« 塩塚古墳 | トップページ | ウワナベ古墳 »

2010年9月27日 (月)

添御縣坐神社

御縣は、古代の天子の御膳を奉る御料菜園です。
高市、葛木(葛城)、十市、磯城(志貴)、山辺、曾布(添)に御縣がありました。
(久米にも、御縣神社がありますが、久米御縣神社は、延喜式祈年祝詞「大和六御縣社」には含まれていません)
なお、奈良市三碓(みつがらす)に同名の神社があります。

添御縣坐神社
鳥居
Rimg2738w800拝殿
Rimg2741w800本殿
Rimg2742w800

説明板 式内神社です
祭神 速須佐之男命 櫛稻田姫命 武乳速命
Rimg2736w800説明板 下つ道の北端、国境に鎮座する手向けの神です
Rimg2737w800

境内に歌碑が2つあります。
万葉歌碑 長屋王
Rimg2739w800歌碑 菅原道真
Rimg2740w800

万葉集巻3 300 長屋王寧樂山に馬を止めての歌
佐保過ぎて 奈良の手向けに 置く幣は 妹を目離れず 相見しめとぞ
菅原道真公が宇多天皇の吉野行幸に従った際の歌
このたびは 幣もとりあへず 手向山 もみじの錦 神のまにまに

|

« 塩塚古墳 | トップページ | ウワナベ古墳 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/74566/49526143

この記事へのトラックバック一覧です: 添御縣坐神社:

« 塩塚古墳 | トップページ | ウワナベ古墳 »