« ウワナベ古墳 | トップページ | 市庭古墳 »

2010年9月27日 (月)

コナベ古墳

Img026小奈辺陵墓参考地(宮内庁管理)
中期前半築造
全長210m、後円部径130m、前方部幅135mで三段築成の墳丘、左右のくびれ部に造り出しがつく。外堤には円筒埴輪列があった。周濠は同一水面。その西側に規則的に配された方墳が5基並び、大型の円墳(大和21号、42m径)1基を挟み、更に4基の方墳がつづく。中期大型古墳の陪塚の典型例として、知られる。
明治時代にウイリアム・ゴーランドによって、整った形の古墳として英国に紹介されている。

|

« ウワナベ古墳 | トップページ | 市庭古墳 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/74566/49526155

この記事へのトラックバック一覧です: コナベ古墳:

« ウワナベ古墳 | トップページ | 市庭古墳 »