« ヒシアゲ古墳 | トップページ | 佐紀石塚山古墳 »

2010年9月27日 (月)

佐紀高塚古墳

Img020称徳天皇高野陵
前期後半築造
佐紀三陵のひとつ。前方後円墳。佐紀陵山、佐紀石塚山古墳と近接のため、立地上の制約からきわめて窮屈で不整形な形状。佐紀盾列古墳群の200m超の大規模古墳はすべて主軸を南北にとるが、この高塚古墳をふくむ中小型墳は猫塚古墳やオセ山古墳のように東西軸で前方部を西に向けている(例外は瓢箪山)。
全長127m、後円部径84m、前方部幅70m、前方部・後円部の高低差4.6mで後円部が高い。
周濠は7ヶ所の堤防で仕切られているが、修陵時に加えられたと見られる。
奈良時代の称徳天皇陵とされているが、称徳(孝謙)陵は、西大寺の西方「高塚」の地に求めるべきとする意見が有力。

|

« ヒシアゲ古墳 | トップページ | 佐紀石塚山古墳 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/74566/49526092

この記事へのトラックバック一覧です: 佐紀高塚古墳:

« ヒシアゲ古墳 | トップページ | 佐紀石塚山古墳 »