« ならやま 万葉の小径 | トップページ | 瓢箪山古墳、丸塚古墳(衛門戸丸山古墳) »

2010年9月27日 (月)

猫塚古墳

Img022前期後半(4世紀後半)
全長約120m、前方部を西に向ける前方後円墳と考えられる。
奈良時代「松林苑」に取り込まれるなど、墳丘は著しく改変され、築造当時初の状態を知ることは困難。この古墳は「松林苑」推定範囲の西南隅にあり、前方部西側外堤が西面築地、南側外堤が南面築地の位置に相当しており、周濠は苑池に、墳丘は築山として苑内に取り込まれていたと推定される。
前方部と思われる地点で1953年の調査で、粘土槨、石釧21個、直刀8口、短剣22口出土している。

|

« ならやま 万葉の小径 | トップページ | 瓢箪山古墳、丸塚古墳(衛門戸丸山古墳) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/74566/49526100

この記事へのトラックバック一覧です: 猫塚古墳:

« ならやま 万葉の小径 | トップページ | 瓢箪山古墳、丸塚古墳(衛門戸丸山古墳) »