« コナベ古墳 | トップページ | ヒシアゲ古墳 »

2010年9月27日 (月)

市庭古墳

29平城天皇楊梅陵(へいぜいてんのう やまもものみささぎ)
中期前半築造
全長253m、後円部径147m、前方部幅100mという巨大な前方後円墳であったが、平城宮造営時に前方部が削平。
平城宮造営という国家的工事により先人の古墳を削平したことが「続日本紀」にあるが、それが裏付られた。
残された後円部が平城天皇陵とされているが、考古学的には立証されてない。

|

« コナベ古墳 | トップページ | ヒシアゲ古墳 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/74566/49526176

この記事へのトラックバック一覧です: 市庭古墳:

« コナベ古墳 | トップページ | ヒシアゲ古墳 »