« 2009年11月 | トップページ | 2010年1月 »

2009年12月の3件の記事

2009年12月15日 (火)

磐余地区~メスリ山古墳 散策

なら歩楽歩楽会シニア6名で、吉備池、磐余池跡、稚桜神社、メスリ山古墳などを散策しました。
稚桜神社までは、10月に飛鳥里山クラブで散策したコースを辿りました。
2009年10月23日 (金) 磐余地域の遺跡探訪
稚桜神社からは、青木廃寺跡の南側を周って、メスリ山古墳に向かい、メスリ山古墳→コロコロ山古墳→上之宮庭園遺跡→谷首古墳と周辺の遺跡を周回し、御門神社から安部寺跡に出て、再び10月散策コース(→安部文殊院→艸墓古墳→土舞台→安部山城跡)を辿りました。安部山城跡の桜井公園からの下り道をまちがい、若桜神社を訪ねることが出来なかったのが、ちょっぴし残念。


より大きな地図で 磐余地域の遺跡探訪2 を表示

(続き 2010/1/29写真掲載)

続きを読む "磐余地区~メスリ山古墳 散策"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年12月12日 (土)

講演会 難波宮から藤原宮へ

飛鳥里山クラブのフォローアップ研修です。
「難波宮から藤原宮へ 日本古代宮都の成立過程をめぐって」
講師は、中尾芳治先生です。
難波宮の発掘成果を踏まえ、古代宮城の変遷、前期難波宮と藤原宮の類似点、大極殿と朝堂院をめぐる諸問題などについて、丁寧な説明がなされました。

天武天皇の新城造営
676年     新城造営計画
679年11月 難波に羅城を築く(孝徳朝の難波宮を整備)
683年12月 複都制の詔、難波宮を副都とする(信濃にも宮城新設計画)
684年 3月 京師を巡行し、宮室の地を定める
686年正月 難波宮大蔵より失火し難波宮全焼
     9月 天武天皇死去

天武朝は、斉明天皇の宮にエビノコ郭を増設して、新宮造営までのつなぎの宮とした。
新宮(藤原京)は、難波宮をモデルにした可能性が高い。
死の2ヶ月前に、飛鳥の宮を「飛鳥浄御原宮」と命名。    

新都藤原京への遷都は、持統天皇8年(694年)。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年12月 5日 (土)

石馬寺~永源寺~石塔寺

大和路散策の会12月例会、バスツアーです。
東近江の聖徳太子ゆかりの石馬寺、石塔寺を訪ね、臨済宗永源寺派総本山の永源寺に参拝しました。

(写真整理、作成中)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2009年11月 | トップページ | 2010年1月 »