« 9月10日 松阪 本居宣長を訪ねる | トップページ | 平城ニュータウン開発前の地図 »

2010年9月11日 (土)

9月11日 高野街道を行く 長野神社~烏帽子形八幡神社~観心寺

大和路散策の会の9月例会で、高野街道を散策、観心寺を訪ねました。
今日も猛暑の予想のためか、参加者は15名にとどまりました。


より大きな地図で 散策コース を表示

河内長野駅集合。
当初予定していた原町十三仏は省略し、駅前ビル裏側の長野神社に直行しました。

長野神社
Dscn3559説明板
江戸時代には、木屋堂宮、牛頭天王宮。
明治元年に長野神社と改称された。
Dscn3558カヤの大木
幹周り 約4m
高さ 約17m
Dscn3560
本殿 一間社流造り桧皮葺
Dscn3563本殿
正面に千鳥破風と軒唐破風がつく
Dscn3565扁額
Dscn3566

神社傍らにはクスノキの巨木もありました。

河内長野駅周辺で、東高野街道と西高野街道が合流、長野神社の前を高野街道が通っています。
神社南下、すぐ右折れすると、杉玉を吊るした古い家並み、天野酒醸造元です。
Dscn3568高野街道道標
Dscn3569

道なりに進むと、烏帽子公園への登り道がありました。
直進し、烏帽子形八幡神社の鳥居から石段を登って神社に入りましたが、神社境内の公園地図によると、手前の公園登り口から山道をたどり古墳を見て神社横に来ることができたようです。平面地図では昇り降りがわからないが、ちょっと残念。

長い石段を登って
Dscn3570烏帽子形八幡神社本殿
Dscn3572説明板
Dscn3574

烏帽子形八幡神社本殿 重要文化財
Dscn3576烏帽子形八幡神社本殿
Dscn3577入母屋造り桧皮葺
昭和40~41年に解体修理
棟札墨書から文明12年(1480)建立

烏帽子形公園地図
Dscn3578
烏帽子形山の山頂には、楠木7城の1つと伝えられる烏帽子形城跡があり、また、山頂から北方に伸びる尾根の先端には、古墳時代後期と推定される径20mの円墳があります。

古い町並みが残る高野街道 三日市手前
Dscn3580

三日市から府道209号、国道310号をたどり、観心寺に向かいます。
ところどころに建物や樹木の日陰があるものの、強い日射で汗だく、
日陰で休み休みながらも、12時過ぎには観心寺にたどり着きました。
地元ボランティアガイドさんが待ち受けていましたが・・・
別のグループ依頼のガイドさんでした。
Dscn3582
Dscn3593本堂
Dscn3584

観心寺境内の木陰で昼食昼食後、観心寺境内を見学。

建掛塔
Dscn3586後村上天皇桧尾陵
横の階段を登った先
Dscn3588新待賢門院墓
Dscn3592

2時前のバスで河内長野駅に戻りました。
散策距離は5km程度でしたが、暑さと日射でクタクタ。

|

« 9月10日 松阪 本居宣長を訪ねる | トップページ | 平城ニュータウン開発前の地図 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/74566/49446778

この記事へのトラックバック一覧です: 9月11日 高野街道を行く 長野神社~烏帽子形八幡神社~観心寺:

« 9月10日 松阪 本居宣長を訪ねる | トップページ | 平城ニュータウン開発前の地図 »