« 2010年12月 | トップページ | 2011年2月 »

2011年1月の6件の記事

2011年1月29日 (土)

「会津八一の歌碑を訪ねる」

奈良県立図書情報館のパソコンサポートグループによる企画展「みんなで創る奈良」です。
Dscn5653

私も、「会津八一の歌碑を訪ねる」で参加しました。
展示歌碑地図です。
2011tennji_w800
グーグルマップやユーチューブスライドショーは、前記事 図書情報館 企画展「みんなで創る奈良」 を参照ください。

参照
→奈良県立図書情報館 ITサポーターズ 2011企画展http://www.library.pref.nara.jp/supporter/2011kikaku/index.html
→2011企画展会場風景 http://www.youtube.com/v/HufadnuH0sw

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年1月27日 (木)

1月27日 三輪~穴師~柳本 散策

なら歩楽歩楽会シニア8名で、三輪駅から柳本駅まで、あまり訪れるもののいない神社や古墳を探し求め、散策。
山の辺の道や上ツ道は何回か歩いていますが、一路外れると、未知の世界。
小雪ちらつくなか、迷いながらも、由緒深い神社や下調べしていなければ見過ごしてしまう古墳を訪れました。

散策コース
JR三輪駅~大直禰子神社~久延彦神社~神御前神社~富士神社・厳島神社(弁天社古墳)~茅原大墓古墳~国津神社~ホケノ山古墳~三輪山慶運寺(石棺仏、慶運寺裏古墳)~相撲神社~穴師坐兵主神社~渋谷向山古墳(景行天皇陵)~卑弥呼庵~行燈山古墳(崇神天皇陵)~黒塚古墳~JR柳本駅

より大きな地図で 20110127 三輪駅~茅原大墓古墳~穴師神社~柳本駅 を表示

続きを読む "1月27日 三輪~穴師~柳本 散策"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年1月21日 (金)

1月21日 飛鳥京跡苑池遺構 額田王の万葉歌碑

飛鳥里山クラブ歴史サークルの新年発掘現場探訪&互礼会です。
16期生4名の初参加を含め34名が参加。

飛鳥公園館前のたいしくんとあすかひめ
Dscn5646 →2年前のたいしくんとあすかひめ

飛鳥京跡苑池遺構の北池周縁部が発掘調査中です。
公園館会議室で飛鳥京跡苑池の解説のあと、発掘現場にミニハイクです。

飛鳥京跡苑池遺構 南池縁
発掘現場は右後方
Dscn5629説明板
Dscn5628遺構推測図
Dscn5626

発掘現場
Dscn5625「立入禁止」
でも、見学路がある
Dscn5623苑池の境界?
Dscn5614

橿考研発掘担当者の説明を聞くことができました。
北池(東西35m・南北55m)の規模・構造の確定調査、池の周りの建物の有無の確認を行なっているとのことです。
2月10日前後に現地説明会が予定され、その後、埋め戻されます。

北池の縁
看板の推測図より膨れているようです
Dscn5621発掘担当者の説明を受ける
Dscn5618発掘調査地の北西
細長い田が放水路と推測される
Dscn5620

飛鳥川を、吉野川分水路が立体交差しています。
吉野川分水路沿いでも土を掘っていました。発掘調査ではなく、分水路補修工事のようでした。

吉野川分水
Dscn5634飛鳥川と立体交差
Dscn5633分水路補修工事?
Dscn5631

公園館への帰路、野口王墓古墳(天武・持統天皇陵)近くに額田王の万葉歌碑があるとのことで、見に行きました。
野口の民宿の横から裏山に分け入ります。
中世の城跡 野口植山城 だそうです。
参照
→ 気分はコクジン http://gfi402.web.fc2.com/narakokujin.htm > 大和国の城館 > 野口植山城 http://gfi402.web.fc2.com/narakokujin2-171.htm

笹や落ち葉を踏みしめ、坂を登っていくと、額田王の万葉歌碑があります。

万葉歌碑
Dscn5640額田王 巻2-112
Dscn5638古(いにしえ)に
恋ふらむ鳥は
霍公鳥(ほととぎす)
けだしや鳴きし
我が思へるごと

弓削皇子からの歌の返歌です。

吉野の宮に幸(いでま)せる時、弓削皇子の額田王に贈り与ふる歌一首
古(いにしへ)に恋ふる鳥かも弓絃葉(ゆづるは)の御井(みゐ)の上より鳴き渡りゆく

額田王の和(こた)へ奉る歌一首 倭京より進入(たてまつ)る
古に恋ふらむ鳥は霍公鳥けだしや鳴きし我が思へるごと

【通釈】遠い過去を恋い慕って飛ぶという鳥は、ほととぎすですね。もしかすると、鳴いたかもしれませんね。私がこうして昔を偲んでおりますように。

吉野の宮に幸せる時とは、持統天皇の吉野行幸で、持統四年(690)から同八年頃。当時、弓削皇子は20歳代、額田王はすでに60歳代の老齢であったとのこと。
(千人万首 額田王 http://www.asahi-net.or.jp/~sg2h-ymst/yamatouta/sennin/nukata.html より引用)

公園館に戻り、昼食、懇親会。
新年度の活動計画などを話し合いました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年1月18日 (火)

