« 2008年4月 | トップページ | 2008年6月 »

2008年5月の9件の記事

2008年5月29日 (木)

馬見古墳群探訪

なら歩楽歩楽会シニア5名で馬見丘陵を散策しました。

早朝、集中豪雨的な土砂降りの雨。
昼頃までには雨雲が通り過ぎるとの天気予報なので、「決行、状況によりコースは適宜変更」との幹事からの連絡。
家を出るころには、小雨となり、池部駅に降りたときには、雨はほとんど止んでいました。
まだ雨が降りだす虞れもあるので、馬見古墳群北群の大塚山古墳群探訪は、またの機会とし、途中雨宿りの休憩所などが期待できる馬見丘陵公園を散策することにしました。

池部駅を降り立つと、古い門があります。
町役場とあるので、寄ることにしました。
帰宅後、Webでみると、役場の門は河合八景の一つなんですね。
⇒河合町 > 河合八景 http://www.town.kawai.nara.jp/mytown/kawai-hakkei.html
樹木に覆われた坂道を登ると、・・・
木造の旧家もありましたが、町役場は、鉄筋コンクリート造。
ロビーに観光パンフレットは置いていませんでした。

役場を南側に出ると、馬見丘陵公園緑道入口です。
Rimg5068w800みどりのエントランス
Rimg5070w800なごみの道
早朝の豪雨で洗われた木の葉の緑がすがすがしい


豆山の郷に立寄りました。
Rimg5071w800いろいろな設備が整った総合福祉会館。
歩き始めたばかりですが、喫茶室でしばし団欒。
メンバー某氏、「老後は河合町移住もいいかも・・・」


緑道を散策していると、
馬見二ノ谷遺跡の説明板
Rimg5072w8002002年に発見された旧石器時代の遺跡です。二上山周辺で採れるサヌカイトを素材とする石器類が6500点ほど発掘されました。後期旧石器時代終わりに近い15~16千年前のものと推定されています。


雨上がりに、二上山雄岳が右前方に姿を現します。
緑道エリアと北エリアを結ぶ花笑み橋から
葛城山系~二上山を望む
Rimg5075wide

花の広場。
花壇のパンジーは終わり近くか、冴えない色。
駐車場周りのタイサンボクが花をつけていました。
Rimg5078w800モクレン科タイサンボク
Rimg5079w800白い大きな花
Rimg5080w800

車道を越えた東側に、今日最初の古墳、池上古墳です。
全長92mの帆立貝式古墳です。
出土した円墳埴輪の形から5世紀前半のものと考えられています。
周囲は遊歩道となっており、一周しました。
Rimg5086w800説明板
Rimg5082w800周囲を散策
Rimg5083w800

ネジキが咲いていました。
Rimg5085w800

中央エリアへの遊歩道の両側に、クサフジが咲いていました。
Rimg5090w800

中央エリアに入ると、2つ目の古墳、乙女山古墳です。
全長130m、わが国最大の帆立貝式古墳です。
出土埴輪等から、池上古墳同様、5世紀前半に造られたと推測されています。
Rimg5092w800説明板
Rimg5091w800

バラの休憩所で昼食。
雨が止み、晴れてきたので、散策する人もチラホラ。

バラの休憩所
後方に二上山雄岳
Rimg5094w800満開のバラ
Rimg5095w800Rimg5096w800

菖蒲園はこれからなのでしょうか。
3脚を据えたカメラマンが、ハナショウブの写真を撮っていました。
Rimg5097w800種類が多い!
Rimg5098w800

公園館の展示で、馬見古墳群の知識を仕入れ(すぐに忘れてしまうが・・・)、園内マップを貰います。
この公園のメイン、国史跡佐味田ナガレ山古墳に向かう途中の散策路沿いに、ロウバイが実をたわわにつけていました。
交差する青い実は、葉の特徴から、ミズキ科の樹木です。
道沿いに何本も植えられていました。
花が咲いていればすぐに判るのですが、たぶんサンシュユの赤くなる前の実なのでしょう。

