなぎ柳は期待はずれ。

白山神社
Rimg1465w800聖徳太子の腰掛石
Rimg1462w800駒つなぎ柳
何代目かな
Rimg1464w800

白山神社の対面に、屏風の杵築神社。
神社前に、万葉の花 あざさ(アサザ) が水鉢に植えられていた。

杵築神社
Rimg1466w800拝殿
Rimg1468w800本殿 春日造
Rimg1470w800

あざさ
Rimg1472w800説明
Rimg1471w800現代名 アサザ
「幻の花」とあるが、我が家では、ほぼ毎朝咲いている。


2007/6/22 アサザ開花
2006/9/4 メダカ水槽のアサザ、ガガブタ

道沿いに、忍性菩薩生誕地の碑。
傍らには、あざさ の水鉢。
忍性は、鎌倉時代の僧侶(1217~1303)。貧者の慈善救済事業に尽くし、我が国最古の療養施設として現存する「北山十八間戸」を創設。その後、関東に下って、鎌倉「極楽寺」を開山、生涯を病者や社会的弱者の救済、また、道路・橋の修復などに尽力し、多大の足跡を残したことから、我が国の社会福祉事業の先駆者といわれている。

忍性菩薩生誕地の碑
Rimg1474w800説明
Rimg1475w800


再び、杵築神社。寂れた神社。本殿は、吐田、屏風の前2社と異なり、流造。

伴堂(ともんど)の杵築神社
Rimg1480w800拝殿
Rimg1481w800本殿 流造りだ!
Rimg1482w800

神社前に、三宅村道路元標の石碑があった。
しばらく進むと、太神宮の石灯籠。
このあたりも、江戸時代には、伊勢参りで賑わったメインロードだったのだろうか。

三宅村道路元標
Rimg1484w800太神宮灯明
Rimg1488w800郷神さん
Rimg1487w800


あざさ を読み込んだ万葉歌碑があった。
三宅村で あざさ をよく見かける理由がようやく理解できた。

万葉歌碑
Rimg1490w800読み方
Rimg1492w800現代語訳
Rimg1489w800

近鉄田原本線を越えると、黒田大塚古墳。
そのすぐそばに、法楽寺。
考霊天皇黒田盧戸宮跡に建立されたとかで、桃太郎伝説発祥の地。
聖徳太子開基の寺院で、かつてはずいぶん大きかったようだが、現状は、1堂宇を残すのみ。

黒田大塚古墳
Rimg1499w800Rimg1500w800説明
Rimg1497w800

法楽寺入口付近
Rimg1507w800本堂
Rimg1503w800桃太郎伝説発祥の地
Rimg1502w800

太子道を少し進むと、考霊天皇を祀る考霊神社があった。

考霊神社
Rimg1509w800狛犬
Rimg1511w800Rimg1512w800

宮古池の畔に寂れた神社。標示なし。地図には鏡作伊多神社とある。
地図には、南の保津環濠集落内にも鏡作伊多神社の表示がある。
地図を頼りに探してみると、ここも寂れた神社。拝殿には、延喜式内社鏡作伊多神社とある。

保津環濠集落
Rimg1526w800
Rimg1520w800

鏡作伊多神社
鳥居と拝殿・本殿が直交
Rimg1524w800拝殿
Rimg1521w800本殿
Rimg1523w800

雨があがり、日がさしてきた。急に暑くなる。
今日は、ここで太子道散策を打ち切り、田原本駅前の津島神社、浄照寺、本誓寺に立寄った後、電車で八木に行き、駅前の「天まで上がれ」で打ち上げ会。

津島神社
Rimg1527w800浄照寺
Rimg1531w800本誓寺
Rimg1537w800


|

« 六甲牧場 | トップページ | 花空間けいはんな ハス、スイレン »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 六甲牧場 | トップページ | 花空間けいはんな ハス、スイレン »