« 葛~御所 蕗の薹を求めて | トップページ | 畝傍御陵前~新沢千塚古墳群 »

2010年3月12日 (金)

葛~稲宿~條~室・池ノ内~蛇穴~御所

なら歩楽歩楽会シニア6名で、葛駅から、稲宿の安楽寺、新宮山古墳、條の巨勢古墳群、室~池ノ内の中西遺跡、秋津遺跡、蛇穴の野口神社を探訪し、御所の鴨都波神社まで散策しました。


より大きな地図で 葛~御所 を表示

葛駅から曽我川を渡り、しばらく歩くと、大きな鳥居。
戸毛(とうげ)の春日神社です。
Dscn1727
Dscn1728

稲宿(いないど)集落に入ると、
民家の庭に、安楽寺塔婆への案内板
Dscn1730分岐の要所にも道標
Dscn1731

安楽寺
Dscn1732左右の紅梅と白梅が花盛りでした

安楽寺前方に鳥居、御霊神社です。
鳥居
Dscn1739御霊神社
Dscn1740本殿
Dscn1741
案内板はありません。
五條~平安京のルート上にあるので、祭神は、井上皇后と他戸親王なのでしょうか。

拝殿右手の小道(畦道)を進むと、公民館があり、そこを左折れし山の方へすこし上がると、「安楽寺塔婆」です。
安楽寺塔婆
Dscn1750
Dscn1745説明版
Dscn1744

このあたり一帯には、聖徳太子建立とも伝わる大伽藍「葛城寺(かつじょうじ)」があったと推測されています。

安楽寺塔婆から道なりに下り、新宮山古墳への道標に従い、民家の間の狭い道を登っていくと、新宮山古墳です。
新宮山古墳への道標
Dscn1751新宮山古墳石室
Dscn1753石室内部
Dscn1755

できるだけ国道を避け、並行する道を歩きましたが、大口峠手前は、国道に出ざるを得ませんでした。
大口峠を越えたところに、赤い鳥居。
Dscn1760鳥居の前方、後方にも、神社らしきものは見当たらない。何の鳥居なのだろうか?


昨年探訪した条ウル神古墳、巨勢山古墳群条池支群を辿り、

葛城山系  手前は、室(むろ)の宮山古墳
Dscn17761

みます塚古墳からの展望
室(むろ)の宮山古墳
Dscn1771

みます塚古墳から北上します。
右方に、数ヶ所、フェンスで囲まれた空地。
京奈和自動車道予定地で、工事着工に先立っての遺跡調査跡なのでしょう。
南側あたりが、中西遺跡、北側が秋津遺跡のようです。
秋津遺跡と思われるところを歩き回ったのですが、すでに埋め戻されていて、また、何らの標示もありませんでした。

中西遺跡
Dscn1777秋津遺跡
Dscn1778

蛇穴(さらぎ)
野口神社
Dscn1786本殿
Dscn1788説明版
Dscn1782
Dscn1784

御所
鴨都波神社
Dscn1805拝殿
Dscn1799本殿
Dscn1800

Dscn1793境内社 神農薬祖神
Dscn1794境内社
Dscn1801

バスで、かもきみの湯に行き、一風呂浴び、
高田に出て、反省会。

|

« 葛~御所 蕗の薹を求めて | トップページ | 畝傍御陵前~新沢千塚古墳群 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/74566/47845930

この記事へのトラックバック一覧です: 葛~稲宿~條~室・池ノ内~蛇穴~御所:

« 葛~御所 蕗の薹を求めて | トップページ | 畝傍御陵前~新沢千塚古墳群 »