« まぼろしの邪馬台国 | トップページ | 高松塚 中尾山古墳 »

2008年11月 6日 (木)

西飛鳥~高取 散策

奈良歩楽歩楽会で、飛鳥駅から壺阪山駅まで西飛鳥の古墳群を探訪しました。
岩屋山古墳(国史跡)→牽午子塚古墳→益田岩船→真弓罐子塚古墳→マルコ山古墳→束明神古墳→岡宮天皇陵を巡り、高取の土佐街道を散策しました。

今年2月には、岩屋山古墳、牽牛子塚古墳、真弓鑵子塚古墳、マルコ山古墳の西飛鳥古墳群を巡り、その後、於美阿志神社・檜隈寺跡、キトラ古墳、呉津彦神社・栗原寺跡、弘福寺・川原寺跡を周りました。
2008/2/29 蕗の薹を求めて アスカ散策
今回は、益田岩舟に足を伸ばし、マルコ山古墳から束明神古墳、岡宮天皇陵を巡り、高取に出ることにしました。
岡宮天皇陵までのコースは、昨年4月に、飛鳥里山クラブで歩いたコースで、今日は、私が案内役です。


岩屋山古墳を観て、許世都比古命神社をでたところで、朝早く出てきたメンバーのため、「ことだま」で喫茶。

牽牛子塚古墳から白橿町に降り、小学校の先の益田岩船の説明板のところから山に登ると、巨石があります。
用途不詳です。

益田岩船
Rimg6839w800

山道を罐子塚古墳に向かいます。
今回も、中を見ることはできませんでした。

真弓罐子塚古墳
Rimg6843w800説明板を見るメンバー
Rimg6845w800立入り禁止
Rimg6846w800

櫛玉命神社に向かい、神社境内で昼食。
昼食後、マルコ山古墳に向かいます。

マルコ山古墳
Rimg6851w800

マルコ山古墳から先は、昨年4月に、飛鳥里山クラブの先輩の案内で辿っただけで、道の覚えはあやふやです。
道標はなく、なかなか束明神古墳への登り口が見当たらない。
道を聞こうにも、誰にも会わない。
気づかずに通り過ぎたのかなと気になりだしたところ、家先でおばさんがダイコンを洗っていました。
古墳への道を尋ねると、ちょうど、そこが、古墳への曲がり道でした。
直ぐ傍らに、束明神古墳への道標がありました。
100段の階段を登ると、神社があり、境内に束明神古墳があります。
草壁皇子の墓ではないかといわれています。

春日神社への階段
Rimg6865w800春日神社
Rimg6862w800束明神古墳
Rimg6861w800

高取方向に進みと、右側に岡宮天皇陵があります。
草壁皇子は、死後、岡宮天皇の追尊号を贈られており、宮内庁は、ここの古墳を「岡宮天皇陵」と治定しています。
地元の言い伝えでは、墓の上にあった神社本殿を横に立ち退かして、陵として整備したものとか。

岡宮天皇陵
Rimg6867w800盛上げられた墳丘
Rimg6870w800隣接の神社
Rimg6869w800


高取町役場
鳥ケ峰古戦場
Rimg6871w8001863年8月26日、天誅組は高取城を攻撃しましたが、高取城の反撃を受け、敗退しました。


すこし早く壺阪山駅に着いたので、土佐街道を散策しました。

土佐街道
Rimg6879w800池田邸屋敷跡
Rimg6874w800土佐の由来
Rimg6872w800


道沿いの草花たち
カンサイタンポポ
Rimg6832w800ワルナスビ 白と薄紫
Rimg6833w800シロヨメナ
Rimg6842w800

カラムシを食べつくすフクラスズメの幼虫
Rimg6848w800


八木に出て、いつもの店で反省会。
ドアtoドアで、21千歩。

|

« まぼろしの邪馬台国 | トップページ | 高松塚 中尾山古墳 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/74566/43051791

この記事へのトラックバック一覧です: 西飛鳥~高取 散策:

« まぼろしの邪馬台国 | トップページ | 高松塚 中尾山古墳 »