« 平端~額田~安堵~斑鳩 | トップページ | 平城宮跡発掘調査現地説明会 »

2010年2月19日 (金)

近つ飛鳥 散策

飛鳥里山クラブ歴史サークルで、近つ飛鳥を、上ノ太子駅から、地元ボランティアガイドの案内で、竹内街道~科長神社~二子塚古墳~推古天皇陵~近つ飛鳥博物館まで散策しました。
近つ飛鳥博物館では、特別展「ふたつの飛鳥の終末期古墳」を開催中で、同展企画担当の学芸員から、説明を受けました。

近つ飛鳥は、これまでも何回か訪れているが、連れていってもらう散策行なので、位置関係がいまだによくは把握できていない。
帰宅後、散策路をグーグルマップにトレースしてみたが、これで正しいかどうか・・・

より大きな地図で 近つ飛鳥 を表示

これまでの近つ飛鳥散策記
2006年6月17日 (土) 近つ飛鳥 探訪
2006年11月 8日 (水) 近つ飛鳥~弘川寺 散策
2009年4月 4日 (土) 高貴寺、弘川寺、近つ飛鳥風土記の丘

(続き 写真 2月22日掲載)

上ノ太子駅から、竹内街道を歩きます。
しばらくは車道沿いですが、旧道に入ります。
マンホールの蓋には、聖徳太子ゆかりの町らしく「和を以って貴しと為す」
Dscn1543

六枚橋で太子街人(ガイド)の会のボランティアガイドと合流、4名も来ていただきました。
さっそく、飛鳥川にかかる六枚橋の説明。
Dscn1547南無阿弥陀仏の6文字に因む6枚の板橋だったとか、通行料が6文だったとかの諸説があるとか

竹内街道
Dscn1549

餅屋橋道標
Dscn1557
孝徳天皇陵一町
鹿谷寺旧跡十五町
中将姫旧跡二十町
Dscn1554右 
推古天皇御陵十町
ほか
Dscn1556

当麻寺までは約30町。
ここから20町は、岩屋あたり。
地元には、「中将姫が曼荼羅を織った場所は岩屋である」との伝承があり、「中将姫旧跡二十町」は岩屋を指しているのでないかとのこと。

孝徳天皇陵(大坂磯長陵 別称 うぐいすの陵)
Dscn1558上ノ山古墳 径33m円墳
八画墳の可能性もある?
海獣葡萄鏡が出土

孝徳天皇陵は素通りし、竹内街道歴史資料館で、竹内街道の今昔を学びます。

車通行の多い国道を下り、右折れ、科長神社、小野妹子墓に向かいます。
小野妹子墓の丘陵で昼食。

科長神社(八社大明神)
Dscn1562拝殿
Dscn1571本殿
Dscn1567

小野妹子墓
Dscn1564大正11年、池坊により改修、整備
池坊では、小野妹子を道祖とし、毎年6月30日に法要を行う


二子塚古墳
Dscn1572双方墳です
Dscn1575推古天皇陵と竹田皇子の合葬陵との伝承もある

東側石室
Dscn1577石棺
Dscn1578

二子塚古墳 推古天皇陵から
Dscn1585春には、古墳全体が桜に覆われる


推古天皇陵(磯長山田陵)  二子塚古墳から
Dscn1580山田高塚古墳
東西66m、南北58m 方墳


ボランティアガイドと別れ、近つ飛鳥資料館まで歩きます。

近つ飛鳥資料館
館内 大仙古墳模型
Dscn1590

近つ飛鳥風土記の丘から、バスで喜志駅に帰りました。


|

« 平端~額田~安堵~斑鳩 | トップページ | 平城宮跡発掘調査現地説明会 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/74566/47628997

この記事へのトラックバック一覧です: 近つ飛鳥 散策:

« 平端~額田~安堵~斑鳩 | トップページ | 平城宮跡発掘調査現地説明会 »