« 元興寺 節分会 | トップページ | 三輪駅~江包・大西 お綱まつり~田原本 »

2010年2月 6日 (土)

榛原 宗祐寺~悟真寺

大和路散策会2月例会で、榛原駅から悟真寺まで散策しました。
この道は、伊勢本街道のまだ歩いていない区間(榛原~高井)のほぼ中ほどまでの道です。


より大きな地図で 伊勢本街道を歩く を表示


最高温度予想5℃
榛原は東山中なので、さらに厳しい寒さが予想されます。
厳しい寒さが予想される中、参加者26名。
皆さん元気です。

札の辻
伊勢本街道と表街道の分岐点です。
辻の前には、元旅籠あぶらやがあります。
Dscn1198あぶらや
Dscn1199本居宣長公宿泊
Dscn1197

伊勢表街道沿い、すぐ近くに、
宗祐寺
Dscn1200新しそうな本堂
Dscn1202融通念仏宗の榛原地区の中本山です。


→融通念仏宗青年会HP > 宗祐寺 http://www.yuzusei.com/temple/nara3/souyuuji/index.html

境内手水の水口は、亀です
Dscn1204つららが垂れている!
Dscn1205

本堂天井 ネパールの仏像絵
Dscn1207108 ひとつひとつお姿が異なっている!
Dscn1206Dscn1208

庭園も立派です
Dscn1211七福人像
Dscn1212


伊勢表街道に沿ってしばらく進むと、椋下(むくもと)神社です。
高倉下命を祀り、神武東征神話にも関わる古い神社だそうです。
Dscn1219
Dscn1222本殿は階段の上
Dscn1220

少し戻り、伊勢本街道を高井方面に向かいます。
宇陀川に沿って下ります。

上流 正面 墨坂神社
Dscn1225下流 進行方向
Dscn1226

いつの間にか、川の流れが変わっている!
内牧川との合流点から、内牧川を遡っているのです。
檜牧、自明の集落を過ぎたあたりで、右折れし、山道を登ります。
分かれ道には、注意していないと見落としてしまうような、見にくいものの、悟真寺への道標があります。

「この道でいいんだろうか?」と迷いながら、山道を登り続けると、前方上方にぽつんと建物が見えてきます。
自明山悟真寺です。
石段を登ります。
枝垂桜の巨木、花の時期には、見事な光景でしょう。
Dscn1231曹洞宗自明山悟真寺
Dscn1234寺宝 誕生釈迦仏
Dscn1235
奈良国立博物館で見る誕生釈迦仏は、この寺の寺宝だったんだ!

本堂に上がらせてもらい、住職さんの説明を受け、本尊聖観音菩薩像の前で、昼食。
茶菓子もだして頂きました。

帰路、復路に素通りした御井神社に立ち寄りました。
Dscn1241本殿
Dscn1238このあたり、ツルマンリョウ自生地の北限だとか。
Dscn1240

道路情報に、気温1℃。
Dscn1242

途中、小雪の吹雪にも遭い、手指のかじかむ寒い散策行でした。

ドアtoドアで、15千歩

|

« 元興寺 節分会 | トップページ | 三輪駅~江包・大西 お綱まつり~田原本 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/74566/47505899

この記事へのトラックバック一覧です: 榛原 宗祐寺~悟真寺:

« 元興寺 節分会 | トップページ | 三輪駅~江包・大西 お綱まつり~田原本 »