« 猿沢の池 カワセミ | トップページ | 大和神社参拝~山辺の道~上ツ道 »

2009年1月 3日 (土)

秋篠寺、八所神社

(1/17記載)
今年も秋篠寺に行ってきました。
孫誕生以来、孫を連れての参拝が恒例化しています。
光仁天皇の勅願により宝亀7年(776)に僧正善珠大徳が開き、桓武天皇が庇護したという、平城朝最後のほうの寺院です。
1135年の兵火で講堂を除いて焼失。
現存本堂は、火災を免れた講堂を改築したものです。
本尊は、薬師如来坐像。
向かって左端の伎芸天像は、天平時代の脱活乾漆の頭部に、鎌倉時代に木造体部を補作したもの。
秋篠寺本堂(国宝)
Rimg7427w800

秋篠寺の南に隣接して八所御霊神社があります。
八所御霊神社
Rimg7415w800説明書
Rimg7417w800八所御霊
Rimg7414w800

八所御霊は、火雷大神、崇道天皇(早良親王)、伊豫親王、藤原広嗣、文屋宮田麿、橘逸勢、吉備大臣、藤原夫人と記載されています。
五條の御霊神社や奈良町の御霊神社との関連が気になるところですが、祀られている八所には、井上皇后や他戸親王は含まれていません。

cf 奈良町の御霊神社の祭神 ⇒2007/2/7 奈良の隠れ古社寺巡り
井上(いがみ)皇后、他戸(おさべ)親王、事代主命、早良親王、藤原大夫人(伊予親王の母)、藤原広嗣、伊豫親王、橘逸勢(はやなり)、文屋宮田麿

(続き:八所メモ)


火雷大神:菅原道真 陰謀により太宰府へ左遷
崇道天皇(早良親王):光仁天皇の子、桓武天皇の同母弟、藤原種継暗殺事件での冤罪
伊予親王:承和の変(陰謀)により自害
藤原広嗣:九州での反乱で討たれる
文屋宮田麿:筑前守在任中、新羅と結んで叛乱を企てたと疑われ伊豆に流された
橘逸勢:承和の変での流罪
吉備大臣:吉備真備 称徳(孝謙)天皇のあと天武系皇族から天皇をたてようとして左遷
藤原夫人:藤原吉子(きつし) 伊予親王の母

井上皇后:光仁天皇の后 獄死
他戸親王:光仁天皇・井上皇后の子 、桓武天皇の異母弟

|

« 猿沢の池 カワセミ | トップページ | 大和神社参拝~山辺の道~上ツ道 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/74566/43766345

この記事へのトラックバック一覧です: 秋篠寺、八所神社:

« 猿沢の池 カワセミ | トップページ | 大和神社参拝~山辺の道~上ツ道 »