« 2008年12月 | トップページ | 2009年2月 »

2009年1月の8件の記事

2009年1月23日 (金)

大安寺 光仁会

1月23日は、光仁会(こうにんえ)がん封じ笹酒祭りです。
光仁会は、桓武天皇が文武百官を伴い、先帝光仁天皇の一周忌の齋会を大安寺で営まれたという『続日本紀』の故事により、毎年1月23日に大安寺で行われます。
新大宮駅から歩いて行きました。
大安寺近くは駐車場待ちの車で渋滞。
境内は混みあっていました。

Rimg7714w800
Rimg7715w800

初めてなので、よく分からないまま、500円で「ささ酒」用の竹のお猪口を受け取り、行列に並びます。
本堂の直前で待たされました。
本堂では先グループのお祓いがなされていました。
待つこと数分、本堂の最前列に座って、お祓いを受けることができました。
(後で知ったのですが、3千円~ で、がん封じのお祓いを受けた方には、「ささ酒」と柄付きのお猪口が贈られます。)

本堂の裏に周り、焚き火で温めた「ささ酒」を、着物姿のお嬢さんから、竹のお猪口に頂きます。
竹のお猪口を差し出せば、何回でもお替りできます。
酒の飲めない方には、「ささ水」も用意してありました。

青竹で酒を温め
Rimg7720w800青竹のお猪口に注ぎます
Rimg7716w800車運転者向けに
「ささ水」
Rimg7719w800

今日は、讃仰堂(宝物館)が開放されており、不空羂索観音立像、楊柳観音立像、聖観音立像、四天王像(持国天、増長天、広目天、多聞天)(いずれも天平時代、重要文化財)を間近で拝観できました。
大安寺宝物館で冊子「崇道天皇と大安寺」を貰いました。

大安寺の傍らに、御霊神社がありました。
祭神は、高龗命と善女龍王命。
大安寺宝物館で貰った冊子「崇道天皇と大安寺」によると、この神社は、「大安寺東院の位置よりみて、早良親王の御霊を祀る社であると考えられる」とのことです。

Rimg7725w800
Rimg7727w800
Rimg7726w800

杉山古墳の入口が空いていました。
中に入って、前方部の上に登り、周囲を展望しました。
この古墳は、大安寺の境内の片隅に取り込まれ、隅山と呼ばれていたそうです(隅山が訛って杉山となったとか)。

Rimg7731w800Rimg7732w800Rimg7733w800

往路とは別の佐保川沿いの道を辿って、新大宮駅に戻りました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年1月17日 (土)

馬場南遺跡現地説明会

京都府南部の馬場南遺跡で奈良時代中期~後期の寺院遺構が発掘されました。
木津川市役所での出土品展示及び現地説明会に行ってきました。
自転車で木津川市役所へ。

小さな塑像片や土器陶器の断片が多数。
万葉歌が書かれた木簡も、劣化を防ぐため「写真撮影禁止」として、展示されていました。

市役所と発掘現地とをシャトルバスが運行しているのですが、乗車を待っている人が大勢なので、展示場の受付で現地所在を確認し、脇道を自転車で向かいました。
発掘現場は直ぐにわかりました。

すでに大勢が見学に集まっていました。
発掘場所を1周し終えたところで、10:30からの説明会の始まりです。

今回の発掘調査は、開発行為の事前調査として、京都府埋蔵文化財調査研究センターが平成19年度に試掘調査したところ、奈良時代の遺構・遺物が発掘されたので、今年度、同センターが本調査するとともに、木津川市教育委員会が、遺跡の保存と今後の国史跡指定を目指した遺跡範囲と内容の確認のための試掘調査を、開発予定地外の丘陵部において実施したものです。

埋蔵文化財調査研究センターの発掘場所からは、奈良時代中期~後期の掘立柱建物跡3棟のほか、柵、井戸跡、川跡、溝などの遺構が見つかりました。
遺物としては、油煤のついた約8千点もの土師器皿、須弥山と考えられる陶器破片、「神雄寺」「神尾」「大殿」などの文字が書かれた土器、そのほかに、木簡、木製品、瓦、ガラス管などが出土しました。

教育委員会の発掘場所は、埋蔵文化財調査研究センターの発掘調査で大規模な撚燈供養の法会が営まれたと予想される平坦部の北側と東側の尾根上など、近くにある岡田国神社の所有地で天神山古墳群の一角です。
天神山11号墳と認識されていた箇所が、仏堂内の須弥壇跡と判明しました。
須弥壇周辺から多量の塑像片、塼仏片、焼壁土、金属製品が見つかりました。
塑像片は、等身大の四天王像と考えられています。
(こんな細分化された破片から、よく分かるものだsign03
塼仏片は、三重県名張市の夏目廃寺出土の方形三尊塼仏と同じ原型によるものだそうです。

⇒夏目廃寺には、2008/10/28 飛鳥里山クラブ 壬申の乱を巡る で訪ねました。

(続き:写真)

続きを読む "馬場南遺跡現地説明会"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年1月16日 (金)

石神遺跡

飛鳥里山クラブ歴史サークルの1月例会です。
公園館前では、装い新たにあすかひめとたいしくんが迎えてくれます。

Rimg7568w800

石神遺跡まで散策。
石神遺跡では、今年も発掘調査中です。
稲刈りの終わった後、発掘調査し、田植えが始まる前に、埋め戻されます。
今回調査は、石神遺跡の東端の確認です。
建物の柱跡などが発掘され、石神遺跡の東端が確認できたようです。
発掘調査中の奈文研の技官より説明を受けました。

