« 2007年12月 | トップページ | 2008年2月 »

2008年1月の9件の記事

2008年1月31日 (木)

花空間けいはんな シダレザクラ植樹

花空間けいはんなでのボランティアです。
午前中は、先日来の松林の間伐の続きです。
ソヨゴなどの雑木を伐採。

Rimg3546w800
Rimg3547w800


昼からは、園内にシダレザクラを植樹しました。
Rimg3549w800
Rimg3552w800

| | コメント (0)

2008年1月24日 (木)

冬のアスカ ロウバイを求めて

飛鳥里山クラブ野外サークルの1月例会に参加しました。
木曜日は、花空間けいはんなでのボランティアなのですが、今年は、木曜日にも月1回程度は、飛鳥の行事に参加してみようと、参加してみました。

雨は昨日のうちに止み天気は回復に向かっていたのですが、飛鳥周辺では朝までみぞれだったそうで、そのためか、参加者は12名。
公園館を出発し、中尾山から朝風峠に向かい、農業用水路沿いの小路を辿り、ロウバイ畑のロウバイを鑑賞、稲渕から、吹雪の中、石舞台に戻り、レストラン明日香夢市で昼食。昼食後、車で来たメンバーと別れ、八釣のロウバイを鑑賞、橿原神宮前駅に戻りました。


中尾山古墳は工事中
Rimg3511w800古くなった柵の交換工事です

朝風峠からの展望
手前 貝吹山 畝傍山   後方 葛城山系 二上山 生駒山系
Rimg3512wide

朝風峠を稲渕側にすこし下ったところに農業用水路があります。
飛鳥川上流の飛鳥川上坐宇須多岐比売命神社あたりから引かれており、このあたりの棚田を潤している水路です。
2007/01/18飛鳥里山クラブ 風土地理講座

水路沿いの小路を辿ります
Rimg3513w800ジャンボ案山子を見下ろし、進むと
Rimg3516w800ロウバイ畑です!
Rimg3517w800
ロウバイ科ロウバイ
実もついています
Rimg3521w800
Rimg3518w800花 接写
Rimg3519w800
(なお、このブログの写真の殆んどは、クリックで拡大表示します)

水路は、ところどころで川側へ水を分岐、棚田を潤します。
山側は、手入れされていない竹林や雑木林。
飛鳥川上流の飛鳥川上坐宇須多岐比売命神社あたりの取水口まで路は続いているそうですが、今日は、稲渕の雄綱の少し先の「棚田憩いの館」のところに下り立ちました。

水路沿いの道から雄綱を見下ろす
Rimg3523w800稲渕に下り、橋の上から見る雄綱
Rimg3526w800周辺観光地図
Rimg3528w800

晴れたり曇ったり、ときどき小雪が舞う天気でしたが、石舞台に向かう途中、急に蔭げり、吹雪になりました。

稲渕棚田冬景色 まだ雪は降っていません
Rimg3529w800吹雪の稲渕
Rimg3530w800何枚か写真を撮ったのですが、吹雪を撮るのはむずかしい

石舞台のレストラン明日香夢市で昼食。
吹雪は治まり、晴れてきましたが、温まった後の散策は寒さが更に厳しく感じます。
公園館に車を置いているメンバーと別れ、八釣に向かいます。
ロウバイが各所に咲いています。

先月、歴史サークルで訪ねた弘計皇子神社(伝 近飛鳥八釣宮跡)。
前回は、初めてのコースで、位置関係がよく分かりませんでしたが、今日、歩いて、ようやく位置関係が把握できました。
2007/12/18甘樫丘北周辺地区を訪ねて

弘計皇子神社
Rimg3535w800神社の少し先、左小山の上に
石碑と神社  これは何だろう
Rimg3537w800Rimg3536w800


橿原神宮前駅に戻りました。
石川池(剣池)には、カワウやカモたちが泳いでいました。

逆光でよく分からないが、
ハシビロガモかな
Rimg3538s800


散策途中、飛鳥寺瓦窯跡(所在確認できなかったが)付近の道端に、たくさんのカイガラムシに寄生され、伐採されていた樹木。
1年枝が緑で、蕾?を付けている。
葉を折ると、ほのかな香り。
クロモジは落葉樹だったし、クスノキ科で常緑というと・・・
枝を持ち帰って、調べてみると、
ゲッケイジュかな
Rimg3545s800ゲッケイジュにしては、香りが弱い感じ
ゲッケイジュの枝は緑色だったかな

 

| | コメント (0)

2008年1月20日 (日)

ダイズの鞘取りと寒起こし

アグリロードうたひめの新年初作業です。
収穫し乾燥させていたダイズの鞘取りです。
虫付きの莢が多く、枝を叩いても、莢からダイズが落ちてきません。
枝から莢を取り外し、莢を各自持ち帰って、ダイズを取り出すことにしました。
今年は不作。
ダイズ作りし始めて数年、ここにはおいしい餌があるよと、虫たちが住み着いてしまったようです。
また、昨夏の猛暑と乾燥も影響しているようです。
夏場の水遣りと消毒の回数・タイミングを考えていかなければなりません。
並行して、ジャガイモ植付用の畝の寒起こし。

