« 2月3日 二月堂周辺 | トップページ | 2月11日 砂かけ祭り »

2011年2月 3日 (木)

2月3日 手向山八幡宮~二月堂 節分行事

2月3日 節分です。
各地の寺社で節分行事が行われます。
手向山八幡宮と東大寺二月堂の節分行事を見に行きました。

手向山八幡宮の節分行事は、お田植え祭です。
11時、御幣をつけた笹竹、巫子、牛童、翁面の田主、神官白丁をつけた地謡の人々が境内を一周し拝殿に上ります。
拝殿を稲田とみなし、田主が御幣を畦に立てお田植の儀を始めます。
田主がクワで苗代の土を耕し、牛がスキを引き回し、籾まきが行われます。
牛は、暴れることなく、拝殿内を「もぅ~」と鳴きながら周回します。

境内を一周し拝殿に上ります
Dscn5751お田植の儀の始まりです
Dscn5754クワで4方を耕します
Dscn5755

牛がスキを引き回します
Dscn5760ときどき「もぅ~」と鳴きます
Dscn5761牛面
Dscn5782

田を均し
Dscn5763 ?
Dscn5767籾まきです
Dscn5768

田主の豊年祈願、巫女さんの玉串奉奠など一連の神事の後、福豆まきです。

巫女さんの玉串奉奠
Dscn5773福豆まき
牛童と巫女さんは、小学生!!
Dscn5777地元の小学校の子どもたちで、お田植祭なので、全員苗字が「~田さん」か「田~さん」とのこと。


東大寺二月堂の節分行事は、
10時 古札揆遣 還宮(げんぐう)
14時 豆まき
18時 星供養 です。

14時の豆まきまで時間があるので、東大寺境内を散策。
東大寺境内にも、ほとんど訪れたことのないところ、未知なところが多々あります(別途記載)。

13時半ごろ、二月堂前に戻ってくると、舞台の下は大勢の人で埋まっており、法華堂にかけて長い行列。
撒かれた豆を取りたければ舞台の下に割り込み、豆と鈴を手渡しで受け取るのなら列に並びます。
舞台の下への入場が制限されたので、列に並び、14時から豆と鈴を手渡しで受け取りました。

二月堂節分星祭
Dscn581011:48 二月堂
閑散としていましたが、
Dscn578514:11 二月堂
豆まき
Dscn5813

舞台からの豆まきには、炒りダイズのほか、ラッカセイやアンパンなどもあり、豆まきの後も、受け取れなかった人に豆等を配っていたので、ほぼ全員が豆等を受け取れたようです。

夕方からも、興福寺、春日大社などでも節分行事が行われますが、夕方からの行事は来年以降にまわし、引き上げました。

|

« 2月3日 二月堂周辺 | トップページ | 2月11日 砂かけ祭り »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/74566/50773382

この記事へのトラックバック一覧です: 2月3日 手向山八幡宮~二月堂 節分行事:

« 2月3日 二月堂周辺 | トップページ | 2月11日 砂かけ祭り »