« 奈良検定 来春はパス | トップページ | 福住~蔵輪寺 散策 »

2007年10月31日 (水)

生駒 鳴川峠~十三峠 散策

なら歩楽歩楽会 シニア7名で、生駒連山を、元山上口駅起点に、鳴川峠~十三峠~平群駅と散策しました。

近鉄生駒駅で集合、元山上駅まで生駒連山を間近に見ながら単線の近鉄生駒線のワンマンカーに乗ります。
いつも離れたところから見ているなだらかな生駒連山が、間近で、車窓から眺めると、意外に起伏があり、刻々と形状を変えていきます。

元山上口駅で下車し、竜田川を渡り、緩やかな坂を登っていきます。

元山上口駅
Rimg2370w800道標
Rimg2375w800竜田川
Rimg2373w800

竜田川支流の櫟原川沿いにしばらく登ると、右手に生駒山口神社があります。
素戔鳴命と櫛稲田姫命の夫婦を祀る延喜式の古社です。

生駒山口神社
Rimg2385w800境内
Rimg2384w800本殿
Rimg2377w800

神前橋を渡り20mほど先の分岐を右側に上っていくのですが、近鉄てくてくまっぷによると、その手前に「首なしのお地蔵さん」と記されている。付近を捜してみたのですが、それらしきものには気づきませんでした。
道標に従い、農道を進み、山道を登っていきます。
我々はまだ登り始めたばかりなのですが、はや鳴川峠から降りてくるパーティに何組かすれちがいます。

前方頭上にコンクリート大橋
Rimg2402w800日当たりの良い斜面に
Rimg2403w800ヒルガオの仲間
Rimg2405w800

頭上かなたのコンクリート大橋の下をくぐり、谷川沿いに進むと、清滝石仏群です。
左手の大岩に八尺地蔵が線彫され、その先に、貝ぶき地蔵があります。
太鼓橋を渡った対岸の岩の上方に五智如来像。
ほら吹き地蔵とはらみ地蔵は判りませんでした。

このあたり清滝石仏群
Rimg2411w800八尺地蔵
Rimg2407w800貝吹地蔵
Rimg2412w800

太鼓橋を渡ったところに
Rimg2413w800五智如来
Rimg2414w800車道に出たところに
ゆるぎ地蔵祠
Rimg2416w800

民家の間の狭い道をすり抜け車道に出たところに、ゆるぎ地蔵祠。
千光寺はすぐです。

元山上鳴川山千光寺
Rimg2422w800境内案内図
Rimg2419w800


千光寺の写経所前のベンチで休憩、昼食。
千光寺境内はかなり奥深いようです。参拝せず、先に進みます。

てくてくまっぷには、鳴川峠近くの山道は、「ブッシュの中をゆく」とか「道悪い!足元注意」とあるが、ブッシュは無く、急坂ではあったが、それほどの悪路でなく、鳴川峠にたどり着きました。

鳴川峠
Rimg2430w800海抜450mです
Rimg2434w800峠の首切り地蔵
Rimg2431w800

鳴川峠から生駒縦走コースを十三峠に向かいます。
樹木に覆われた尾根道です。けっこう起伏があります。

山道脇にアザミ
Rimg2438w800サザンカが咲いていました
Rimg2450w800シロダモの赤い実
Rimg2470w800

展望台からの展望
大阪平野
Rimg2440w800東大阪を見下ろす
Rimg2442w800大阪城はどこかな
Rimg2444w800

鐘の鳴る丘 海抜460m
Rimg2460w800幸せの鐘
Rimg2464w800立入り禁止の先端にも、相合傘付きの錠前がいっぱい取り付けられている

鐘の鳴る丘展望台からの展望
北 生駒山
Rimg2463w800東 奈良盆地 天理~橿原
Rimg2459w800南 信貴山
後方 二上山~
葛城金剛連山
Rimg2465w800

十三峠の13塚の説明
Rimg2472w800


十三峠からは「てくてくまっぷ」はありません。
車道を下ります。

道沿いに白花の樹木
尾根で赤い実をつけていた樹木と同種
シロダモ
Rimg2474w800赤い実 ウメモドキ
Rimg2478w800白い実 スズメウリ
Rimg2493w800

地図に載っていない分岐で迷いましたが、右曲がりが主道と見られたので、右曲がりしました。
大きな蛇行。下に見える道へ直行しようと試みたのですが、急坂に阻まれ、ショートカットできませんでした。
蛇行路を下りたところに杵築神社があります。
左からの道があったので、先ほどの分岐の左道が近道でここに通じていたのかもしれません。

杵築神社 右建物は観音堂
Rimg2484w800覆いに覆われた本殿
Rimg2483w800由緒
Rimg2482w800

観音堂
深沙大将尊像と観音坐像
Rimg2487s800
Rimg2488w800深沙大将尊像
像高約2m 寄木造
南北朝~室町初期作と推定


福貴畑集落センターの手前で直進か右折れか迷いました。
車で通りがかりの地元の方に、直進のほうが近道だと聞き、直進することにしました。
道は左に大きく曲がり、時計回りで平群駅に着きました。
右折れの道は、反時計回りで、平群駅のすこし手前で、時計回りの道に合流します。

平群駅から生駒駅に戻り、駅前ビルの飲食店で反省会。

ドアtoドアで2万7千歩。
最近あまり歩いていないので、さすがに疲れた。

|

« 奈良検定 来春はパス | トップページ | 福住~蔵輪寺 散策 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 奈良検定 来春はパス | トップページ | 福住~蔵輪寺 散策 »