Rimg7570w800Rimg7569w800Rimg7571w800

Rimg7577w800

今回調査の新聞発表は2月12日、現地説明会は2月14日の予定だそうです。

公園館に戻り、昼食、懇親会。
来年度の活動計画について話し合いました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年1月11日 (日)

奈良検定1級 知らないことが多かった

昨年は受験資格がないので受験しなかったが、今回は、昨年4月に奈良検定体験学習プログラム「世界遺産春日山原始林 神々の杜を歩く」に参加し、1級受験資格を得たので、受験しました。
知らないことが多くて、自信を持って回答できたのは62問程度。
分からなくて適当に回答した40問近くの1/4が当たっていれば、合格なのですが・・・
帰宅後、公式テキストに照らし自己採点すると、66~68点となり、70点に達しなかったdespair

問26 宮内庁が舒明天皇陵として治定している古墳はどれか
選択肢 野口皇ノ墓古墳 天王山古墳 段ノ塚古墳 ジョウセン塚古墳
舒明天皇陵は何度か訪れているし、アスカにある天武持統陵や文武陵に治定されている古墳はしょっちゅう傍を通っているが、古墳名は覚えていなかった。
天王山古墳は、飛鳥里山クラブ歴史サークルの例会「粟原・忍坂を訪ねて」で訪れ、記憶に残っていた(このときに舒明陵も訪ねている!)。
2007年2月16日 (金) 忍坂街道 散策
アスカにある天皇陵の古墳名を覚えていれば、消去法で、正答できたのにと、ちょっと残念。

2ヶ月前に対面してきたのに、正答できないなど、直ぐに忘れてしまう仏像もあるが、大和路には、まだ訪ねたこともなく、全く不知な事物も、まだまだたくさんあることを痛感。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年1月10日 (土)

郡山~稗田環濠集落

大和路散策の会1月例会「稗田旧跡を訪ねる」に参加しました。
コース
JR郡山駅~稗田環濠集落・売太神社~条里の森~平和地区公民館(休憩昼食)~洞泉寺

(続き 1月16日記載)

続きを読む "郡山~稗田環濠集落"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年1月 5日 (月)

大和神社参拝~山辺の道~上ツ道

なら歩楽歩楽会シニア6名で、長柄駅から天理駅まで、大和神社~山辺の道~上ツ道を散策しました。

コース
JR長柄駅
大和神社 高龗神社(たかおおかみじんじゃ) 増御子神社
星塚古墳 馬口山古墳 矢矧塚(やはぎづか)古墳 弁天塚古墳
渟名城入姫神社
長岳寺五智堂
山辺の道
中山大塚古墳 御旅所坐神社
燈籠山古墳 五社神社 西山塚古墳 波多子塚古墳
「みちふく」で休憩昼食
竹之内環濠集落
十二神社
夜都岐神社
上ツ道
丹波市 市坐神社
天理駅

このあたりは、何回か歩いたところです。
2008/2/15 オオヤマト古墳群を訪ねて
2008/4/ 1 天理~大和神社 散策
2007/1/ 5 山の辺の道 巻向~天理 散策

(続き 1月22日記載)

続きを読む "大和神社参拝~山辺の道~上ツ道"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年1月 3日 (土)

秋篠寺、八所神社

(1/17記載)
今年も秋篠寺に行ってきました。
孫誕生以来、孫を連れての参拝が恒例化しています。
光仁天皇の勅願により宝亀7年(776)に僧正善珠大徳が開き、桓武天皇が庇護したという、平城朝最後のほうの寺院です。
1135年の兵火で講堂を除いて焼失。
現存本堂は、火災を免れた講堂を改築したものです。
本尊は、薬師如来坐像。
向かって左端の伎芸天像は、天平時代の脱活乾漆の頭部に、鎌倉時代に木造体部を補作したもの。
秋篠寺本堂(国宝)
Rimg7427w800

秋篠寺の南に隣接して八所御霊神社があります。
八所御霊神社
Rimg7415w800説明書
Rimg7417w800八所御霊
Rimg7414w800

八所御霊は、火雷大神、崇道天皇(早良親王)、伊豫親王、藤原広嗣、文屋宮田麿、橘逸勢、吉備大臣、藤原夫人と記載されています。
五條の御霊神社や奈良町の御霊神社との関連が気になるところですが、祀られている八所には、井上皇后や他戸親王は含まれていません。

cf 奈良町の御霊神社の祭神 ⇒2007/2/7 奈良の隠れ古社寺巡り
井上(いがみ)皇后、他戸(おさべ)親王、事代主命、早良親王、藤原大夫人(伊予親王の母)、藤原広嗣、伊豫親王、橘逸勢(はやなり)、文屋宮田麿

(続き:八所メモ)

続きを読む "秋篠寺、八所神社"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年1月 2日 (金)

猿沢の池 カワセミ

(1/17記載)
正月2日、奈良公園に行きました。
ふだんは閉じられている采女神社が、正月参拝のためか、開いていました。
采女神社
Rimg7385w800

采女神社を出ると、直ぐ前の猿沢の池に突き出した枝にカワセミが止まっていました。
池端を大勢の人が通るのを気にすることなく、池の魚を狙っていました。
ずいぶん人に馴れたカワセミだなぁ!
カワセミ
Rimg7387w800Rimg7390w800

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2008年12月 | トップページ | 2009年2月 »