カテゴリー「平城宮跡」の6件の記事

2010年10月22日 (金)

10月22日 平城遷都祭 朱雀門前歌碑、左京三条二坊宮跡庭園

平城遷都祭の平城宮跡秋季フェアもあとわずか。
平城京歴史館見学に行きました。
1時から整理券配布とのことなので、1時少し前に出向いたのですが、すでに大勢並んでいました。
2時20分の整理券を受け、時間待ちのあいだ、朱雀門前の銅像や歌碑を巡り、平城京左京三条二坊宮跡庭園を見に行ってきました。
定刻に平城京歴史館に戻り、遣唐使シアター、テーマ展示、遣唐使船復原展示、平城京VRシアターを鑑賞しました。

朱雀門前東広場の歌碑
万葉歌 小野老
あをによし寧楽の都は・・・
Dscn4134詞花集 伊勢大輔
いにしえの奈良の都の・・・
Dscn4141古今集 安倍仲麿
天のはら
ふりさけみれば・・・
Dscn4149

北浦定政 歌碑
Dscn4137敷島の書の林に分入ハ
はてなき道のまさ道そある

北浦定政は、幕末期、平城京跡調査に尽力した


棚田嘉十郎像
Dscn4145平城宮跡を指差している
Dscn4148棚田嘉十郎は、明治大正期、北浦定政、関野貞などの研究に触発され、平城宮跡の保存顕彰に奔走


平城京左京三条二坊宮跡庭園
Dscn4153イトーヨーカドーの正面
Dscn4160訪れる人
ほとんどおらず
Dscn4154

復元遣唐使船
Dscn4172復元遣唐使船上
Dscn4165

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年8月20日 (金)

8月20日 平城宮跡 光と灯りのフェア

猛暑が続いています。
日中はぐったり、夏眠です。

8月20日から27日まで、平城宮跡では光と灯りのフェアが開催されます。
日没後、平城宮跡に光と灯りのフェアを見に行きました。
平城宮跡に向かう途中、加茂方向で打ち上げ花火。
光と灯りのフェア開幕の花火でした。

平城宮跡
大極殿前の広場には一面にロウソクの灯り
Dscn3513

朱雀門方向には、光のバルーン
Dscn3515

光のオブジェもありました
Dscn3517

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年4月18日 (日)

4月18日 平城宮遷都祭 地域住民に公開

4月24日開園に先立って、平城宮遷都祭平城宮跡会場が地域住民に公開されました。

大極殿
Dscn2285

Dscn2263

大極殿から
南 朱雀門をみる
Dscn2280
Dscn2266北東 市庭古墳
(平城天皇陵)
Dscn2282

大極殿内装
高御座 八角形です
Dscn2273

天井4面に四神像
Dscn2268
Dscn2269

Dscn2270
Dscn2275

12支も描かれています
Dscn2276

会場には、子供向けの花迷路がありました(今日は閉鎖)
後方、1月山焼きの若草山です
Dscn2297

会場内を老人や妊婦向けにハートフルトラムが周回しています。
Dscn2298

朱雀門側の会場へは、近鉄線に臨時の踏切がつけられていました。
Dscn2302

平城京歴史館、遣唐使船復原展示は満員につきパス。

朱雀門前広場には、小学生の紙灯篭が展示されていました。

朱雀門から大極殿をみる
Dscn2307

朱雀門
Dscn2308

朱雀門広場から大極殿をみる
Dscn2310

会場マップです
Dscn2286

会場内は禁煙
Dscn2295遺構展示館駐車場の片隅に簡易喫煙小屋がありました。
会場内に、何箇所か、喫煙コーナーはあるようです。


| | コメント (1) | トラックバック (0)

2010年4月17日 (土)

4月17日 平城宮遺跡現地説明会

平城宮跡東方官衙地区発掘調査の現地報告会です。
前日の雨で、ぬかるんだ会場での説明でした。
今次調査は、平城宮跡東方官衙地区の概要把握のため、東西6m幅、南北111mの調査区を調査しました。
調査区の北側には、築地塀に挟まれた礎石建物が3棟、南側には、掘立柱塀を挟んで、掘立柱建物2棟が発掘されました。
今次調査では、レーダーによる地下探査も行われ、調査区の西側にも、同様の礎石建物があったことが判明しました。

Dscn2245
Dscn2252
Dscn2253


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年2月20日 (土)

平城宮跡発掘調査現地説明会

平城宮跡東院地区西北部の発掘調査(平城第446次調査)現地説明会に行きました。
奈良文化財研究所では、2006年度から5カ年計画で東院地区の性格を解明するために重点的な発掘調査を行っています。
2009年度、平城第446次調査では、東院中枢からみて北西に当たる範囲1,505㎡を発掘調査しています。 
今回の調査では、これまでに、建物11棟、掘立柱塀7条、溝5条、不明遺構1基が検出されました。

説明会風景
左後方:建設中の大極殿
Dscn1604

左後方:若草山  右後方:宇奈太理坐高御魂神社
Dscn1601

説明会資料
Dscn1598

遺構は、奈良朝の初め(710~ )から光仁天皇(770~781)にかけて、6期に区分されるそうです。
恭仁京遷都までが1期。
745年平城京に戻ってきてからが、聖武、孝謙、淳仁、称徳、光仁天皇と、ほぼ天皇交代にあわせ、建物が取り壊され、新築されています。
一見雑多な柱跡ですが、柱跡の交差状況や出土土器などで、区分できるそうです。

遺構
時期ごとに色テープで区分
Dscn1606右後方:東院庭園
Dscn1592
Dscn1593

中央部の不明遺構(1期)
Dscn1612南北4.8m、東西2.9mの楕円形の堀形の北半に約2m四方の抜き取りをもつ遺構。井戸の可能性も考えられるとのこと。

柱跡の交差で、柱の前後が分かる
Dscn1608

出土土器
奈良時代前期
Dscn1620中期
Dscn1621後期
Dscn1622

釘も出土しています
Dscn1619


説明会の後、平城宮跡を一周しました。
大極殿周辺など各エリアで遷都祭に向けての工事が行われていました。
(平城宮跡での平城遷都1300年祭は、4月24日~11月7日)
Dscn1625

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年9月22日 (月)

平城宮跡 大極殿復原整備特別公開

平城宮跡に第1次大極殿復原整備工事の特別公開を観にいきました。
特別公開は、今回が7回目で、最終回とのことです。

2階
Rimg6260w8003階 屋根
Rimg6272w800鴟尾
Rimg6265w800

会場にせんとくんが来ていました。

Rimg6284w800けっこうかわいい!
Rimg6286w800


| | コメント (0) | トラックバック (0)