ソシンボウバイの実
Rimg5103w800ミズキ科の青い実が交じる
Rimg5105w800たぶんサンシュユ
Rimg5106w800

佐味田ナガレ山古墳を目指します。
ナガレ山古墳は、全長105mの南向きの前方後円墳です。
5世紀前半頃の築造と推定されています。
昭和51年に国指定史跡となり、古墳の東側は、葺石と埴輪列が復元整備され、築造当初の姿が再現されています。

佐味田ナガレ山古墳
後円部分
Rimg5108w800前方部分の端から
Rimg5111w800前方部分の上から
Rimg5131w800

ナガレ山古墳円墳上からの展望
東方に三輪山                 西方に二上山   
Rimg5128w800Rimg5121w800

Rimg5121wide

一本松古墳と倉塚古墳はパスして、巣山古墳を観にいきます。
巣山古墳は、馬見古墳群最大級の全長220mの前方後円墳です。
勾玉、鏡、石製品などの出土品から、古墳時代前期末~中期初頭の築造と推定され、4世紀末の大王墓と考えられています。

公園南エリア案内図
Rimg5134w800巣山古墳
Rimg5137w800Rimg5136w800

馬見丘陵公園に隣接して竹取公園です。
近くに竹取翁由来の讃岐神社があり、このあたりが、竹取物語の舞台ではないかといわれています。

竹取公園入口
Rimg5138s800竹取物語
Rimg5140w800

竹取公園を通り抜けると、広陵町立図書館の前方に、新木山(にきやま)古墳三吉(みつよし)石塚古墳があります。
新木山古墳は、巣山古墳とともに馬見古墳群の中核をなす全長約200mの前方後円墳です。
三吉陵墓参考地とされており、立入り禁止となっています。
出土品は宮内庁で保管。
資料乏しいけれども、古墳時代中期(5世紀前半)の築造と考えられています。
そのすぐ西に、全長45mの帆立貝式古墳の石塚古墳があります。
5世紀後半の築造と考えられています。
県史跡に指定され、復元整備されています。
このあたりまで来ると、雄岳に隠れていた雌岳が姿を見せるようになります。

三吉石塚古墳
Rimg5147w800石塚古墳円墳上から二上山を望む
Rimg5148w800石塚古墳円墳上から
新木山古墳
Rimg5150w800

西方1.2kmに牧野(ばくや)古墳があるのですが、通りがかりのバス停に五位堂駅行きのバスが止まっていたので、散策を打ち切り、バスで五位堂駅に戻ることにしました。

八木駅前の行きつけの「天まで上がれ」で反省会。

参考
⇒川合町文化財  ナガレ山古墳、乙女山古墳出土品
http://www.town.kawai.nara.jp/mytown/data/mite8.pdf


| | コメント (0)

2008年5月24日 (土)

飛鳥 花めぐり

飛鳥散歩「心のふるさと 飛鳥の花めぐり」にスタッフとして参加しました。
雨模様で、昼からは降雨量4mmの予報ですが、キトラ古墳壁画公開記念イベントなので、小雨決行です。
当日キャンセルもあったようで、一般参加者は14名ほど。
公園館から飛鳥資料館まで、木や虫や野の花を見ながらの散策です。
途中、雨が降ったり止んだりの天候でしたが、終着地まで本降りにはならず、自然観察会は無事終了。
参加者に飛鳥資料館の入場招待券を渡して解散しました。
キトラ古墳壁画展示への待ち時間は175分と掲示されていました。

あすかひめとたいしくん  公園館前
Rimg5035w800

満開のサラサウツギを説明  公園館裏
Rimg5036s800

ノアザミ  もっと赤っぽかったが・・・
Rimg5042w800桑の実
Rimg5041w800ロウバイの実
Rimg5053w800

甘樫丘の手前のピラカンサに、オオミノガのミノムシがいました。
外来種の寄生バエのため一時期オオミノガは激減しましたが、徐々に回復しつつあるようです。
チャミノガのミノムシもいました。

オオミノガ(左手前) チャミノガ(右後方)
Rimg5047w800オオミノガ
Rimg5048w800こっちにもいる
Rimg5045w800

⇒昆虫エクスプローラ http://www.insects.jp/> オオミノガ

みどりの野原 http://blog.goo.ne.jp/midorinohara> 5月22日 公園館から飛鳥資料館まで下見で歩く / 5月24日「 「飛鳥の花めぐり」 イベント本番

| | コメント (0)

