« 11月30日 法隆寺へサイクリング | トップページ | 12月4日 養老の滝~関が原 不破関跡 »

2010年11月30日 (火)

11月30日 法隆寺へサイクリング 2

法輪寺から法隆寺に向かう途中に、法隆寺北の原家前庭に会津八一歌碑があります。
中宮寺の北方を自転車で周回、難なく見つかりました。

法隆寺北
Dscn4841会津八一歌碑
Dscn4834 あめつちに
 われひとりゐて
 たつごとき
 このさびしさを
 きみはほほゑむ

昼近くなので、法隆寺南大門前並木沿いの食堂で昼食。
昼食後、食堂前に自転車をそのまま置かせてもらい、法隆寺、中宮寺拝観です。
(地図では、法隆寺南大門前が奈良自転車道の終点だが、駐輪場がどこかにあったのだろうか)

法隆寺中門
Dscn4882法隆寺 五重塔~中門
Dscn4870

帰路駐輪場所に戻らなければならないので、遠方の東院夢殿および中宮寺から拝観することにしました。

東大門から東院方向
Dscn4885東院
Dscn4845中宮寺
Dscn4860

中宮寺境内に会津八一歌碑が建立され、昨日(11月29日)、除幕式が行われました。
歌碑は、中宮寺本堂の正面にありました。
説明碑はまだ設置されていませんでした。

会津八一歌碑 赤矢印のところ
Dscn4862会津八一歌碑
Dscn4850みほとけの
あごとひぢとに
あまでらの
あさのひかりの
ともしきろかも
Dscn4857

東大門から西院に戻ります。

東大門
Dscn4884

鏡池前に子規の句碑がありました。
Dscn4866 柿くへば
 鐘が鳴るなり
 法隆寺

西院伽藍を拝観します。
西院伽藍から拝観するとセット券1000円ですが、東院夢殿拝観で200円払っているので、西院伽藍・大宝蔵院の拝観券800円で、西院伽藍に入ります。

五重塔~金堂
Dscn4871金堂~五重塔
Dscn4872

金堂 軒下の飾り
Dscn4874金堂 軒下の飾り
Dscn4873五重塔 軒下の飾り
Dscn4875

大講堂 外装工事中?
Dscn4876

中門から南大門方向
Dscn4879中門は柱5本4間で真ん中に柱がある

法隆寺秘法展の最終日です。
五重塔初層の塑造群、金堂、大講堂の仏像群、および大宝蔵院の百済観音像ほか多数の仏像、宝物類を鑑賞後、秘法展も駆け足で鑑賞しました。
14時半ごろ帰路につきました。
中宮寺宮墓地に立ち寄り、法輪寺を再訪します。

法輪寺
Dscn4892法輪寺三重塔
Dscn4891

会津八一歌碑
Dscn4887会津八一歌碑
Dscn4828くわんおんの
しろきひたひに
やうらくの
かげうごかして
かぜわたるみゆ 

法起寺の周りも回ってみました。

法起寺 南門 三重塔
Dscn4893三重塔 南から
Dscn4894三重塔 東から
Dscn4895

富雄川沿いに北上し暗越奈良街道で帰ろうかとも思ったのですが、日暮れも近いので、往路と同じ秋篠川沿いの道を戻ることにしました。
富雄川外川橋から秋篠川へは、往路の県道9号線を避け、近鉄郡山駅に直進し、新紺屋町から北上、北郡山交差点で右折、東行し清涼院池公園手前で左折北上し奈良口(秋篠川柳橋)に出ました。近鉄郡山駅まではなだらかな下り、その後は平坦の道で、起伏少なく、往路より自転車にとっては楽なコースでした。

大和郡山 紺屋川 箱本館
Dscn4897奈良口 大神宮常夜灯
Dscn4902

日の翳り始めた秋篠川沿いを上ります。

前方 薬師寺 西塔~金堂~東塔
Dscn4903

16:55 無事帰宅。
ひざが疲れた

|

« 11月30日 法隆寺へサイクリング | トップページ | 12月4日 養老の滝~関が原 不破関跡 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/74566/50192558

この記事へのトラックバック一覧です: 11月30日 法隆寺へサイクリング 2:

« 11月30日 法隆寺へサイクリング | トップページ | 12月4日 養老の滝~関が原 不破関跡 »