図書情報館 企画展「みんなで創る奈良」

昨年から、奈良県立図書情報館のパソコンルームに出入りし、ボランティアでパソコン操作のサポートを手伝っていますが、パソコンサポートグループでは、毎年1月に、図書情報館エントランスフロアで企画展を開催しています。
今年は、1月18日から29日まで、企画展「みんなで創る奈良」を開催します。
→奈良県立図書情報館 http://www.library.pref.nara.jp/
 > ITサポーター > 企画展 vol.4('11.年1月)「みんなで創る奈良」
 http://www.library.pref.nara.jp/supporter/2011kikaku/index.html

私も、「会津八一の歌碑を訪ねる」で参加することにし、歌碑地図、ウェブページ、写真スライドなどを作成しました。

ウェブページは、このブログで書き溜めた会津八一関連部分をコピーし、つなぎ合わせれば、簡単に作成できる予想でしたが、写真サイズの変更や写真設置場所変更に伴うリンク先書き換えに、若干手間取りました。変換ルールが判ると、あとは、メモ帳の置換機能で一括変換できました。
展示物は、初めての参加で、要領わからず、A1版1枚にとどめました。
大判印刷は初めてなので、地図や写真のサイズがどの程度必要なのかわかりませんでしたが、印刷物の画質はまずまずのところ。写真使用は、ウェブ中心なので、dpiやppiなど、これまでほとんど意識したことがありませんでした。
写真スライドは、ウェブ閲覧用に、ピカサで800x600pxで作成したのですが、展示会場でのフルスクリーンでの表示には画質が悪すぎるし、また、切替速度が速すぎるとの批評があり、展示会場用に、新たに切替速度などが比較的容易に変更可能なpptファイルを作ることにしました。
久しぶりに OpenOffice Impress の出番です。
Impress で おおざっぱなpptファイルを作成し、図書情報館のパソコンのMS PowerPoint で最終調整、ようやく、今夕、企画展初日終了後、展示会場パソコンのファイルを差し替えしました。
ウェブ組み込みのYuotubeのスライドショーは、そのままです。

会津八一歌碑グーグルマップ


新しいページでグーグルマップ 会津八一歌碑 を表示します

会津八一歌碑スライドショー


新しいページでユーチューブ 会津八一スライドー を表示します


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年1月15日 (土)

1月15日 畝傍西・南山麓をいく

大和路散策の会1月例会です。
橿原神宮前駅から、東大谷日女命神社~畝傍山~畝火山口神社~慈明寺~スイセン塚古墳~安寧天皇陵~威徳天皇陵~深田池と、畝傍山周辺を回り、橿原神宮前駅に戻りました。
寒さ厳しく、また、天候不順のためか、参加者は15名と、この会としては、少人数でした。

東大谷日女命神社
Dscn5555拝殿
Dscn5563本殿 春日造
Dscn5560

東大谷日女命神社説明書及び周辺神社地図
Dscn5559

畝傍山
山頂 三角点
Dscn5567山頂に
畝火山口神社跡
Dscn5571
Dscn5570

山頂は、樹木に囲まれて展望はよくありませんが、
樹木の間から
北東 耳成山
Dscn5573南西 正面が新沢千塚古墳群の丘陵かな
Dscn5565

畝傍山にはいつも橿原神宮境内から登りますが、登山道はいくつかあるようです。

奈良森林管理事務所の掲示マップ
Dscn5586

畝火山口神社側に下りました。

畝火山口神社
Dscn5578本殿 3間社流造
Dscn5580陰陽石
Dscn5582

畝火山口神社を出て、直ぐに狭い脇道を北上すると、天神社、慈明寺です。

天神社
Dscn5587本殿 流造3棟
Dscn5590

慈明寺本堂で本尊十一面観音像を拝観、本堂で昼食をとらせていただきました。

慈明寺本堂
Dscn5592本尊十一面観音像
室町時代(像の底板に文亀2年と記年)
Dscn5588

小雨が降り出しました。

慈明寺本殿裏の丘が、かつては綏靖天皇陵といわれていたスイセン塚古墳です。
頂上に登ることが出来るそうですが、悪天候のため、省略。

スイセン塚古墳入口
Dscn5596

慈明寺等への正面進入道
Dscn5598脇道から慈明寺を訪ね、正面口から帰ります。
後方畝傍山。
この前の道は以前通ったことがある。

安寧天皇陵
Dscn5600自然地形であって、古墳ではないようです


懿徳天皇陵
Dscn5602自然地形を前方後円墳状に改造?
宮内庁管理で発掘できないので詳細不明ですが、こちらも古墳ではないようです。

橿原神宮境内を通って、橿原神宮前駅に帰ります。

深田池
野鳥なのに、ずいぶん人に慣れている!
Dscn5610湖畔にはサクラ花(ジュウガツザクラかな?)
Dscn5604

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年1月 9日 (日)

1月9日 奈良まほろばソムリエ検定

奈良まほろばソムリエ検定を受検しました。
直前は、自分のブログの散策記を読み返し、試験に臨みました。

設問の読み間違いなどから、解っていたのに、誤解答してしまった設問が3問ほどある一方で、
解らなくて、適当に答えた10問ほどのなかで、数問が当たっており、
選択肢問題は、正答率70%。

記述問題の採点基準が解らないので、合否不明だが、ボーダーラインすれすれかな。
パソコン依存で、漢字は読めるが、ほとんど漢字が書けなくなっており、「人名、地名など固有名詞は漢字で記載」との制約が厳しかった。
誤字や、本来書くべき人名や地名を省略したのが、どれぐらい減点されるのだろうか。

まだまだ知らないことが多いし、新たなことは、覚えようとしてもすぐに忘れてしまう。
備忘録的なこのブログも、書き終われば、ほとんど忘れてしまっている。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2010年12月 | トップページ | 2011年2月 »