« 2008年7月 | トップページ | 2008年9月 »

2008年8月の3件の記事

2008年8月28日 (木)

花空間けいはんな ヒガンバナ

真夏も花空間けいはんなのボランティア活動は毎週木曜日に行なわれていますが、真夏の炎天下の作業には耐えられそうにないので、7月下旬から、休んでいました。
暑さ和らぎ、今日は、雨模様ながら、ネットで雨雲の予想を見ると昼過ぎまでは持ちそうなので、ひさしぶりに、花空間けいはんなに出かけました。
夏前に整備したところが、クズなどの雑草に覆われています。
展望台への道周りの草刈りを手伝いました。
クズにすっぽり覆われていたニシキギが姿を現します。
秋には紅葉が映えることでしょう。

蓮池の周りでは、はやくもヒガンバナが花芽を出し蕾を膨らましていました。
ここは、例年、春は遅く、秋は早いのですが、それにしても、今年はちょっと早すぎるようです。

最後のハス花1輪
Rimg6094w800ヒガンバナの花芽の芽生え
Rimg6093w800つぼみ膨らむ
Rimg6091w800

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年8月24日 (日)

京丹波~綾部 光明寺

今年も、造園訓練同窓のK氏の招待で、京丹波のK氏の別邸を訪ねました。
10時半過ぎに出発、今年は、京都縦貫自動車道(京都丹波道路)に乗らず、9号線を走り、1時過ぎにK氏宅に着きました。
すぐにバーベキューパーティです。
炉の周りにベンチが設置されていました。
年毎に手作りの設備が充実してきています。

家のエントランス
Rimg6060w800バーベキューパーティ
Rimg6049w800昨年 07/7/22

一昨年06/7/17


翌24日は、車を連ねて、綾部の光明寺に行きました。

光明寺は、綾部市の東方、上林の君尾山(582m)にある古刹で、寺伝によると、推古天皇七年(599)聖徳太子によって建立。のちに役小角がこの地で修行、平安時代延喜年中に、聖宝理源大師が真言の道場として再興。最盛時には山上から山麓にかけ72の僧坊があったとのことです。
その後、兵火で消失、現在は、鎌倉時代の仁王門(国宝)と江戸時代天保七年(1836)再建の本堂など数棟の堂宇が残る寂れた山寺です。
本尊は、千手観世音菩薩。33年に一日のみご開帳される秘仏だそうです。

時間があれば、山麓の駐車場に車を止め、参道を登り、仁王門から本堂へと参拝すべきだったのでしょうが、雨模様でもあり、本堂の真下まで車で登りました。
対向困難な狭い車道。
幸いというか、当然というか、登り下りとも対向車には出会いませんでした。

この階段を登ると
Rimg6064w800本堂
Rimg6066w800お堂 鐘堂
Rimg6069w800

寺伝 案内板
Rimg6063w800眼下に仁王門
Rimg6070w800降りていきました
Rimg6072w800

仁王門 正面から
Rimg6078w800仁王さん
Rimg6081w800Rimg6082w800

重要文化財?
Rimg6076w800昭和29年国宝指定
Rimg6077w800大正7年保存会記
Rimg6083w800

山麓のあやべ温泉「仁王の湯」に寄り、温泉に浸かり、昼食後、散会。

参照
→上林の宝 > 光明寺 仁王門
  http://www.ryokudo.net/takara/nioumon.html

→谷口松韻堂ブログ
  2007/10/11 光明寺-綾部 君尾山の密教寺院
  http://syoindo.noblog.net/blog/r/10431245.html

→上林の森から あやべ温泉
  http://www.ayabeonsen.com/index.htm

| | コメント (0)

2008年8月 6日 (水)

高野山

8月5日~6日、家族で高野山に行きました。
途中、葛城山麓公園で昼食休憩し、山上には、2時ごろに着きました。
金剛峯寺のすぐ近くの宿坊に、車と荷物を置き、奥の院まで散策。
晴れていた空が急に曇りだし、歩き始めてすぐに雨が降り出しました。
ひんやりと涼しい。

奥の院への道
両側には、戦国武将たちの五輪塔などが並んでいます
Rimg5952w800御廟橋
これより奥は「写真撮影禁止」
Rimg5956w800Rimg5954w800

雨はあがりました。

奥の院からの戻り
Rimg5960w800高野山の長い歴史から見れば比較的新しい墓地分譲地のようです


奥の院から中ノ橋駐車場に出て、タクシーで宿坊に戻りました。
4Km近くの散策でした。

宿坊蓮花院は、徳川家の菩提寺だそうです。
古い建て付けですが、襖絵や室内の飾り物は価値がありそう。

蓮花院
Rimg5945w800室内
Rimg5943w800

夕食した部屋の床の間
Rimg5964w800精進料理の夕食
Rimg5962w800


翌早朝、6時半から朝のお勤め。
義父の法要を頼んでいたので、参拝しました。
40分ほどの住職さん?のお経の後、本堂の仏像や位牌を間近で見せてもらいました。
仏殿の後ろ側に徳川家の位牌がずらりと並んでいます。
徳川家康は神なので、ずらりと並んだ位牌の中央に、神社があり、神像が安置されていました。

宿坊をチェックアウトし、車を境内にそのまま置かせてもらい、金剛峯寺~伽藍参拝です。

金剛峯寺
Rimg5968w800参道 山門
Rimg5969w800大主殿
Rimg5992w800

蟠龍庭
Rimg5988w800
Rimg5981w800
Rimg5980w800

伽藍
奥から大塔、大会堂、東塔
Rimg6000w800東塔
Rimg6003w800大会堂
Rimg6005w800

国宝 不動堂
Rimg6007w800金堂
Rimg6009w800大塔
Rimg6008v800

伽藍説明
Rimg6011w800

高野山案内図
Rimg6012w800

戻りがけに寄った大師教会内ギャラリーで、後藤扇松の扇絵展が開催されていました。
小さな扇を数十、数百とコラージュして一つの絵に仕上げる扇絵。
このような技法を始めて知り、このような絵を初めて見ました。

11時過ぎに高野山を後にし、途中、五条駅近くのレストランで昼食休憩し、帰りました。
途中、小雨がパラパラ。

夕方、畑に行くと、畑に置いておいた古バケツに雨水が満杯近くたまっていました。
このあたりは、これまでにない豪雨だったようです。

| | コメント (0)

« 2008年7月 | トップページ | 2008年9月 »