« 初詣 秋篠寺 | トップページ | 中ツ道から下ツ道を行く »

2008年1月 5日 (土)

佐紀路 散策

なら歩楽歩楽会の新年初の散策会です。
遠方からの参加者も含め9名で、西大寺駅から、秋篠寺→神功皇后陵→成務天皇陵→日葉酢媛命陵→釣殿神社→佐紀神社→隆光大僧正墓→平城宮跡→東院庭園→宇奈多理神社→法華寺→海龍王寺を巡りました。

西大寺は省略し、秋篠寺に直行。

秋篠寺
本堂(元講堂) 右前に
Rimg3286w800シナノキ科ボダイジュ 冬姿 翼付きの実
Rimg3283w800

境内
Rimg3275w800
金堂跡 コケが美しい
Rimg3276w800東塔跡礎石
Rimg3289w800

秋篠寺を詠う詩はたくさんあり、境内には、歌碑が3つあります。

会津八一 歌碑
Rimg3273w800川田順 歌碑
Rimg3279w800吉野秀雄 歌碑
Rimg3282w800

会津八一
あきしのの みてらをいでて かへりみる
 いこまがたけに ひはおちむとす

川田 順
諸々の み仏の中の 伎芸天
 何のえにしぞ われをみたまふ

吉野秀雄 会津八一の門弟 「鹿鳴集歌解」著 万葉集と良寛に傾倒
贅肉(あまりじし)なき肉置(ししおき)の 婀娜(たおやか)に
 み面(も)もみ腰も ただうつつなし


秋篠寺からは、迷路のような住宅地の道を道標に従って通り抜けます。
前回、逆コースで歩いたときは、平城駅から迷わずに秋篠寺にたどり着けましたが、今回は、途中で道標を見失ないました。多少「近鉄てくてくまっぷ」のコースを離れたかもしれませんが、すぐに、歴史の道に合流、神功皇后陵を経て、前回散策時にも利用した平城駅前のハーブ販売店兼喫茶店で昼食。

神功皇后陵
Rimg3290w800
Rimg3291w800

平城駅前から佐紀古墳群への抜け道も迷路状です。
古墳の森林を目指し、迷路を歩き、成務天皇陵の正面に出ました。
松の枯木は伐採されていました。
先日(11月17日)の写真
Rimg2746w800今日
Rimg3298w800

隣の日葉酢媛命陵には、アオサギが今日もいました。
Rimg3299s800堀の向こう、右の丸の中にアオサギがいます。
いつ通っても、アオサギがいる!
この堀の主なのかな


平城宮跡へ向かうと御前池があり、池の西側に、釣殿神社、佐紀神社、また、東側にも佐紀神社があります。
3神社とも、新年祭の跡なのか、境内にたくさんの小さな土盛りがあり、狛犬や灯籠などには注連縄が巻かれていました。

釣殿神社
Rimg3302w800狛犬
Rimg3301w800新年祭の跡なのか、境内に土盛りがあり、狛犬には注連縄が巻かれていました

佐紀神社(西畑) 鳥居前に門松
Rimg3305w800拝殿
Rimg3304w800東の佐紀神社(亀畑)が元社で、西の佐紀神社(西畑)は後世に分祀された社だといわれているようです

佐紀神社(亀畑) 鳥居にサカキが付けてありました 
Rimg3313w800拝殿
Rimg3314w800本殿
Rimg3315w800

佐紀神社は、東側の佐紀神社(亀畑)の由緒書きによると、天武天皇御宇白鳳3年の鎮祀の式内社で、超昇寺の鎮守社だったそうです。

佐紀神社(亀畑)の前、佐紀幼稚園の裏に、江戸時代に大和の社寺修復につくした隆光大僧正の墓があります。
明治維新後廃絶した超昇寺の名残です。
墓域には、センダンの実が散らばっていました。

道沿いの説明板
Rimg3316w800隆光大僧正の墓は
Rimg3318w800これかな
Rimg3319w800

平城京跡では、子供たちが凧揚げをしていました。
Rimg3323w800

「発掘調査中」
Rimg3324w800平城宮跡では、いつもどこかで発掘調査している!
後方に、若草山

東院庭園
Rimg3327w800

東院庭園の北隣に宇奈多理坐高御魂神社(うなたりにいますたかみむすびじんじゃ)があります。
延喜式内大社菟名足神社とみられており、明治維新の神仏分離までは法華寺の鎮守社だったそうです。
Rimg3330w800祭神は、
高皇産霊神(たかみむすびのかみ)
太玉神(ふとたまのかみ)
思兼神(おもいかねのかみ)

→とんでもトラベル http://www3.kcn.ne.jp/~mamama/
  > 宇奈多理坐高御魂神社

法華寺はすぐ近くです。

法華寺
Rimg3331w800本堂
Rimg3335w800ここにもボダイジュ
Rimg3337w800

会津八一 歌碑
Rimg3332w800 ふぢはら の
 おほき きさき を
 うつしみ に
 あひみる ごとく
 あかき くちびる


万葉歌碑
Rimg3334w800 いにしへの
 古き堤は
 年ふかみ
 池の渚に
 水草生えにけり
   山部赤人 巻3-378

いつもは素通りの海龍王寺ですが、今回は、本尊十一面観音像及び国宝五重小塔を拝観しました。

海龍王寺
Rimg3352w800境内
Rimg3348w800本堂
Rimg3343w800


西金堂
Rimg3342w800国宝五重小塔
Rimg3341w800Rimg3339v800

会津八一 歌碑
Rimg3345w800 しぐれ の あめ
 いたく な ふり そ
 こんどう の
 はしら の まそほ
 かべ に ながれむ

海龍王寺前から近鉄奈良駅までバスに乗り、東向き商店街のいつもの店で反省会。


|

« 初詣 秋篠寺 | トップページ | 中ツ道から下ツ道を行く »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 初詣 秋篠寺 | トップページ | 中ツ道から下ツ道を行く »