« ジャガイモ 植え付け | トップページ | 称名寺~興福院~黒髪山稲荷神社~鹿背山不動尊~白髪神社  »

2009年2月26日 (木)

大仏鉄道遺構を訪ねる

なら歩楽歩楽会で、大仏鉄道の遺構を訪ねて、近鉄奈良駅からJR加茂駅まで散策しました。

大仏鉄道は、明治31年、加茂駅から大仏駅まで開通、翌年、奈良駅まで延伸、明治40年に廃線となった関西鉄道の路線の通称です。
わずか9年間の運行であり、また、明治40年の鉄道国有化法の施行前に廃線となったため資料が殆んど残っておらず、「幻の鉄道」といわれています。
事前に図書館で、大仏鉄道研究会制作の「大仏鉄道物語」(発行年月不詳)を借用し、路線及び遺構の予備知識を習得。
奈良側は、大仏駅跡に大仏鉄道記念公園があるていどで、目ぼしい遺構は残っていませんが、木津川市の梶ヶ谷地区には、赤橋、梶ヶ谷隧道など大仏線開通当時の原風景が残っています。

大仏鉄道研究会公式ホームページhttp://www.eonet.ne.jp/~daibutu/の「平成21年年頭のご挨拶」によると、「都市計画道路の計画が変更されることはなく、赤橋と梶ヶ谷隧道の運命は決定的となりました・・・おそらく、来年、いや、今年からでも取り壊し工事が開始されるのでは」とのこと。
残されている数少ない景観、取り壊されるのは、残念なことです。

(Googleマップ)

大きな地図で見る

(続き 写真 散策記 3月1日加筆修正)
(途中に立寄った寺社は別掲予定)

近鉄奈良駅に集合、途中、称名寺に立ち寄り、大仏鉄道記念公園に向かいます。
奈良側は、大仏駅跡に大仏鉄道記念公園があるていどで、目ぼしい遺構はなく、大仏鉄道遺構巡りの道標や説明板はありませんでしたが、山背との国境近くの国境食堂までは、しばしば通る見知った道です。

大仏鉄道記念公園
Rimg8182w800動輪モニュメント
Rimg8178w800説明碑
Rimg8179w800

興福院の前を通り、車の多い県道を避け、廃墟と化したドリームランド沿いに黒髪山を登ります。
黒髪橋(黒髪トンネル跡の真上)から、大仏鉄道が路線跡を見下ろします。

黒髪山トンネル跡
Rimg8194w800橋の上から この下を大仏鉄道が通っていた
奈良側
Rimg8192w800京都側
正面元正天皇陵
右元明天皇陵
Rimg8191w800

奈保町の住宅地を通り抜け、県道に降ります。
加茂に向かって県道44号を歩きます。
乗客が降りて列車を後押ししなければならないほどの急坂とは感じませんでした。

Rimg8196w800国境食堂で早めの昼食。
盛りだくさんな定食でした。


国境食堂の直ぐ下に鹿川隧道があります。
梅谷口交差点から大きく回りこんで道路下に降ります。
鹿川に並行した農業用水路用の隧道です。

鹿川隧道
Rimg8202w800
Rimg8199w800
Rimg8200w800

京都府に入る手前で喫茶店杏樹でコーヒーブレイク。
県境京都府側にレンガ造りのらせん状の建物。給水塔だそうです。
州見台、梅見台の新興住宅街が広がります。
ソレイユの交差点の直ぐ北の道路下に松谷川隧道跡があります。
松谷川は見当たりませんし、隧道の反対側は平に造成されて、谷の痕跡も見当たりませんでした。

松谷川隧道跡
Rimg8208w800


下梅谷交差点。
交差点付近に、井関川橋台跡、築堤跡があるとのことですが、どれが遺構なのか分かりませんでした。

梅谷バス停
Rimg8213w800井関川 左側緑地が築堤跡らしい
Rimg8212w800


通行量の多い県道に別れ、鉄道跡と見られる道を北上します。
老人ホームを越えると、赤橋です。
このあたり、梶ヶ谷は、レンガ積みの隧道や橋台などが残っており、大仏線運行当時を想起させます。
遺構の説明書が掲示されていました。
大仏鉄道遺構巡りの道標もありました。

赤橋
Rimg8217w800説明書
Rimg8219w800上は1車線車道です
Rimg8221w800

赤橋を潜り抜け、しばらく進むと、右手に梶ヶ谷隧道が見えます。
畦道を横切り、梶ヶ谷隧道にたどり着きます。

梶ヶ谷隧道
Rimg8225w800
Rimg8234w800
Rimg8229w800

田圃脇の溝にかえるの卵。
卵から孵ったばかりの小さなオタマジャクシもいました。

Rimg8230w800

廃レール利用の橋を探しに行きます。
関西線の手前にそれらしき橋がありました。

廃レール利用の橋
下の谷間を関西線が通っていました
手前のレンガ構築物は旧関西線の遺構かな?
Rimg8239w800関西線
かつては左方向に直進していました
Rimg8244w800関西線不動山トンネル
Rimg8243w800

旧関西線
Rimg8248w800鹿背山トンネル跡
Rimg8249w800


鹿背山不動尊に立寄りました。
梅谷までバスで来て、このあたりを時間をかけて散策するのもよさそうです。

鹿背山橋台
Rimg8264w800鹿背山橋台
Rimg8265w800枕木で柵
大仏鉄道の枕木?
Rimg8267w800

路線図を事前習得してきたのですが、鹿背山橋台を見たあと、分かれ道で左に行くべきところを、分岐に気づかず直進(右)に進んでしまい、クローバー牧場に出てしまいました。
高田寺手前で細道に入り、白髪神社を通り、大仏鉄道遺構巡りコースに復したかと思ったのですが、・・・
観音寺橋台、観音寺小橋台らしきものが見当たらない。
帰宅後、Yahoo及びGoogle地図でトレースしてみたところ、1路東側の道でした。

白髪神社
Rimg8268w800関西線と交差
線路両側にレンガ遺物 何かな?
Rimg8273w800道なき道を抜ける
Rimg8275w800

枯れ草に覆われた狭~い道なき道を辿り、大仏鉄道遺構巡りコースに復し、C57展示、明治30年築のレンガ造りのランプ小屋を見て、加茂駅に到着。

C57展示
Rimg8282w800加茂駅
Rimg8283w800ランプ小屋
Rimg8284w800

加茂駅前
木津川市誕生記念モニュメント 動輪
Rimg8288w800大仏鉄道説明板
Rimg8287w800


歩いたコースをバスで近鉄奈良駅に戻りました。
ドアtoドアで、25千歩。


|

« ジャガイモ 植え付け | トップページ | 称名寺~興福院~黒髪山稲荷神社~鹿背山不動尊~白髪神社  »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/74566/44189520

この記事へのトラックバック一覧です: 大仏鉄道遺構を訪ねる:

« ジャガイモ 植え付け | トップページ | 称名寺~興福院~黒髪山稲荷神社~鹿背山不動尊~白髪神社  »