« 高野山 | トップページ | 花空間けいはんな ヒガンバナ »

2008年8月24日 (日)

京丹波~綾部 光明寺

今年も、造園訓練同窓のK氏の招待で、京丹波のK氏の別邸を訪ねました。
10時半過ぎに出発、今年は、京都縦貫自動車道(京都丹波道路)に乗らず、9号線を走り、1時過ぎにK氏宅に着きました。
すぐにバーベキューパーティです。
炉の周りにベンチが設置されていました。
年毎に手作りの設備が充実してきています。

家のエントランス
Rimg6060w800バーベキューパーティ
Rimg6049w800昨年 07/7/22

一昨年06/7/17


翌24日は、車を連ねて、綾部の光明寺に行きました。

光明寺は、綾部市の東方、上林の君尾山(582m)にある古刹で、寺伝によると、推古天皇七年(599)聖徳太子によって建立。のちに役小角がこの地で修行、平安時代延喜年中に、聖宝理源大師が真言の道場として再興。最盛時には山上から山麓にかけ72の僧坊があったとのことです。
その後、兵火で消失、現在は、鎌倉時代の仁王門(国宝)と江戸時代天保七年(1836)再建の本堂など数棟の堂宇が残る寂れた山寺です。
本尊は、千手観世音菩薩。33年に一日のみご開帳される秘仏だそうです。

時間があれば、山麓の駐車場に車を止め、参道を登り、仁王門から本堂へと参拝すべきだったのでしょうが、雨模様でもあり、本堂の真下まで車で登りました。
対向困難な狭い車道。
幸いというか、当然というか、登り下りとも対向車には出会いませんでした。

この階段を登ると
Rimg6064w800本堂
Rimg6066w800お堂 鐘堂
Rimg6069w800

寺伝 案内板
Rimg6063w800眼下に仁王門
Rimg6070w800降りていきました
Rimg6072w800

仁王門 正面から
Rimg6078w800仁王さん
Rimg6081w800Rimg6082w800

重要文化財?
Rimg6076w800昭和29年国宝指定
Rimg6077w800大正7年保存会記
Rimg6083w800

山麓のあやべ温泉「仁王の湯」に寄り、温泉に浸かり、昼食後、散会。

参照
→上林の宝 > 光明寺 仁王門
  http://www.ryokudo.net/takara/nioumon.html

→谷口松韻堂ブログ
  2007/10/11 光明寺-綾部 君尾山の密教寺院
  http://syoindo.noblog.net/blog/r/10431245.html

→上林の森から あやべ温泉
  http://www.ayabeonsen.com/index.htm

|

« 高野山 | トップページ | 花空間けいはんな ヒガンバナ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 高野山 | トップページ | 花空間けいはんな ヒガンバナ »