« 子メダカ 誕生 | トップページ | 龍泉寺 »

2009年5月19日 (火)

みたらい渓谷 散策

なら歩楽歩楽会シニア6名で、洞川に1泊2日の小旅行。
初日19日は、天川川合から洞川まで、のんびりとみたらい渓谷を散策。
翌日は、洞川自然研究路を散策しました。

なら歩楽歩楽会の洞川散策は6回目だそうですが、これまでは日程があわず、私は、このグループで行くのは初めてです。
みたらい渓谷へは、一昨年、別グループで散策しました。
2007年11月26日 (月) みたらい渓谷 バスツアー

高の原駅発8:35
橿原神宮駅発9:30
下市口発バス10:17
天川川合着11:10頃

天川川合でバスを降りると、スギ葉のクマとフクロウが迎えてくれます。
Rimg9558Rimg9559

フクロウは洞川の街中でも各所で見かけました。
なにかいわれがあるのだろうか?

定員5名のつり橋を渡って、みたらい渓谷への散策出発です。
Rimg9560

右手遠くに高木、白い花をつけています。
葉はトチノキのようだが、花は異なる。
なんだろう。
双眼鏡とカメラのズームで花の観察。
モクレンに似ている。

モクレン科ホオノキです。
Rimg9563梢部分を拡大
Rimg9564

弁天渕橋からの散策路は依然閉鎖されていました。
Rimg9566

天の川右岸の車道を歩き、関電吊橋から散策路に入ります。
Rimg9570左岸下流に大きな崩落の跡
Rimg9571

川原で昼食。
ウツギやアジサイの仲間が咲いています。
ヤマアジサイかなと思っていた花は、帰ってから調べてみると、ガクウツギだったようです。
(よく見かける花なので、写真撮らなかった)
→植物園へようこそ > ガクウツギ(額空木)
  http://aoki2.si.gunma-u.ac.jp/BotanicalGarden/HTMLs/gakuutugi.html

川迫川と山上川の合流点近く、
一昨年、黄葉の美しかった地点です。
Rimg9574カエデの青葉に
Rimg9575実り始めの
翼果の朱が映える
Rimg9576

山上川の渓谷に入ります。

みたらい渓谷
Rimg9580Rimg9577

Rimg9583
Rimg9584
Rimg9585

渓谷沿いの山道沿いの林床には、チゴユリ、テンナンショウ(マムシグサ)などが咲き、アカネ、ホトトギス、カタバミなどが芽生えています。

チゴユリ
Rimg9598Rimg9597

サトイモ科テンナンショウ属ムラサキマムシグサ
Rimg9587Rimg9588

いろいろなテンナンショウ属
背高のっぽのマムシグサ
Rimg9618なにマムシグサかな
Rimg9619ミミガタテンナンショウ?
Rimg9620

ヤマジノホトトギス(たぶん)
Rimg9599コヤマカタバミ(たぶん)
Rimg9602アカネ
Rimg9621

キンポウゲ科ニリンソウ
Rimg9611近くに咲くこの花は何の花だろう?
Rimg9617Rimg9615

キンポウゲ科ハンショウヅル?
Rimg9590Rimg9591

林床のなかに白い塊。
なんだろうか、と近づいてみると、初めて見る花。
葉はボタンに似ている。
数日後の新聞に大峰山に咲く花として紹介されていました。
ヤマシャクヤク、今では珍しくなってきた希少品種だとか。

ボタン科ヤマシャクヤク
Rimg9604Rimg9605

人模様入り
Rimg9628洞川近くの林床に群生していました。
帰宅後、調べてみると、この模様はタデ科植物特有のもののようです。
ミズヒキの芽生えかな?


ダイジョウゴンゲンサン
Rimg9622
Rimg9623
Rimg9624


旅館 あたらしや
なら歩楽歩楽会の定宿です 
Rimg9644川側から
Rimg9630夕食 前菜
Rimg9648

(龍泉寺、洞川自然研究路 別記)

|

« 子メダカ 誕生 | トップページ | 龍泉寺 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/74566/45095183

この記事へのトラックバック一覧です: みたらい渓谷 散策:

« 子メダカ 誕生 | トップページ | 龍泉寺 »