2008年5月23日 (金)

奈良大学 会津八一書簡展

奈良大学図書館は、一昨年、会津八一の東大寺観音院上司海雲宛書簡124通を購入しました。
会津八一の奈良への初旅が明治41年(1908年)8月で、今年が八一の奈良初来訪百周年に当たることでもあり、奈良大学では、新潟の会津八一記念館の協力を得て、図書館所蔵書簡を中心に、「会津八一書簡展 -奈良を学び 奈良を詠うー 」を、7月21日まで、構内の博物館で開催しています。
観に行ってきました。
書簡のほかにも、八一の詩集や色紙などが展示されています。
歌の色紙は、見知っている歌でもあり、私でもなんとか判読できます。
書簡は達筆で殆んど、読めませんが、すべての展示品に、タイプの読みや解説が付いています。
八一の奈良県下の歌碑の写真と一覧表がありました。
歌碑所在の寺院には、ほとんど行ったことがありますが、歌碑15基のうち、まだ7基しか現認していません。
気づかずに傍らを素通りしていたようです。

奈良大学博物館 http://www.nara-u.ac.jp/museum/


| | コメント (0)

2008年5月22日 (木)

花空間けいはんな スモークツリー ユリノキ

花空間けいはんなでのボランティアです。
花期の終わったツバキの剪定作業を手伝いました。
チャドクガがいないか注意して、まず枯枝、内枝、逆枝を取払い、すべての枝葉の日当たりと風通しを良くします。
我が家の庭のツバキにはチャドクガの幼虫が生まれ、見つけ次第、枝葉ごとビニール袋に入れて処分していますが、ここでは、チャドクガの幼虫はまだ生まれていませんでした。

スイレン池の傍のスモークツリーが咲いていました。
小さな花の集まりで、花の跡が全体としてスモーク状になります。

ウルシ科ハグマノキ(スモークツリー)  ⇒2007年5月31日記事
Rimg5020w800小さな花です
Rimg5024w800

広場のユリノキ(チューリップツリー)には花が咲いていました。
家の近くにユリノキ並木があるのですが、街路樹のユリノキは秋口に枝葉が切り払われるので、花をつけません。
ユリノキの花を見るのは初めてです。

モクレン科ユリノキ
和名ユリノキより、英名のチューリップツリーの方が似合っている
Rimg5025s800

| | コメント (0)

2008年5月20日 (火)

甘樫丘 ~ キトラ展

前夜の雨は早朝には止んでいました。
飛鳥に出かけました。
今日は、飛鳥里山クラブ森づくり隊の定例作業日です。
甘樫丘豊浦休憩所には10時半ごろに着きました。
森づくり隊の面々はすでに作業に出かけてしまったようです。
展望台に登り、展望していると、中腹から、草刈機の機械音が聞こえてきました。

甘樫丘展望台からの展望
畝傍山          耳成山         天香具山
Rimg5012w800Rimg5013w800Rimg5015w800

飛鳥座神社 ~ 飛鳥寺   山腹に キリの花
Rimg5014w800


森づくり隊の面々と合流でき、遊歩道沿いの樹木剪定を手伝いました。
昼からは、炭焼き小屋周辺の整備です。

ヤマボウシ 満開でした   甘樫丘 登口
Rimg5016s800


甘樫丘での作業終了後、飛鳥資料館にキトラ展を観にいきました。
平日の3時過ぎなら空いているとの新聞報道でしたが、45分待ちの掲示。
館外に並んでいる人はいません。
館内のキトラ古墳壁画展示室への列もそれほど長くありません。
夕刻近いので列が伸びることもないだろうと、一般展示を先に観ることにしました。
何度か資料館に来ていますが、一般展示室をじっくり見たのは初めてです。けっこう見応えがありました。
キトラ古墳壁画展示室への列に並び、展示室内でも待たされて、子丑寅の壁画展示を観るまでに、やはり、45分ほどかかりました。
主催者側には、入館時に番号札を渡し、順番時間まで一般展示を鑑賞して貰うようにするなど、待っている時間の有効利用策を検討してもらいたいものです。

| | コメント (0)

2008年5月18日 (日)

