« 佐紀石塚山古墳 | トップページ | 五社神古墳 »

2010年9月27日 (月)

佐紀陵山古墳

Img020日葉酢媛命狭木之寺間陵(ひばすひめのみこと さきのてらまのみささぎ)
前期後半築造
奈良山丘陵から南へ派生する中位段丘の西端に築造された前方後円墳。
隣接する佐紀石塚山陵や佐紀高塚古墳の三古墳の中では最高所に位置しており、最初に築造されたものとみられる。
全長203m、後円部径127m、前方部幅87m。
盾型周濠は、18世紀後半大規模な浚渫・堀削があったと報告されている。 元禄期の文献にも「まはりにからほり有り」と記載されており、築造時は、水濠でなかった可能性がある。
後円部墳頂の埋葬施設は、大正4年に大規模な盗掘を受け、その復旧工事にともない調査が実施された。
埋葬施設は主軸を南北に向ける特異な構造の竪穴式石室。
埋葬施設を内蔵している墳頂方形壇上に家・蓋・盾型の大型器財埴輪が配置されており、これらは器財埴輪の中では最古式に属する。
出土遺物は大型青銅鏡5点(内3点は国産)いずれも径30cm以上。車輪石など石製品22点。
なお、日葉酢媛陵は、野見宿禰によって殉死に代わって埴輪を立てることが奏上されたという埴輪の起源伝説が知られている。

|

« 佐紀石塚山古墳 | トップページ | 五社神古墳 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/74566/49526072

この記事へのトラックバック一覧です: 佐紀陵山古墳:

« 佐紀石塚山古墳 | トップページ | 五社神古墳 »