« ならやまの史跡 | トップページ | 遺跡はなぜ埋まるのか »

2007年11月16日 (金)

葛城の道 散策

飛鳥里山クラブ歴史サークルで、葛城の道を、風の森から近鉄御所駅まで散策しました。

風の森神社、高嶋神社、高天彦神社、橋本院、極楽寺、長柄集落・中村邸、長柄神社、一言主神社を訪ねました。
一言主神社で歴史探訪会は終了、解散しましたが、ほぼ全員、三々五々と田舎道を御所駅まで戻りました。

近鉄尺土駅で御所行きに乗換えです。
尺土駅ホームから二上山が間近に見えます。
Rimg2622w800


近鉄御所駅集合。風の森まで奈良交通バス 440円。
風の森バス停の近くの丘の上に風の森神社があります。
祭神志那都比古神(しなつひこのかみ)は、古事記では、神産みにおいてイザナギとイザナミの間に生まれた神であり、風の神様です。

風の森神社 小さな祠がポツンとあるだけ
Rimg2625w800説明
Rimg2624w800葛城は、日本の水稲栽培の発祥の地
風の神は、五穀の実りを、風水害から守る農業神です


高鴨神社に向かいます。

前方 高天彦神社のご神体の白雲峯
Rimg2631w800


高鴨神社
Rimg2634w800参道
Rimg2635w800鳥居
Rimg2645w800

拝殿
Rimg2636w800紅葉が見頃でした
Rimg2644w800本殿 流造り
Rimg2649w800


しばらく車道を歩きます。
奈良盆地が展望されます。

畝傍山 その後ろに耳成山
Rimg2655w800


道標に従い、車道を右折、坂道を登ります。やがて急な山道になります。
登りきったところ、高天彦神社の近くに蜘蛛塚、鶯宿梅があります。

蜘蛛塚
Rimg2658w800鶯宿梅
Rimg2661w800鶯宿梅説明
Rimg2660w800
「初春の あした毎には 来れども あはでぞかへる もとのすみかに」(説明板 に が抜けている?)

高天彦神社
Rimg2662w800社殿
Rimg2666w800説明
Rimg2665w800

高天原
Rimg2670w800万葉歌碑
Rimg2669w800葛城の 高間の草野 早知りて
標刺さましを 今ぞ悔しき  作者未詳
巻7 1337


橋本院庭園で昼食、休憩。
桜、ミツマタ、アジサイなどの花木が植えてあります。
フユザクラが咲いていました。

フユザクラ
Rimg2673w800フユザクラの花
Rimg2671w800ミツマタの蕾
Rimg2677w800

橋本院から極楽寺に下ります。
極楽寺から長柄に向かいます。
長柄集落には、中村邸(重要文化財)があり、その少し先、右手が長柄神社です。

長柄神社
Rimg2708w800拝殿
Rimg2710w800本殿 春日造
Rimg2711w800

長柄の家並みを辿っていくと、突き当たり左に、一言主神社の鳥居があります。

一言主神社
一の鳥居
Rimg2715w800二の鳥居
Rimg2716w800社殿
Rimg2721w800

大銀杏
Rimg2720w800
Rimg2718w800

|

« ならやまの史跡 | トップページ | 遺跡はなぜ埋まるのか »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« ならやまの史跡 | トップページ | 遺跡はなぜ埋まるのか »