« 仏隆寺 千年桜 | トップページ | 甘樫丘の植生調査 »

2009年4月16日 (木)

高見の郷

なら歩楽歩楽会シニア6名で、東吉野の高見の郷を訪ねました。
5年前にオープンしたシダレザクラ1000本の「天空の庭」です。
近鉄榛原駅からバスで約1時間。
途中からは、自由乗降区間となり、アナウンスの降車場所は個人住宅前というのどかなローカルバス。
終点杉谷で降り立ったのは、我々グループのほかカメラを提げたおじさん1名。

バス終点 杉谷停留所
Rimg9265Rimg9212高見の郷の案内は何処にも見当たらない
午後2時35分のバスに乗り遅れると、5時過ぎまでバスはない

旧道らしき道を登る。
すぐに、旧道は通行止めとなり車道に合流、トラックが飛ばす車道脇を進むと、高見の郷喫茶100m先の看板がありました。
ようやく一安心。
車道のカーブを曲がると、高見の郷の看板がありました。

Rimg9216

桜満開時入場料500円。
「桜の開花状況により異なります」との入場料注記が面白い。
「天空の庭」まで階段を登っていけるが、登り300円、降り200円の森林協力金を払えば車で送迎してくれる。
入口は標高550m、「天空の庭」は標高650m、標高差100m。
無理はやめようと、登りは車を頼む。

標高700m展望台付近からの眺望
Rimg9222

標高650m「天空の庭」から高見山を望む
Rimg9250

(続き 4月20日記載)

車で登りついた所
Rimg9217

展望台からの眺望
ユキヤナギ(白)、レンギョウ(黄)も花盛り
Rimg9226

上からは、シダレザクラは、まだ十分に成長していないためか疎らに見える。
常緑樹が見当たらず、サクラ単一で、樹林が支障なく生育するのだろうか懸念。

シダレザクラ
Rimg9240
Rimg9234
Rimg9237

戻りは、歩いて降りました。

戻り道へ
Rimg9247

戻りの道沿い
ワラビにゼンマイ 芽生え
Rimg9254テンナンショウ属
ムラサキマムシグサ
Rimg9257ケシ科キケマン
Rimg9255

駐車場は満杯になっていました。
到着時 10:40
Rimg9216帰るとき 13:10
Rimg9259

高見山登山口まで歩こうかと、すこし早めに高見の郷を後にしたのですが、散策に適した脇道がわからず、車道を歩くのも味気ないので、結局、杉谷バス停周辺で、のんびりとバスまでの時間を過ごすことになりました。
近くに、イチリンソウの群落があり、鹿の糞が草むらのあちこちにありました。

キンポウゲ科イチリンソウ
Rimg9266一輪です
Rimg9267バラ科キジムシロ
周りに鹿の糞
Rimg9270

バス停で待っている間に、数台の乗用車が杉谷バス停前に迷って止まりました。
高見の郷が新聞で紹介され、杉谷の住所を頼りに訪れた人たちです。
この先、車だと直ぐですよ、と教えてあげました。
バスで訪れる者に不親切なだけでなく、乗用車で来る人に対しても、案内板なく、分かりにくい郷のようです。


八木まで戻り、いつもの店で反省会。

本日の散策会はあまり歩かなかった
ドアtoドアで、11千歩


|

« 仏隆寺 千年桜 | トップページ | 甘樫丘の植生調査 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/74566/44724497

この記事へのトラックバック一覧です: 高見の郷:

« 仏隆寺 千年桜 | トップページ | 甘樫丘の植生調査 »