« 榛原 宗祐寺~悟真寺 | トップページ | 江包・大西のお綱まつり »

2010年2月11日 (木)

三輪駅~江包・大西 お綱まつり~田原本

2月11日、いくつかの神社で、春を迎える祭りが催されます。
江包・大西のお綱まつり、広瀬神社の砂かけ祭り、六県神社の小出来おんだ祭、村屋神社の御田祭、などなど。

JRふれあいハイキング「大和の奇祭『お綱まつり』と山の辺の道」に便乗し、お綱まつりを見に行くことにしました。
雨模様のため、私のグループは2名だけ。
しかし、三輪駅には大勢集まっていました。
JR三輪駅で、コース地図をもらい、10:15出発。
JRハイキングは、途中の芝運動公園で小休止。
途中、三輪山の真西に立地するという芝の春日神社に立ち寄ってみたかったので、休憩を取らずに、先行しました。

散策コース  赤印がお綱まつりの素戔嗚神社

より大きな地図で 三輪~お綱まつり~田原本 を表示


慶田寺に隣接して春日神社があります。
春分の太陽が三輪山から昇り、二上山の雄岳雌岳の鞍部に沈みます。
古代、三輪山を祀る神域で、一説では、元大神神社所在地だったとか。
三輪山は、あいにくの小雨で山頂は見えません。

左:春日神社  右:慶田寺
Dscn1244慶田寺
Dscn1246慶田寺墓地の西側に
春日神社
Dscn1248

芝 
春日神社
Dscn1245拝殿
Dscn1249


春日神社で作業中の地元の方が、親切にも、「お綱まつり見物なら、急いだほうがいいよ」と近道を教えてくださりました。

大和川を渡らなかったので、
Dscn1250女綱が出発して、人けの感じられない御綱神社を対岸に眺め、素戔嗚神社に急ぎました。

前方から、囃子が聞こえてきます。
Dscn1252

大和川のほとりの小さな神社
素戔嗚神社
Dscn1257男綱と女綱が合体する入船儀式が行われる神社です

素戔嗚神社では、ちょうど、女綱が到着したところでした。
女綱を鳥居前の大木に結わえ付けて、男綱を待ちます。
(女綱を鳥居前の大木に結わえ付け終わったころ、JRハイキンググループがやってきました。)
男綱グループは、春日神社を出て、近くの田んぼで泥相撲です。

江包 春日神社
Dscn1270男綱の神社です
団子やお汁粉を売っていました


仲人役が、何回も、男綱を呼びに行き、・・・
1時間ほど後に、ようやく合体。
(お綱まつり 別掲)

巻向古墳群~箸墓古墳に向かうJRハイキンググループと分かれて、村屋神社を目指します。
村屋神社は閑散としていました。
掲示に、御田祭は4時から、とあります。
Dscn13154隅にささ
御田祭の田でしょうか
Dscn1315_2本殿
Dscn1317

天候がよければ、周辺を一回りして、4時前に戻ってくるのですが、午後は本降りの天気予報です。先を急ぐことにしました。

大和川
道標
Dscn1320

田原本に出ることにしました。

式内岐多志太神社
Dscn1324
Dscn1323
Dscn1322

森市神社
Dscn1325
Dscn1326
Dscn1328

時々の小雨でしたが、ほとんど傘を差すことなく、田原本駅まで散策できました。

帰路、最寄り駅下車時は、本降りの雨になっていました。

|

« 榛原 宗祐寺~悟真寺 | トップページ | 江包・大西のお綱まつり »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/74566/47548032

この記事へのトラックバック一覧です: 三輪駅~江包・大西 お綱まつり~田原本:

« 榛原 宗祐寺~悟真寺 | トップページ | 江包・大西のお綱まつり »