« 飛鳥 早春の花めぐり | トップページ | 庭の花たち »

2008年3月29日 (土)

甘樫丘東麓遺跡説明会

飛鳥歴史公園のイベント「早春の花めぐり」に参加しました。
甘樫丘東麓で、蘇我邸跡とみられる遺跡の説明会が行われていました。
昼食休憩時に、奈良文化研究所研究員の説明を聴き遺跡を見学しました。

発掘現場 説明会風景
Rimg4234w800
Rimg4233w800遺構平面図
Rimg4219w800

発掘調査
柱や溝の切込みから、建物等がすくなくとも3回建替えられたことが分かりました
Rimg4225w800
Rimg4226w800
Rimg4227w800

出土土器
多量の土器が出土し、7世紀のものと判明しました
Rimg4228w800
Rimg4229w800

今回の調査で、最初の建物群は7世紀中頃には廃絶していることが判明し、それらが蘇我氏の邸宅とかかわる可能性が高まりました。

|

« 飛鳥 早春の花めぐり | トップページ | 庭の花たち »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 飛鳥 早春の花めぐり | トップページ | 庭の花たち »