飛鳥から藤原、平城京へ

平城宮跡サロンの平城宮跡歴史文化講座を聴きに行きました。
今年度講演会の年次共通テーマは「古代都城の遷都を考える ~飛鳥・藤原京、長岡京、平安京への遷都の謎を探る~」です。
今年度初回(前年度より5回目)の講演会は、奈良大学寺崎保広先生の「飛鳥から藤原、平城京へ」です。

この講演会は定員約200名で、事前申込制です。
Eメールで参加を申し込みました。
昨年も、Eメールで申し込んだのですが、当日行くと参加登録されておらず、空席があったので、その場で参加申込の当日参加となりました。
今回は、Eメール申込に対しEメールで受付の返信があり、参加名簿に登録されていました。
座席は、ほぼ満杯でしたが、当日申込・参加の方も若干名いたようです。

「宮」とは、御屋(御宅)で、元来は「神の住まい」。
飛鳥時代までは、大王の代替わりごとの宮を遷っていた。
大王の住まいだけなので、容易に遷宮できた。
死の穢れを避けるためとか、代替わりを明示させるためだとか説明されている。

天皇中心の律令制度により、宮の周りに官人が集うようになる。
藤原宮は、初めて都城を伴う恒久の宮として造営された。

708年 平城遷都の詔(続日本紀巻第四元明天皇和銅元年2月)
710年 平城に遷都、左大臣石上麻呂を留守とする

藤原宮から平城宮へ、遷都を巡る諸説の説明がなされました。
遷都は、いろいろな要因の複合で実施されたのでしょうが、704年遣唐使帰国により、長安城をモデルにした都造りをしたとの理由が有力のようです。

次回講演会は、
平成20年9月20日(土)
演題 平城京から長岡・平安京へ
講師 奈良女子大学 舘野和己先生
次々回は、
平成21年1月25日(日)
演題 聖武天皇の相次ぐ遷都
    ~恭仁京、紫香楽宮、難波宮遷都はなぜ~

講師 滋賀大学名誉教授小笠原好彦先生
の予定です。

平城宮サポートネットワーク(天平のひろば) http://heijyonet.org/index.html

| | コメント (0)

2008年5月11日 (日)

アサザ開花 子メダカ誕生

メダカのプランター水槽のアサザが、開花しました。
去年の初開花は6月22日、今年はずいぶん早い開花です。

Rimg4994w800

メダカが卵を産み始めたので、今年は、子育てをしようと、5月2日に、メダカ3匹を網ですくって、卵20個ほどを採取、別容器に入れておいたところ、数匹の子メダカが泳いでいました。
網ですくって卵を採るのは面倒だし親メダカにも負担を掛けるので、親メダカを、別のプランター水槽に移し、水槽にたぶん産み付けられている卵の孵化を待つことにしました。

| | コメント (0)

2008年5月 8日 (木)

花空間けいはんな スイレン、メイフラワー

スイレン池
数株ですが、早くも花が咲いていました。

Rimg4946w800
Rimg4948w800
Rimg4949w800

花木園では、5月の花、メイフラワー、サンザシが花盛り。
ハナムグリが群がっていました。

バラ科 サンザシ
Rimg4951w800ハナムグリ
Rimg4952w800クロハナムグリ
Rimg4954w800

| | コメント (0)

2008年5月 3日 (土)

平城遷都祭

平城宮跡で平城遷都祭です。
自転車で、ちょっと覗いてきました。
レンタサイクルもありましたが、会場内の移動には、自転車が便利でした。

会場が広いので、閑散としているように見えますが、参加者はけっこう多いようです。

Heijoukyu

朱雀エリア、奈良のうまいもん・こだわりもん展には、たくさんの出店がありました。
話題の「せんとくん」は、1300年記念事業協会のブースの前に写真のみ。
Rimg4869w800
Rimg4872w800
Rimg4871w800

10時半からパレードです。
面をつけた人や、平城朝風?に着飾った人々のパレードが続きます。
Rimg4880w800
Rimg4882w800
Rimg4883w800

快晴で、日差しが強いので、パレード終了後、早々と引き上げました。


| | コメント (0)

« 2008年4月 | トップページ | 2008年6月 »