« キンモクセイ開花 | トップページ | 日本最古の瓦の語ること »

2007年10月10日 (水)

伊勢本街道 鞍取峠越え

なら歩楽歩楽会シニア6名で、山粕~御杖を散策しました。
今年6月、山粕から曽爾を散策しましたが、今回は、山粕集落を越えたところで、山道に入り、伊勢本街道を鞍取峠越えで、御杖村へと散策しました。

近鉄榛原駅で一部メンバーが遅れてきたことなどから10:15発曽爾行きのバスに乗ることが出来ず、山粕までタクシー乗車。
運転手さん曰く、「4人乗車だとバス代とほぼ同じです」。
3人ずつの乗車だったので、バス代より500円ほど余分にかかった。

山粕集落を越えたところから、鞍取峠への山道を登る。
スギ林に覆われた山道。
鞍取坂は伊勢本街道の難所で、山粕と桃俣を1.5kmで結ぶ。
勾配がきつく伊勢に向かった倭姫命が御神体を載せた馬の鞍をはずしたというが、整備された山道で、さしたることもなく鞍取峠に着いた。

山粕集落のはずれ
鞍取峠入口
Rimg2095w800いせ-はせの道標
Rimg2096w800鞍取坂
Rimg2099w800

鞍取峠
Rimg2104w800Rimg2102w800Rimg2105w800

Rimg2101w800近くに八辻城跡がある。在地土豪の桃俣三田氏の城、永禄年間に北畠具教により落城、宇陀郡を支配下に置いた北畠氏の山塞となったところらしい。


八辻城跡探訪はしないで、伊勢方向に下る。

道脇の小さな白花、花びらに独特な模様のある。
昨年、石割峠~血原橋で1株見かけたが、よく見ると、道沿いのそこここにたくさん咲いている。

リンドウ科 アケボノソウ
Rimg2109w800みどりの山(蜜線)の上に
Rimg2107w800夜明けの星座
Rimg2108w800

峠を下り立つと、白鬚稲荷神社。
境内に休憩所がある。
昼食。
ギンモクセイが咲いていた。

白鬚稲荷神社
Rimg2119w800ギンモクセイ
Rimg2123w800花 接写
Rimg2122w800

峠を降り、車道を右に向かったが、国道にしては道が狭くなっていく。
農家のおじさんに尋ねてみると、西杉自然遊園方向に向かっていることが分かった。
来た道を戻り、伊勢本街道の道標を確認し、道標に従い、しばらく歩くと、国道369号に出る。
青蓮寺川沿いに伊勢方向に向かう。

桃俣川隠地橋
鞍取峠を下り、桃俣川を下れば、ここで国道369号に合流
伊勢本街道は、少し手前で脇道に入り、国道に合流する
Rimg2148w800青蓮寺川
Rimg2146w800


青蓮寺川沿いの道端に、可憐な草花。
ヨメナなどキク科の草花も多種咲いていたが、キク科は省略。

シソ科 アキチョウジ
Rimg2115w800ツリフネソウ科 ツリフネソウ
Rimg2128w800 ?
Rimg2133w800

ナデシコ科 カワラナデシコ
Rimg2134w800ケシ科 クサノオウ
図鑑では春の花だが?
Rimg2143w800ゴマノハグサ科
コシオガマ
Rimg2153w800

土屋原の春日神社
Rimg2137w800ラッパイチョウ
Rimg2136w800ラッパ状の葉が付くとのことだが、どこにあるかな
Rimg2139w800

今回の目標は、御杖役場までだったが、戻りのバスが2時間に1本しかないので、途中で引き返すことにした。

桃俣まで戻り、桃俣から曽爾村掛に向かう。

前方に姿を変える鎧岳
Rimg2150w800
Rimg2151w800


バスで榛原に、近鉄で八木に戻り、いつもの店で反省会。

フォトアルバム

|

« キンモクセイ開花 | トップページ | 日本最古の瓦の語ること »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« キンモクセイ開花 | トップページ | 日本最古の瓦の語ること »