« 8月20日 平城宮跡 光と灯りのフェア | トップページ | 9月11日 高野街道を行く 長野神社~烏帽子形八幡神社~観心寺 »

2010年9月10日 (金)

9月10日 松阪 本居宣長を訪ねる

飛鳥里山クラブのフォローアップ研修で、松阪に本居宣長を訪ねました。
橿原神宮前からバスで一路松阪へ。
途中工事渋滞で、松阪着は12時近く。
松阪観光ボランティアガイドの案内で、松阪の遺跡を見て周りました

松阪城跡
Dscn3523松阪城跡の碑
Dscn3524説明板
Dscn3521

松阪城跡内
歴史民俗資料館
Dscn3530館内展示 松阪商人のルーツ
Dscn3527勢和村の丹生の水銀を原料とする射和(いざわ)の軽粉で蓄積
運搬に、櫛田川の水運
軽粉は、「伊勢おしろい」と呼ばれ、伊勢神宮御師たちによって全国に流通
最盛期 室町時代

歴史民俗資料館見学後、松阪城本丸跡広場で昼食

松阪城跡内
本居宣長旧宅
魚町にあった旧宅を明治42年に現在地に移築保存
Dscn3534本居宣長旧宅
Dscn35422階書斎
鈴屋(すずのや)
Dscn3543
宣長は古事記伝の研究につかれると、36個の小鈴のついた柱掛鈴を振ってその音色を楽しんでいたそうです。宣長の鈴好きなのを知って、石見国の城主松平公より駅鈴を贈られるほか、たくさんの門人からも珍しい型の鈴が贈られていました。

本居宣長記念館
本居宣長記念館ホームページ http://www.norinagakinenkan.com/
本居宣長記念館では、館長さんの説明を受けました。
飛鳥から研修に来るとのことで、特別に、菅笠(すががさ)日記の飛鳥訪問の箇所を展示していただくなど、配慮していただきました。

「菅笠日記」  入鹿塚~飛鳥坐神社~大原寺
Dscn3541
→菅笠日記原文 本居宣長記念館HP>HP版「ようこそ宣長ワールドへ>すすむ>宣長と旅>すすむ>菅笠日記原文 http://www.norinagakinenkan.com/norinaga/shiryo/sugakasa_hon.html


「大和国中ひとりあんない」
吉野~飛鳥旅行に宣長が持参した大和国概略図
Dscn3539

古地図 添上群
Dscn3536

松阪城跡側
本居宣長ノ宮
Dscn3547

魚町
本居宣長旧宅跡
Dscn3555旧宅跡前の民家
Dscn3556この地方では
翌年まで注連縄が飾られる

Dscn3552松阪市のマンホールの蓋のデザインは、本居宣長の鈴屋に因んでか、鈴でした。

|

« 8月20日 平城宮跡 光と灯りのフェア | トップページ | 9月11日 高野街道を行く 長野神社~烏帽子形八幡神社~観心寺 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/74566/49444492

この記事へのトラックバック一覧です: 9月10日 松阪 本居宣長を訪ねる:

« 8月20日 平城宮跡 光と灯りのフェア | トップページ | 9月11日 高野街道を行く 長野神社~烏帽子形八幡神社~観心寺 »