« アスカ 歴史サークル7月例会 | トップページ | 高野山 »

2008年7月19日 (土)

石見~但馬 三宅の原 散策

大和路散策の会の7月例会です。
近鉄石見駅から但馬駅まで、三宅の原を散策しました。

石見駅集合。
暑さ厳しい時季なのに、参加者多数。

三宅町には、石見、三河、但馬の国号が地名として残っています。

石見集落は、集落防衛のため、道が、行き止まりやL字型やT字型などとなっています。
石見集落の稲名寺、鏡作神社を拝観しました。

稲名寺
浄土宗
本尊 阿弥陀如来坐像、左右に観音、勢至の両脇侍
Rimg5848w800本堂
Rimg5851w800本堂内
Rimg5850w800

鏡作神社
Rimg5854w800鳥居 拝殿
Rimg5855w800本殿
Rimg5858w800

本殿は、春日造3棟。
主祭神は、この地に居住した鏡の鋳造を業とした鏡作部の氏神石凝姥命(いしこりどめのみこと)ですが、他の2神は誰だろう?
この神社からは、冬至の日に三輪山頂上から朝日が出て、二上山鞍部に夕日が沈みます。
鏡作神社は、三宅町から田原本町にかけて、いくつかあり、田原本町八尾の鏡作坐天照御魂神社が本社といわれていますが、石見の鏡作神社こそが本社でなかったかという説もあるそうです。

⇒神奈備にようこそ http://kamnavi.jp/index.htm > 物部氏ホームページ > 物部氏ゆかりの神社を訪ねて > 石見鏡作神社 http://kamnavi.jp/mn/nara/iwamika.htm
⇒ZOUのイメージ歴史館 >http://www1.kcn.ne.jp/~ganes-z/image/index.html > おとぼけた神社情報室 > 鏡作神社(石見) http://www1.kcn.ne.jp/~ganes-z/image/kagami-iwami.html 

石見駅に戻り、近鉄を横切り、屏風の杵築神社に向かいます。
炎天下、木蔭のない田圃道を半時間。
裏側から杵築神社に入ります。
杵築神社でしばし休憩。

屏風の杵築神社
Rimg5866w800拝殿
Rimg5865w800本殿
Rimg5864w800

神社前の道が、聖徳太子が斑鳩宮から小墾田宮に通ったといわれる太子道です。
このあたりの太子道は、昨年7月に散策したところです。
2007/7/11 太子道 散策

太子道沿いには、聖徳太子ゆかりの伝承が残っています。

杵築神社境内
屏風の清水
聖徳太子が弓を地に打つと冷水が湧き出たと伝わる湧き水
Rimg5863w800白山神社境内
駒つなぎの柳 聖徳太子が馬をつないだ
Rimg5867w800参照 昨年7月撮影
Rimg1464w800

太子道を行く
Rimg5873w800由緒ありそうな大樹
Rimg5871w800神木?
説明標示なし
Rimg5874w800

伴堂(ともんど)杵築神社
Rimg5875w800
Rimg5876w800
Rimg5878w800

融観寺で、本尊十一尊天徳如来像(平素は秘仏)および聖観音像を拝観しました。
寺の前には、33観音石仏があり、この石仏のお参りで、33観音巡りのご利益が得られるそうです。
明日が三宅町長選挙投票日とのことで、33観音石仏の前で、候補者が演説をしていました。

融観寺
融通念仏宗
Rimg5879w800境内 無縁塔
Rimg5881w800本堂
Rimg5883w800

融観寺前
33観音石仏
Rimg5884w800
Rimg5885w800Rimg5886w800

このまま太子道を進むと、黒田駅ですが、西に向かい、保健福祉施設あざさ苑のところで南折れし、飛鳥川の堤防を歩きます。

飛鳥川
船つき橋
Rimg5893w800上流           下流
Rimg5890w800Rimg5889w800

近鉄線を横切り、2つ目の橋で右折、但馬集落に入っていくと、またまた杵築神社です。

但馬杵築神社
Rimg5895w800拝殿
Rimg5899w800

石造十三重塔
鎌倉時代元応元年(1319)
三宅村で最も古い石造物
Rimg5901w800説明
Rimg5898w800塔身初軸4面に
金剛界4仏
Rimg5903w800

昼食休憩後、但馬駅に出て、解散。

ドアtoドアで、12千歩

|

« アスカ 歴史サークル7月例会 | トップページ | 高野山 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« アスカ 歴史サークル7月例会 | トップページ | 高野山 »