作業後、リーダーの家に料理を持ち寄り新年会です。
ダイズ輪作で空いた畝を、各自、葉野菜などの栽培に利用していこう、ネットを利用して育成状況を写真でメンバーに通知するようにしよう、など、話し合われました。

| | コメント (0)

2008年1月17日 (木)

花空間けいはんな 枯松の除去

花空間けいはんなでのボランティアです。

Rimg3503w800先週に引き続き、駐車場奥の松林の枯れた松の除去と間引き伐採です。
斜面で作業しにくい。
昼間ちょっと小雪がぱらつきました。

敷地内の枯れ松を除去すると、隣地の枯れた松の大木が目立つようになりました。
フェンスの向こうなので、無許可で伐採するわけに行かないし、しかし、マツクイムシにはフェンスは関係ないのだから、困ったことです。

| | コメント (0)

2008年1月15日 (火)

炭の取り出し & 炭焼き火入れ

飛鳥里山クラブの炭焼きです。
昨年、甘樫丘の豊浦休憩所近くに炭焼窯を築き、1月と3月に炭焼きが行われました。
今日は、昨年3月の炭の取り出しと、今年最初の炭焼きです。
昨年1月炭焼窯着工

10時少し前に甘樫丘に到着。
すでに窯は開封され、炭の取出しが始まっていました。
1人が釜の中に入り、1本ずつ手渡しで取り出していく。
窯中の隙間が広がると、2人で入り、砕けた炭などを箕に入れて、手渡しで外に出し、選別。
取り出し作業の終盤近くで、中に入れてもらいましたが、けっこう広い感じ。

菊炭
Rimg3455w800上から写す
Rimg3451w800断面 接写
Rimg3453w800

ハスの実や松かさなどの炭もできていました。
金属ケースに、松かさやハスの実を籾殻で覆って入れておいたそうです。

花炭
Rimg3448w800ハスの実の炭
Rimg3461w800松かさの炭
Rimg3463s800


続きを読む "炭の取り出し & 炭焼き火入れ"

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2008年1月12日 (土)

中ツ道から下ツ道を行く

大和路散策の会の1月例会「中ツ道から下ツ道を行く」です。
天理駅に集合、首切り地蔵→中ツ道→南六条杵築神社→下ツ道(二階堂地蔵堂、こも池)を散策しました。
散会後、二階堂駅で皆と別れ、菅田神社、筒井順慶墓に寄り、平端駅から帰りました。

天理駅から西に向かうと、地蔵前交差点の角に首切り地蔵が安置されています。

地蔵前交差点の地蔵祠
Rimg3356w800首切り地蔵
Rimg3355w800
雨のため見えませんでしたが、東方に龍王山があります。
中世、龍王山に十市(といち)氏の城がありました。
永禄11年(1568)、松永弾正に攻められ落城します。
龍王山城落城にまつわる伝説を聴きました。

続きを読む "中ツ道から下ツ道を行く"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年1月 5日 (土)

佐紀路 散策

なら歩楽歩楽会の新年初の散策会です。
遠方からの参加者も含め9名で、西大寺駅から、秋篠寺→神功皇后陵→成務天皇陵→日葉酢媛命陵→釣殿神社→佐紀神社→隆光大僧正墓→平城宮跡→東院庭園→宇奈多理神社→法華寺→海龍王寺を巡りました。

西大寺は省略し、秋篠寺に直行。

秋篠寺
本堂(元講堂) 右前に
Rimg3286w800シナノキ科ボダイジュ 冬姿 翼付きの実
Rimg3283w800

続きを読む "佐紀路 散策"

| | コメント (0)

2008年1月 4日 (金)

初詣 秋篠寺

この数年、我が家の初詣は、秋篠寺です。
1日、2日は、それぞれの親を囲んでの新年の集まり。
3日は、孫の昼寝で出かけるタイミングを失し、今日4日、秋篠寺に出かけました。
少し離れた駐車場に車を止め、秋篠寺まで歩きます。
孫もしっかり歩けるようになりました。
道端に、ホトケノザの花。
テントウムシが這っていました。
参詣客は殆んどいません。
伎芸天をじっくり鑑賞。

| | コメント (0)

2008年1月 2日 (水)

トベラの実

太閤苑での新年会です。
宴のあと、庭園を散策しました。
はじめて見る赤い実。
トベラの蒴果は、熟すと、3つに裂け、赤い種子を出すんだ!

Rimg3261w800
Rimg3260w800

| | コメント (0)

« 2007年12月 | トップページ | 2008年2月 »